遊戯王OCGカード考察:真竜皇(しんりゅうおう)アグニマズドV(バニッシャー)

公開日: : 最終更新日:2016/10/07 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

破壊効果を有効利用しろ!

 

 

自分でもすっかり忘れていたのですがこのブログを開設して1年が経過しました。

相当な飽き性の自分ですがなんとか毎日1記事は書き続ける事が出来ました。

改めましていつもこのブログを見に来てくれる皆様に感謝です。

出来れば引き続きこのブログをよろしくお願いいたします。

 

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。

 

 

 

真竜皇アグニマズドV
効果モンスター
星9/炎属性/幻竜族/攻2900/守1900
「真竜皇アグニマズドV」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外の手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
炎属性モンスターを含むモンスター2体を破壊し、このカードを手札から特殊召喚し、
炎属性モンスター2体を破壊した場合、
相手のフィールド・墓地からモンスター1体を選んで除外できる。
②:このカードが効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から炎属性以外の幻竜族モンスター1体を選んで手札に加える。

 

 

 

新しく登場する炎属性幻竜族のレベル9モンスターです。

メインデッキに入る幻竜族では最高レベルであり攻撃力も龍大神と並びトップになります。

 

 

カード名はおそらく「アグニ」と「オフルマズド」を組み合わせたものだと思われます。

どちらも神の名前でありアグニはインド神話に登場する火神であり

オフルマズドは拝火教とも呼ばれるゾロアスター教の最高神となっており

どちらも火に関係する神の名前から取られています。

メタルフォーゼ・コンビネーションのイラストにメタルフォーゼ達と

敵対する形で描かれている事からこのアグニマズドバニッシャーこそが

メタルフォーゼのフレーバーテキストにある「世界を終末へと誘う赤き真竜」だと思われます。

 

 

①の効果は1ターンに1度、このカード以外の自分の場にある表側表示表示モンスター、

もしくは手札から炎属性モンスターを含む2体を破壊する事で

手札からこのカードを特殊召喚するというものです。

この時破壊したカードが2枚とも炎属性であった場合、追加特典として

相手のフィールド、もしくは墓地のモンスター1枚を選んで除外する事が可能です。

この除外は対象を取らない為、対象耐性を持っているモンスター相手だろうと

問題なく除外する事が可能であり、フィールドに除外したいモンスターがいなければ

墓地のモンスターを除外できる為状況を選ばずに役立つものとなっています。

 

 

②の効果は効果で破壊された場合に

自分の墓地から炎属性以外の幻竜族モンスター1体を手札に回収するというものです。

炎属性以外の為、自身を回収する事は出来ませんがそれ以外の制約は特に無く、

またフィールド以外から発動された場合でも発動可能である為、

手札にアグマニストVが複数あればどちらか片方の①の効果で破壊する事で

もう1枚の②の効果を発動させる事も可能です。

 

 

最大のポイントは①の特殊召喚の為にモンスターをリリースするのではなく破壊する点です。

炎王の孤島や炎王獣ヤクシャのように手札のモンスターを破壊できる数少ないカードであり

炎王神獣ガルドニクスをはじめとする各種炎王の効果を手札で発動可能となっています。

その為特に【炎王】にとって非常に相性のいいカードだと言えるでしょう。

また破壊効果を利用せずに特殊召喚するだけであれば

【メタルフォーゼ】や【イグナイト】ならペンデュラム召喚でモンスターを並べる事で

特殊召喚する為の破壊要因を容易に揃える事も出来ます。

単純に対象を取らない除外効果を持つ2900打点のとして見ても十分優秀であり

切り札の1つとして利用していくのもいいでしょう。

ただ基本的にこれらのデッキには幻竜族を入れたりはしない為、

②の効果を無駄にしたくない場合意識的に幻竜族をデッキに入れる必要が出てきます。

幻竜族にはナイト・ドラゴリッチや竜胆ブルームなど単体でも優秀なカードが存在しており

これらのカードアクセント的に採用する事で②の効果も活かしやすくなるでしょう。

 

 

竜剣士と竜魔王が合体したと同時に新たな脅威となる存在が登場しました。

今後も竜剣士、竜魔王関連のカードが登場していくのかは非常に見ものですね。

 

メタルフォーゼ・コンビネーション

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)ハットトリッカー

エンタメイジ、アークファイブでも非常に印象深いテーマであり、 個人的に今回一番気になっているテ

記事を読む

遊戯王カード考察:競闘(きょうとう)-クロス・ディメンション アルティメット・パウンドと相性抜群

デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-、いよいよ明日発売です。 今回紹介するのはそん

記事を読む

アロマセラフィ-ジャスミン:遊戯王カード考察  アロマだけでなく植物族全般で有用

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:九十九スラッシュ

耐えて、耐えて、耐えて……耐えて耐えて、耐えた甲斐あった!! 耐えた、耐えた、耐えた耐えた、耐えた

記事を読む

影六武衆(かげろくぶしゅう)-ゲンバ:遊戯王カード考察 回収効果持ちチューナー、影武者とは一長一短

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真青眼の究極竜(ネオ・ブルーアイズ・アルティメットドラゴン)

原作通りの3回攻撃を実現!   4月23日にTHE DARK SIDE OF

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:光波異邦臣(サイファー・エトランゼ)

サイファー以外でも大いに役立つ!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超量必殺アルファンボール

戦隊シリーズのお約束、完・全・再・現!   今回紹介するのはレイジング・テンペ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代遺跡の目覚め(トラミッド・パルス)

トラミッドだけでなく岩石族もサポート!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:虚空の黒魔導師(くろまどうし)

相手の魔法罠破壊カードを腐らせろ!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

遊戯王OCG、2018年1月の制限改定判明!あのカードが無制限になる時代

2018年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 リンク

→もっと見る

    • 4,873,713 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑