遊戯王OCGカード考察:黒魔導強化(ブラック・エクスパンド)

どの効果も便利です

 

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。

 

 

 

黒魔導強化
速攻魔法
①:お互いのフィールド・墓地の「ブラック・マジシャン」
「ブラック・マジシャン・ガール」の数によって以下の効果を適用する。
●1体以上:フィールドの魔法使い族・闇属性モンスター1体を選び、
その攻撃力をターン終了時まで1000アップする。
●2体以上:このターン、自分の魔法・罠カードの効果の発動に対して、
相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できず、
自分フィールドの魔法・罠カードは相手の効果では破壊されない。
●3体以上:自分フィールドの魔法使い族・闇属性モンスターは
ターン終了時まで相手の効果を受けない。

 

 

 

ブラック・マジシャン、およびブラック・マジシャン・ガールの

サポートカードとなる速攻魔法です。

黒魔導強化

画像では師弟が黒の魔導陣から力を授かっているような描写です。

 

 

お互いのフィールド・墓地のブラック・マジシャン、

もしくはブラック・マジシャン・ガールの合計によって3つの効果が発動します。

 

 

1体以上の時、フィールドの魔法使い族・闇属性モンスター1体を選び

ターン終了時まで1000アップさせるというものです。

フィールドにブラック・マジシャンかブラック・マジシャンガールがいれば

必然的に発動可能でありコンバット・トリックとして活用が可能です。

マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョンに対して発動すれば

コンバットトリックをしつつ③の効果にもつなげられる為無駄がありません。

 

 

2体以上の時、このカードを発動したターンの間、

自分が魔法、罠を発動した場合に相手のチェーンを封じる事が可能になり

さらに自分フィールドの魔法罠に破壊耐性を付与する事が可能です。

特に永続罠である永遠の魂を維持したい場合に役立つ他、

攻撃反応系の罠も除去されづらくなる為使いやすくなるでしょう。

また自分のモンスターの召喚時にチェーンして何か魔法罠を発動する事で

奈落の落とし穴などの召喚反応罠を防ぐ事も可能です。

同様にモンスターの効果発動時に何か魔法罠を発動する事で

エフェクト・ヴェーラーや幽鬼うさぎを防ぐ事が出来るので

テクニックの1つとして覚えておくといいでしょう。

モンスター効果を発動した直後は優先権が相手に移る為、

相手はヴェーラーなどでチェーンが可能でした、申し訳ありません。

 

 

3体以上の時、このカードを発動したターンの間、

自分フィールドの魔法使い族・闇属性モンスターに完全耐性を付与できます。

ブラック・マジシャンやブラック・マジシャン・ガールは勿論の事、

幻想の黒魔導師やNo.11 ビッグ・アイなども恩恵が得られる為、

1枚以上の時に発動する攻撃力上昇効果と合わせて

これらのモンスターを維持したい場合にも役立ってくれるでしょう。

 

 

どの効果も非常に有用であり、ブラックマジシャンの強力なサポートになってくれます。

フィールドだけでなく墓地のブラックマジシャンの数も参照する為、

効率よく墓地を肥やす事が出来れば3体以上の効果の発動も難しくありません。

ただし七星の宝刀などでブラック・マジシャンを除外する場合、

ブラックマジシャンだけでは3枚そろえる事は難しくなってくるでしょう。

その場合はブラックマジシャンガールもデッキに採用して揃えやすくする、

もしくは無理に3枚以上の効果を狙わないといった選択肢も考えましょう。

ブラックマジシャンだけであれば永遠の魂でも完全耐性を付与できる為、

そちらで代用する方法もあります。

 

ブラック・マジシャン4

関連記事

遊戯王OCGカード考察:ダーク・ドリアード

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

クリア・エフェクター:遊戯王カード考察

ドローしつつ耐性付与!   今回紹介するのは20th ANNIVERSAR

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:業炎のバリア -ファイヤー・フォース-

一気にカードが判明しましたのでどんどん紹介していきます。 今回紹介するのはディメンション・オブ

記事を読む

鎖付き真紅眼牙(くさりつきレッドアイズ・ファング):遊戯王カード考察 鎖付きシリーズにもなるレッドアイズマジ可能性の竜

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第147話『解き放たれたドラゴン』感想

遊戯王ARC-V147話の感想です。 ついに召喚法を冠する竜4体の同時召喚を実現した遊矢。

記事を読む

遊戯王アークファイブ第74話『道化師の仮面』感想

遊戯王ARC-V74話の感想です。 フレンドシップカップ1回戦最後を締めくくるのは黒咲VSデニ

記事を読む

サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:コズミック・サイクロン

墓地発動を許すな!   ザ・ダーク・イリュージョンのフラゲ情報が来たみたいです

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花札衛(カーディアン)-雨四光(あめしこう)-

エンジョォォォォォォォイ!   5月14日にコレクターズパック「閃光の決闘者編

記事を読む

マジックアブソーバー/Magical Something:遊戯王カード考察  結構いろんなデッキに入りそう

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    召喚したら優先権は相手に移るのでは

  2. 匿名 より:

    召喚成功しても優先権はこちらにあります…よね
    モンスター効果(自分の)を発動した場合は優先権相手に移るからヴェーラー等は使われてしまうと思いますが

    • 召喚に成功した直後には優先権はまだターンプレイヤーに存在しており、これにチェーンして別のカードを発動する事が可能です。この時心鎮壷のレプリカのようにチェーンを封じるカードを発動する事で奈落の落とし穴などの発動を封じる事が可能です。しかしおっしゃるとおりモンスター効果を発動した場合は優先権が相手に移ります、指摘ありがとうございます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。 でもまた少し暑くなってきま

→もっと見る

    • 4,628,810 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑