遊戯王OCGカード考察:A-アサルト・コア、B-バスター・ドレイク、 C-クラッシュ・ワイバーン

公式はユニオンを見捨てていなかった!

 

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-海馬瀬人-よりこのカードです。

 

 

 

A-アサルト・コア
ユニオン・効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1900/守 200
①:1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの機械族・光属性モンスター1体を対象とし、
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。
●装備されているこのカードを特殊召喚する。
②:装備モンスターは他の相手モンスターの効果を受けない。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
このカード以外の自分の墓地のユニオンモンスター1体を選んで手札に加える。

 

 

B-バスター・ドレイク
ユニオン・効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1500/守1800
①:1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの機械族・光属性モンスター1体を対象とし、
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。
●装備されているこのカードを特殊召喚する。
②:装備モンスターは相手の魔法カードの効果を受けない。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキからユニオンモンスター1体を手札に加える。

 

 

C-クラッシュ・ワイバーン
ユニオン・効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1200/守2000
①:1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの機械族・光属性モンスター1体を対象とし、
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。
●装備されているこのカードを特殊召喚する。
②:装備モンスターは相手の罠カードの効果を受けない。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
手札からユニオンモンスター1体を特殊召喚する。

 

 

長年放置され続けてきたユニオンモンスターですが

ついに今回、新しいユニオンモンスターが登場する事になりました!

VWXYZの流れを汲むカード達でありそれぞれABCの名を冠しています。

Aアサルトコア

Bバスタードレイク

Cクラッシュワイバーン

バスター・ドレイクとクラッシュ・ワイバーンがドラゴン型、

アサルト・コアがサソリ型と言った感じのロボットです。

勿論この3機もXYZドラゴン・キャノンのように合体します。

 

 

①の効果は3枚とも共通であり1ターンに1度、

自分の場の光属性・機械族モンスター1体に自身を装備カード扱いで装備する、

もしくは装備カードとなっている自身を特殊召喚する効果を

どちらか片方だけ発動するというものです。

また装備カードとなっている間、

装備モンスターの身代わりとなって破壊される効果も存在します。

これらはユニオンモンスターに共通する効果ですが既存のユニオンの効果と違い、

「1体のモンスターが装備できるユニオンは1枚まで」

という記述が存在しません。

テキスト通りであるならば今までのユニオンとは違い1体のモンスターに

複数のユニオンを装備できるという事になります。

この複数装備できる効果は特に同胞の絆を発動した場合等に活きてくるでしょう。

 

 

②の効果はA-アサルト・コアはモンスター効果に対する耐性を、

B-バスター・ドレイクは魔法カードに対する耐性を

C-クラッシュ・ワイバーンは罠カードに対する体制を

それぞれ装備したモンスターに付与するというものです。

特にモンスターによる除去が増えている今の環境であれば

効果を受け付けなくさせるアサルトコアは優秀な耐性となってくれるでしょう。

装備カードとなっているユニオン自体が破壊されてしまう危険性はありますが

その場合でも③の効果へ派生させる事は可能です。

 

 

③の効果は3枚ともフィールド上から墓地へ送られた時に発動する効果であり

A-アサルト・コアは墓地のユニオンを回収、

B-バスター・ドレイクはデッキからユニオンをサーチ、

C-クラッシュ・ワイバーンは手札のユニオンを特殊召喚可能となります。

特にアサルトコアとバスタードレイクは新しいユニオンを補充できる効果であり

アドバンテージの確保手段として重宝します。

 

 

光属性機械族全般に装備が可能なユニオンモンスター達であり、

【VWXYZ】以外でも【サイバー・ドラゴン】や【先史遺産】など

光属性機械族をエースモンスターとするデッキであれば

耐性を付与する目的で出張させるのも面白いと思います。

もし日本にKaijuやKozmoが上陸すればそちらでも採用候補となるかもしれません。

ゲットライド!との相性が良好であり、相手の効果にチェーンして発動し、

対応した耐性を持つユニオンを装備させる事でその効果を無効化可能です。

 

 

ストラクチャーデッキ-武藤遊戯-では磁石の戦士がメインであるのに対し、

ストラクチャーデッキ-海馬瀬人-ではユニオンがメインになってくると思われます。

まさにユニオンの新しい時代の幕開けとなるでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:真竜(しんりゅう)の目覚め

デッキから儀式モンスターだと!?     今回紹介するのはシャ

記事を読む

超重武者(ちょうじゅうむしゃ)コブ-C(シー):遊戯王カード考察  まさかの超重武者専用レベルスティーラー

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダイナミスト・スピノス

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

十二獣(じゅうにしし)ライカ、十二獣ハマーコング:遊戯王カード考察

増えちゃったよ、十二獣エクシーズ   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよ

記事を読む

戦線復帰(せんせんふっき):遊戯王カード考察

こんなカードを待っていた人も多いはず!   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:蛇神(じゃしん)ゲー

随分とコンパクトなカードになりました。   6月24日に遊戯王アニメコンプリー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM(ランクアップマジック)-スキップ・フォース

お前ランクアップマジック何枚目だよ!   今回紹介するのはシャイニング・ビクト

記事を読む

DDD運命王ゼロ・ラプラス:遊戯王カード考察

わが社は新マスタールールも見越している!   4月4日に漫画版遊戯王ARC-V

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:イルミラージュ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第5話『鳴動のスリーカウント』感想

遊戯王ヴレインズ5話の感想です。 ニコニコでも放送されるようになりましたね。 やっぱりコ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:インヴェルズ・オリジン 激流葬あたりと組み合わせよう

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王カード考察:フレッシュマドルチェ・シスタルト 魔法罠を守る優しいシスター

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第28話『三騎士、最後の将』感想

遊戯王ヴレインズ28話の感想です。 惜しくもロンリーブレイブの前

遊戯王カード考察:トラフィックゴースト 待望の下方向3つの汎用LINK-3

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)ザ・マスター・オーガ アタッカーと制圧役どっちも行ける

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

→もっと見る

    • 4,810,699 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑