遊戯王OCGカード考察:レッドアイズ・トゥーン・ドラゴン

純正のトゥーンでは使いづらい、だが・・・

 

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。

 

 

 

レッドアイズ・トゥーン・ドラゴン
トゥーン・効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2400/守2000
①:このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚したターンには攻撃できない。
②:自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在し、
相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、
このカードは直接攻撃できる。
③:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札から「レッドアイズ・トゥーン・ドラゴン」以外のトゥーンモンスター1体を
召喚条件を無視して特殊召喚する。

 

 

トゥーン・キングダムで本格的にトゥーンが強化されて以来、

ちょくちょくと新カードがこっそり追加されているトゥーンモンスターの1体デース。

そして今度はレッドアイズがトゥーン化する事になりマシタ。アンビリーバブル☆

レッドアイズ・トゥーン・ドラゴン

コミカルになったレッドアイズがキュートデース。

ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴンの対のデザインを意識されており

顔の向きが逆になっている他ブルーアイズが丸みを強調した外見をしているのに対し

こちらは角ばった体つきが強調されていマース☆

トゥーンモンスターの例に漏れずレベルや属性、種族といったステータスは

元となった真紅眼の黒竜と同じになっていマース。

 

 

①の効果は召喚・反転召喚・特殊召喚したターンには攻撃できない、

いわゆる召喚酔いと呼ばれるトゥーン共通のデメリットデース。

 

②の効果は相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、

直接攻撃が可能というこれまたトゥーンモンスター共通の効果デース。

①の効果も含めて説明不要なトゥーンの象徴的な要素と言えマース。

 

 

しかし③の効果はこのカード独自のものデース。

1ターンに1度、自分のメインフェイズの時に自身と同名カード以外の

トゥーンモンスター1体を召喚条件を無視して手札から特殊召喚が出来るのデース。

元となった真紅眼の黒竜このような効果は存在しませんが

レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンが特殊召喚効果を持っている為、

そちらから効果を一部引き継いだ形になっていると推測できマース。

気をつけなければいけないのは「トゥーンと名の付いたモンスター」ではなく

「トゥーンモンスター」を特殊召喚できるという点デース。

トゥーンアリゲーターはトゥーンモンスターではないので特殊召喚できまセーン。

召喚条件を無視できる為ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴンのような

特殊召喚モンスターであっても問題なく特殊召喚できマース。

この効果で特殊召喚するモンスターの第一候補は

やはりトゥーン・リボルバー・ドラゴンだと思いマース。

不確定ですが除去効果を持っている上にレベルが同じ7の為

状況によってはランク7のエクシーズ召喚を狙う事も可能デース。

 

 

③の効果は上級や最上級のトゥーンを展開するのに重宝する効果デースが

このカード自身が最上級モンスターである事が難点であり

いかにしてこのカードをフィールドに出すかが課題になりマース。

ですがこのカードのもう1つの大きな特徴としてレッドアイズの名を冠しており

その為伝説の黒石やレッドアイズ・スピリッツ等で特殊召喚が可能デース。

レッドアイズサポートを使えば場に出すのは難しくはありまセーン。

しかしこのカードの為だけにレッドアイズサポートを採用する事は

逆に事故の要因になってしまう可能性が高いデース。オーウノーウ!

もしレッドアイズサポートを採用する場合には

通常の真紅眼の黒竜も採用しておく方が懸命だと思われマース。

その場合レッドアイズの要素とトゥーンの要素を混ぜ合わせた言うなれば

【トゥーン・レッドアイズ】とも言うべきデッキを組む事になるでショーウ。

まさかの城之内ボーイとの夢の競演デース。

幸いレッドアイズもトゥーンも相手にダメージを与えるのを得意としている為、

この2つの相性はあまり悪くありまセーン。

その場合採用するトゥーンはトゥーン・バスター・ブレイダーや

トゥーン・リボルバー・ドラゴンといった7レベルのトゥーンを中心にする事で

真紅眼の鋼炎竜をはじめとするランク7のエクシーズに繋げ易くなりマース。

当然これらのモンスターはトゥーン・キングダムの恩恵を受けられまセーン。

トゥーン・キングダムの有無などによってエクシーズ召喚に繋げるか、

それともエクシーズ召喚せずにフィールドに残しておくかの判断が問われるデショウ。

 

 

純正のトゥーンデッキでは効果を生かしづらいカードではありマース。

しかし新しいタイプのトゥーンの可能性を開く面白いカードだと思いマース。

さあユーもトゥーンの新しい可能性を見出すのデース☆

 

ペガサス1

関連記事

コズミック・ブレイザー・ドラゴン:遊戯王カード考察

魔法も罠もモンスター効果も召喚も攻撃も全部無効!   2017年の2月18日に

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:堕天使(だてんし)

堕天使、天界を追放され悪魔となった天使であり中二の代表格です。 遊戯王では堕天使マリーを始め古

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青眼の精霊龍(ブルーアイズ・スピリット・ドラゴン)

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:量子猫、鏡像のスワンプマン

彼岸と帝、結構環境で活躍しているみたいですね。 アドバンス召喚も随分強くなったものです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:神の摂理(Ultimate Providence)

解放のアリアドネと組み合わせると一気に凶悪カードに   今回紹介するのはEXT

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダイナミスト・プレシオス、ダイナミスト・ステゴサウラー、ダイナミスト・プテラン

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:Kaiju(壊獣)”EXTRA PACK 2016″

2016年9月10日にEXTRA PACK 2016が発売されます。 コズモやバージェストマな

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜穴の魔術師

続々と新カードの情報がやってきて興奮が収まりきらないユリポエです。 1枚ずつの考察になるので多

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スクランブル・ユニオン

上手くモンスターを除外しろ!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ-海馬瀬

記事を読む

遊戯王アークファイブ第60話『地獄の沙汰もカード次第』感想

遊戯王ARC-V60話の感想です。 ロジェ長官の手腕によって一網打尽とされてしまったランサーズ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
亡龍の戦慄(ぼうりゅうのせんりつ)-デストルドー  単純にレベル7チューナーとしても便利な上に自己蘇生効果つき

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

→もっと見る

    • 4,386,098 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑