遊戯王OCGカード考察:BF(ブラックフェザー)-朧影(おぼろかげ)のゴウフウ

とっても使いやすいレベル5チューナーモンスター!

 

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。

 

 

BF-朧影のゴウフウ
特殊召喚・チューナー・効果モンスター
星5/闇属性/鳥獣族/攻   0/守   0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドにモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。
①:このカードが手札からの特殊召喚に成功した時に発動できる。
自分フィールドに「朧影トークン」(鳥獣族・闇・星1・攻/守0)2体を特殊召喚する。
このトークンはリリースできず、S素材にできない。
②:このカードとチューナー以外のモンスター1体以上を自分フィールドから除外し、
そのレベルの合計と同じレベルを持つ
自分の墓地の「BF」Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをチューナー扱いとして特殊召喚する。

 

 

ファントムシンクロォォォォ!

新しく登場するブラックフェザーの仲間となるレベル5のチューナーです。

アークファイブにおいてクロウ・ホーガンが黒咲隼戦で使用したカードで

自身の効果でトークンを生成しA BF-驟雨のライキリのシンクロ召喚へ繋げました。

この時に行われたシンクロ召喚はファントムシンクロと呼ばれるものであり

墓地に存在していた驟雨のライキリをシンクロ召喚しました。

今までに墓地のモンスターを素材にシンクロ召喚するケースや

墓地のシンクロモンスターを蘇生させるケースは何度もありましたが

「墓地のモンスターをシンクロ召喚する」というのはまさに前代未聞でした。

ファントムシンクロは他にもシンクロモンスターがフィールドを離れる場合

墓地ではなくエクストラデッキに行くのも特徴であり

まさに通常のシンクロ召喚と対を成すシンクロ召喚であったと言えます。

が、残念ながらOCG化の際にこれらの特徴はなくなってしまいました。

 

ゴウフウとは恐らくは業風の事でしょう。

業風とは仏教用語の1つで地獄に吹くと言われる大暴風の事で

地獄に落ちた人の悪行を感じ取って吹くと言われています。

 

 

特殊召喚モンスターであり通常召喚できない制約が存在します。

特殊召喚の条件は「自分フィールドにモンスターがいない事」とかなり緩く

容易に特殊召喚の条件を満たす事が出来るでしょう。

 

 

①の効果は手札からの特殊召喚に成功した時に

自分の場に朧影トークン2体を特殊召喚できるというものです。

ただしこのトークンはリリースする事もシンクロ召喚の素材にする事も出来ない為、

基本的には②の効果を活かすために使う事になるでしょう。

ゴッドバードアタックのコストにも出来ない為注意してください。

他の使い方としてはトークン復活祭を使うなどの活用法があります。

あとは強制転移で送りつけてしまうのも1つの手です。

リリースもシンクロ素材にも出来ない為送りつけられると非常に邪魔です。

 

 

②はこのカード自身とチューナー以外のモンスター1体以上をフィールドから除外し

墓地からブラックフェザーのシンクロモンスターをチューナー扱いで蘇生させる効果です。

シンクロ召喚扱いではなく墓地からシンクロ召喚する特徴の再現にはなりませんでしたが

チューナー扱いにする効果からアサルトブラックフェザーの持つ

「BFを素材にシンクロした場合チューナーになる」という効果を擬似的に再現しています。

①の効果と組み合わせてる事で実質的に

「フィールドにモンスターが存在しない場合に墓地にあるレベル6、7の

ブラックフェザーシンクロモンスターをチューナーとして蘇生させる」

という蘇生カードの1つとして解釈する事も出来るでしょう。

チューナー扱いとして蘇生させる為、墓地にレベル・スティーラーが存在していれば

改めてレベル6、レベル7のシンクロ召喚をする事も可能となります。

特にレベル6のBFからは地底のアラクネーのシンクロ召喚に繋げる事も可能です。

 

 

単純に非常に手軽に出せるレベル5のチューナーモンスターとしてとても有能です。

レベル・スティーラーが墓地にあれば召喚権を使わずレベル5のシンクロ召喚が狙える他

手札にレベル・スティーラーがある状態では地底のアラクネーを出す事が可能です。

また他にレベル5のモンスターと一緒にフィールドに出す事が出来れば

ランク5のエクシーズ召喚やアルティマヤ・ツィオルキンの特殊召喚も狙えます。

 

また攻撃力、守備力がともに0の闇属性モンスターである事も大きな特徴です。

ダーク・バースト、悪夢再びの両方に対応しており墓地からの回収が容易です。

【ブラックフェザー】にこのカードを混ぜれば悪夢再びも採用しやすくなるでしょう。

ダイナミスト・ブラキオンと朧影のゴウフウが2枚とも手札にあれば

召喚権を使わずにフィールドにレベル5を2体並べる事が可能です。

 

 

レベル5のチューナーの中でも特に使いやすい1枚です。

ブラックフェザー以外のデッキでも十分に活躍が出来るでしょう。

 

クロウ・ホーガン3

関連記事

遊戯王カード考察:F.A.(フォーミュラアスリート)ウィナーズ 特殊勝利カード、どうやってレベルを満たすか

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:BM-4ボムスパイダー 色々と融通が利く自爆効果

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:A BF(アサルト ブラックフェザー)-霧雨のクナイ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG:2018年1月の制限改定を個人的に予想してみる

12月になりました。今年もいよいよあと一か月ですね。 遊戯王的にはルールそのものが一気に変わっ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン

強い事しか書いてない   ムービーパックのフラゲ情報も出てきたみたいですね。

記事を読む

やりすぎた埋葬:遊戯王カード考察  調整版早すぎた埋葬、手札コストをどう用意するか

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:雪花の光(せっかのひかり) フルモン用カード、でも超重武者で使う場合には少し注意

FLAMES OF DESTRUCTION(フレイム・オブ・デストラクション)、 本日いよいよ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マジシャンズ・ローブ

デッキからブラマジを出せる新たな手段!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジェルのデュエルが開始されました

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:河伯(カワノカミ)

お前今からスピリットな!手札に戻れよ!   今回紹介するのはレイジング・テンペ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,953,319 総合計アクセス数
  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑