遊戯王OCGカード考察:黒魔導強化(ブラック・エクスパンド)

どの効果も便利です

 

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。

 

 

 

黒魔導強化
速攻魔法
①:お互いのフィールド・墓地の「ブラック・マジシャン」
「ブラック・マジシャン・ガール」の数によって以下の効果を適用する。
●1体以上:フィールドの魔法使い族・闇属性モンスター1体を選び、
その攻撃力をターン終了時まで1000アップする。
●2体以上:このターン、自分の魔法・罠カードの効果の発動に対して、
相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できず、
自分フィールドの魔法・罠カードは相手の効果では破壊されない。
●3体以上:自分フィールドの魔法使い族・闇属性モンスターは
ターン終了時まで相手の効果を受けない。

 

 

 

ブラック・マジシャン、およびブラック・マジシャン・ガールの

サポートカードとなる速攻魔法です。

黒魔導強化

画像では師弟が黒の魔導陣から力を授かっているような描写です。

 

 

お互いのフィールド・墓地のブラック・マジシャン、

もしくはブラック・マジシャン・ガールの合計によって3つの効果が発動します。

 

 

1体以上の時、フィールドの魔法使い族・闇属性モンスター1体を選び

ターン終了時まで1000アップさせるというものです。

フィールドにブラック・マジシャンかブラック・マジシャンガールがいれば

必然的に発動可能でありコンバット・トリックとして活用が可能です。

マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョンに対して発動すれば

コンバットトリックをしつつ③の効果にもつなげられる為無駄がありません。

 

 

2体以上の時、このカードを発動したターンの間、

自分が魔法、罠を発動した場合に相手のチェーンを封じる事が可能になり

さらに自分フィールドの魔法罠に破壊耐性を付与する事が可能です。

特に永続罠である永遠の魂を維持したい場合に役立つ他、

攻撃反応系の罠も除去されづらくなる為使いやすくなるでしょう。

また自分のモンスターの召喚時にチェーンして何か魔法罠を発動する事で

奈落の落とし穴などの召喚反応罠を防ぐ事も可能です。

同様にモンスターの効果発動時に何か魔法罠を発動する事で

エフェクト・ヴェーラーや幽鬼うさぎを防ぐ事が出来るので

テクニックの1つとして覚えておくといいでしょう。

モンスター効果を発動した直後は優先権が相手に移る為、

相手はヴェーラーなどでチェーンが可能でした、申し訳ありません。

 

 

3体以上の時、このカードを発動したターンの間、

自分フィールドの魔法使い族・闇属性モンスターに完全耐性を付与できます。

ブラック・マジシャンやブラック・マジシャン・ガールは勿論の事、

幻想の黒魔導師やNo.11 ビッグ・アイなども恩恵が得られる為、

1枚以上の時に発動する攻撃力上昇効果と合わせて

これらのモンスターを維持したい場合にも役立ってくれるでしょう。

 

 

どの効果も非常に有用であり、ブラックマジシャンの強力なサポートになってくれます。

フィールドだけでなく墓地のブラックマジシャンの数も参照する為、

効率よく墓地を肥やす事が出来れば3体以上の効果の発動も難しくありません。

ただし七星の宝刀などでブラック・マジシャンを除外する場合、

ブラックマジシャンだけでは3枚そろえる事は難しくなってくるでしょう。

その場合はブラックマジシャンガールもデッキに採用して揃えやすくする、

もしくは無理に3枚以上の効果を狙わないといった選択肢も考えましょう。

ブラックマジシャンだけであれば永遠の魂でも完全耐性を付与できる為、

そちらで代用する方法もあります。

 

ブラック・マジシャン4

関連記事

遊戯王アークファイブ第71話『白銀の剣』感想

遊戯王ARC-V71話の感想です。 次回予告の時点でシンクロ次元の闇がひしひしと感じられる今回

記事を読む

ハック・ワーム:遊戯王カード考察  条件さえ満たせば複数展開可能!ジェスター・コンフィと一緒にどうぞ

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青眼の精霊龍(ブルーアイズ・スピリット・ドラゴン)

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第98話『ひとつの道へ』感想

遊戯王ARC-V98話の感想です。 ジャックのレッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラントに対抗す

記事を読む

遊戯王カード考察:閃刀術式(せんとうじゅつしき)-ベクタードブラスト 対象に取らないデッキバウンス、デッキ破壊にも使える?

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:星遺物(せいいぶつ)を継ぐもの リンク召喚デッキ全般で採用できる汎用蘇生カード

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

精霊神后(エレメンタルグレイス) ドリアード:遊戯王カード考察  墓地コストがある限り特殊召喚無効、あとはどう召喚条件を満たすか

7月8日です。いよいよサーキット・ブレイク発売ですね。 今回紹介するのはサーキット・ブレイクよ

記事を読む

魔界台本「魔界の宴咜女(えんため)」:遊戯王カード考察  絶対に破壊しちゃいけない類のカードです

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

サイバース・リンクと一緒に揃えておきたいカードは?とりあえずスターターデッキ2017は欲しい所

今日6月17日、サイバース・リンクがいよいよ発売です。 収録されているカードはこんな感じです。

記事を読む

醒めない悪夢:遊戯王カード考察

メタとしても優秀だし悪用も効く   今回紹介するのはマキシマム・クライシスより

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    召喚したら優先権は相手に移るのでは

  2. 匿名 より:

    召喚成功しても優先権はこちらにあります…よね
    モンスター効果(自分の)を発動した場合は優先権相手に移るからヴェーラー等は使われてしまうと思いますが

    • 召喚に成功した直後には優先権はまだターンプレイヤーに存在しており、これにチェーンして別のカードを発動する事が可能です。この時心鎮壷のレプリカのようにチェーンを封じるカードを発動する事で奈落の落とし穴などの発動を封じる事が可能です。しかしおっしゃるとおりモンスター効果を発動した場合は優先権が相手に移ります、指摘ありがとうございます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,563,482 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑