遊戯王アークファイブ第109話『戦場に果てる隼』感想

遊戯王ARC-V109話の感想です。

タイラー姉妹(特にグレース)をエンタメで即オチ2コマさせた遊矢。

しかし今度はオベリスクフォースの魔の手が迫っていました。

 

 

ツンデレアレン

4人を助け出して歩き出す遊矢と黒咲

助け出されたアレンはエンタメデュエルは認めながらも

まだ遊矢を仲間だと認めたわけじゃないといいます。

しかしそれはただの強がりであり黒咲に素直になれと言われ顔を赤くします。

そして遊矢に握手を求められると観念してそれに応じます。

そこにサヤカ、黒咲、沢渡、権現坂も手を合わせ

改めて自分達は仲間であると結束を固めました。

しかしそんなランサーズ達に突如として聞こえてくる声、

上を見上げるとそこには3人のオベリスクフォースが存在し、

全員をカード化してやると早速デュエルを挑んできました。

6VS3の構図ですがアレンとサヤカはまだ力不足であると判断され、

また沢渡と権現坂も怪我が残っている為遊矢と黒咲がデュエルに挑みます。

こうして遊矢&黒咲VSオベリスクフォース3人のデュエルが開始されました。

今回はバトルロイヤル方式です。

 

 

もうすっかり遊矢のファン

そんなデュエルを廃墟の上から眺めるノロマちゃんとタイラー姉妹。

グロリアはランサーズ相手にリベンジの機会をうかがっていますが

グレースはそれよりももっと遊矢のデュエルを見てみたいと

すごくわくわくしながらエンタメを楽しみにしています。

グレースのほうは完全に遊矢に夢中になっていますね。

黒咲はオベリスクフォース相手にエンタメが通じるとは思えないといいますが

それでも遊矢は自分のデュエルを貫こうとしています。

 

まずは1人目のオベリスクフォースのターン。

融合を発動し古代の機会双頭猟犬を融合召喚してターンエンドです。

 

次に黒咲のターン、ドロー。

まずはバニシングレイニアス3体を特殊召喚、

ライズファルコンをエクシーズ召喚する毎度おなじみのパターンです。

しかしここで双頭猟犬の効果でギアアシッドカウンターを置かれてしまいます。

攻撃力で下回るライズファルコンにギアアシッドカウンターを置いており、

しっかりとライズファルコンの効果を把握して対処してきた事が伺えます。

そしてライズファルコンで双頭猟犬を攻撃、

ライズファルコンの効果で攻撃力を上回るも、

ギアアシッドカウンターによりライズファルコンは破壊されてしまいます。

しかしそれも想定内とばかりに黒咲はRUM-ラプターズ・フォースを発動、

ブレイズファルコンにランクアップさせダイレクトアタック、

さらに効果で双頭猟犬を破壊します。

黒咲はカードを1枚伏せてターンエンドです。

 

 

バトルロイヤルルールのタブー

次に2人目のオベリスクフォースのターン、ドロー。

彼も融合を発動、古代の機械参頭猟犬を融合召喚します。そして

「古代の機械双造(アンティーク・ギア・ダブルイミテート)」を発動、

1人目のオベリスクフォースの墓地に存在する

古代の機械猟犬と双頭猟犬を蘇生させます。

このカードは自分だけでなく相手の墓地の古代の機械も対象にでき、

オベリスクフォースのデッキがバトルロイヤルに特化している事が伺えます。

そして3体の古代の機械でまだターンの回っていない遊矢を攻撃。

今回のルールは最初のプレイヤー移行はバトルフェイズをする事が可能であり、

当然ながらターンの回っていない遊矢のフィールドはガラ空きです。

どうやらルール上可能ですが卑怯な行為として認知されているらしく、

皆して汚い行為だと文句を言っています。

しかし遊矢はアクションカードめがけてダッシュ、

モロに攻撃を食らってしまったかと思いきや高所に避難しており

アクション魔法「大脱出」によってバトルフェイズを終了させました。

古代の機械にはバトルフェイズ中の魔法罠を封じる効果がありましたが、

効果の無効になっていた古代の機械猟犬から攻撃した事が裏目に出ました。

2人目のオベフォはこれでターン終了です。

 

そして遊矢のターン、ドロー。

もうグレースがすっごいわくわくしてます。

まずは星読みと時読みでペンデュラムスケールをセッティング、

EMフレンドンキー、EMシルバークロウ、

そしてオッドアイズペンデュラムドラゴンの3体をペンデュラム召喚です。

そして3体のモンスターで3体の古代の機械に総攻撃、

しっかりとオッドアイズペンデュラムの効果も発動させつつ

大ダメージを与えながらオベフォのモンスターを全滅させます。

遊矢はこれでターンエンドですがグレースは物足りない様子。

そしてオベリスクフォースからも「甘い」と指摘されます。

まだターンの回っていないオベリスクフォースが存在しており

そちらに総攻撃を仕掛けていればライフを0に出来ていた為です。

しかし遊矢はそんなデュエルは自分は望まないと主張、

オベリスクフォース相手にもデュエルで語り合うと言います。

 

 

戦場に散る隼(物理)

3人目のオベリスクフォースのターン、ドロー。

遊矢の甘さに苛立ちを見せるオベフォは一切の容赦をしません。

まず古代の機械猟犬を通常召喚、バーンダメージを狙いますが

ここで黒咲がRR-サイレント・ロアーを発動、

レイドラプターズがフィールドにいる間効果ダメージを無効にします。

バーンダメージは防がれてしまいましたがしかしまだ終わりません。

古代の機械廃棄融合(アンティークギア・スクラップ・フュージョン)を発動、

墓地の古代の機械を素材に古代の機械究極猟犬を融合召喚します。

さらに古代の機械双造で双頭猟犬と参頭猟犬も蘇生させます。

これでフィールドに4種類のモンスターが揃いました。

古代の機械猟犬の効果で融合カードを使わずに4体を融合、

古代の機械混沌巨人の融合召喚に成功します。

このカードはエクシーズ次元を滅ぼした中心となる存在だったようで

これを見たサヤカがトラウマを発症させて逃げ出してしまいます。

そこに不幸にも召喚の余波で崩れ去る瓦礫がサヤカに迫りますが

黒咲が急いでかけつけます。

見事救出に成功しサヤカをお姫様抱っこで抱える黒咲ですが、

サヤカをおろすとそのまま倒れこんでしまいました。

どうやら救出の際にガレキで負傷してしまったようです。

デュエルディスクも解除されてしまい戦闘の続行は不可能な模様。

 

 

まさかの援軍

倒れた黒咲に駆けつけようとする遊矢ですがオベフォがそれを許しません。

混沌巨人は全てのモンスターに攻撃できる効果を持ったモンスター、

まずはオッドアイズペンデュラムを攻撃してこれを撃破します。

次にシルバークロウを攻撃、これを食らうとライフが0になってしまいますが

遊矢は手札からバリアバルーンバクを発動、ダメージを0にします。

しかしまだ最後の攻撃が残っておりフレンドンキーを攻撃、

手札に対抗手段はもう無いらしくアクションカードを拾おうとしますが

遊矢はここでアクションカードの取得を失敗してしまいます。

しかしなんとカイトが代わりにアクションカードを取得、

アクション魔法「クイック・ガード」により見事遊矢を守ります。

あれだけアクションカードを否定していたカイトがそれを使い、

乱入ペナルティを受けてまで遊矢を助けました。

どうやら黒咲が必死で伝えた想いは無駄になっていなかったようです。

遊矢にここは任せろといい黒咲の救出に向かわせるカイト。

ここからカイトの猛攻が始まります。

 

まずカイトは光波翼機を3体特殊召喚してそのうちの1体をリリース、

残る2体のレベルを8にします。

そしてレベル8の光波翼機2体で銀河眼の光波竜をエクシーズ召喚し、

その効果で古代の機械混沌巨人を奪います。

さらにカイトは光波干渉と拡散光波(サイファー・デフュージョン)を発動、

拡散光波はサイファーが2体以上存在する時、1体の攻撃力を0にし、

別の1体に3回攻撃を可能にさせる効果です。

そして光波干渉により攻撃力が6000となった光波竜で

オベリスクフォース3人に一斉攻撃、ワンターンスリーキルゥを達成しました。

見事なまでのカイト無双です。

 

 

オベリスクフォースが倒されたのを見てタイラー姉妹はリベンジに燃えています。

しかしデュエルを終えてひと段落つく暇もなく、

多数のアカデミアがランサーズ達を包囲します。

そして「お前達は手を出すな」と部下達に命令するエド、

どうやら1VS1で遊矢とデュエルし、改めて決着をつける様子です。

 

 

 

 

戦場に散る隼って物理的な意味かよ!

瓦礫の崩壊に巻き込まれて倒れてしまった隼、

何にしてもカード化されなくて何よりです。

 

次回予告 110話『破かれたスマイル・ワールド』

何かチェーンデスマッチをしています。

とにかく榊遊勝のデュエルを否定しようとしているエド、

遊勝とエドがデュエルをしている場面も写っています。

あとグレースが可愛い。

 

 

超熱血!デュエル塾

司会は遊矢と権現坂と沢渡。

今回行われたデュエルのおさらいをしています。

どうやら戦局がめまぐるしく変化する3VS3のデュエルに

沢渡はほとんど状況を把握できていなかったようです。

 

 

古代の機械双造(アンティーク・ギア・ダブルイミテート)
通常魔法
①:自分・相手の墓地の「古代の機械」モンスターを合計2体まで
対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

 

 

拡散光波(サイファー・ディフュージョン)
通常魔法
①:自分フィールドの攻撃力3000以上の
「光波」モンスター1体の攻撃力を0にし、
他の自分フィールドの「光波」モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスター以外のモンスターは攻撃できず、
その対象のモンスターは1度の場取るフェイズ中に3回攻撃できる。

関連記事

アストログラフ・マジシャン、クロノグラフ・マジシャン:遊戯王カード考察

何気に汎用性がかなり高い!   今回紹介するのはペンデュラム・エボリューション

記事を読む

動画紹介:この遊戯王のデュエルはギャンブルである

まだ考察しかしていませんでしたが、 このサイトは動画紹介のサイトでもあるので動画も紹介していきます

記事を読む

遊戯王アークファイブ51話「反旗を揚げろ オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン」感想

黒咲隼、ニコニコ大百科のコメント数がついに1000を突破しましたね。 今やアークファイブで一番

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:水舞台装置(アクアリウム・セット)

今回紹介するのはデュエリストパック決闘都市編からこのカードです。   水舞台装

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:重装甲列車アイアン・ヴォルフ

新しい機械族ランク4候補!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

巨大戦艦 ビッグ・コアMk-Ⅲ:遊戯王カード考察

巨大戦艦が9期仕様になるとこうなります   今回紹介するのはマキシマム・クライ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:龍大神(りゅうおおかみ)

相手によってはただのボーナス、相手によっては悪夢そのもの   今回紹介するのは

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:伝説のフィッシャーマン三世

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:魔帝(まてい)アングマール

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第67話『シティの光と影』感想

遊戯王ARC-V67話の感想です。 次回予告からして不穏な気配が全開です。 どんどん評議

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
Re:EX(レックス):遊戯王カード考察  2700打点まで届く下級恐竜族の脳筋担当!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

レスキューフェレット:遊戯王カード考察  レベル6までなら何でも特殊召喚可能!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

東方鈴奈庵第49話『本居小鈴の葛藤(後編)』感想

鈴奈庵49話の感想です。 前回は前編と書かれていなかったのですが

覇王眷竜(はおうけんりゅう)クリアウィング:遊戯王カード考察  シンクロ召喚すれば相手モンスター全破壊、覇王眷竜どれも強いぞ!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

遊戯王アークファイブ第148話(最終回)『ペンデュラムが描く奇跡』感想

遊戯王ARC-V148話の感想です。 3年続いたアークファイブも

→もっと見る

PAGE TOP ↑