遊戯王アークファイブ第92話『悲運の再会』感想

公開日: : 最終更新日:2016/02/09 アニメ感想, 遊戯王, 遊戯王アークファイブ

遊戯王ARC-V92話の感想です。

もうタイトルからして不穏な気配しかしませんね。

ついに召喚法を冠する4体の竜が揃ってしまいました。

明らかに遊矢の身に異変が起きていますがはたしてどうなることやら・・・。

 

 

 

我等が1つに・・・

4体のドラゴンの勢ぞろいにより遊矢シリーズ全員が暴走しています。

皆して「我等が1つに」や「復活」といった言葉をつぶやいています。

空にも明らかな異変が発生しており不気味な模様の渦が発生している状態。

明らかに何かヤバいものが復活するだろう事が感じ取れます。

これにはセレナや零羅、バレットやオベリスクフォースも動揺を隠せない様子で

オベリスクフォースの静止も届かずユーリが一人でに歩き出します。

そして遊矢が「今こそ1つにぃぃぃぃ!」と叫んだ所で柚子が登場。

ブレスレットが光だしユーリとユーゴをどこかへ飛ばしてしまいます。

遊矢もその衝撃で吹っ飛ばされますがこちらはワープはしない模様。

 

 

親方!空から変態が!

とりあえず異変はどうにかなったようで遊矢も落ち着きを取り戻しつつあります。

しかしバレットとのデュエルは続いたままであり絶体絶命の状況も変わりません。

柚子自分からやってきた事によりバレット的には既に遊矢を問いただす事がありません。

その為遊矢に降伏を求めますがそれでも最後まで柚子を守ると誓う遊矢。

その心意気に敬意を表しバレットは最後まで遊矢と戦う事を選びます。

前回に引き続き勲章コンボによりさらにダメージと攻撃力低下を受ける遊矢。

既にモンスターの攻撃力は2匹とも0でありさらに魔法罠の使用や召喚も封じられた状態。

この状況でも希望が残っているというのなら見せて見ろとバレットは言います。

遊矢の手札にあるのはスマイルワールド1枚、この状況を切り抜ける事は出来ません。

ドローするカードに全てをかけるしかない状況ですが

今の遊矢にはカードに希望を見出す事は出来ないようです。そして・・・

セルゲイ乱入

突如上空より登場したセルゲイは2人のデュエルに割り込み乱入ペナルティ2000

デニス9

え、え~~~、セキュリティにも乱入ペナルティ実装されてるの!?

こ・・・これは認めるしかないでしょう。乱入ペナルティは全次元共通だと

その割にはちょくちょく乱入してもペナルティ発生していなかった事がありますが

このあたりはどうなってるんでしょうね、実際。

しかし洗脳がしっかり効いているのか

セルゲイはダメージを受けても特に喜ぶ様子がありません。

 

 

セルゲイの新しい切り札

乱入したセルゲイはフィールド魔法「地縛牢」を発動、柚子を檻に閉じ込めます。

そして地縛囚人ストーン・スィーパーを特殊召喚。

レベル5のモンスターですがフィールド魔法がある時に手札から特殊召喚できます。

そしてチューナーの地縛囚人ライン・ウォーカーを通常召喚した上で

魔法カード「異界共鳴-シンクロ・フュージョン」を発動。

なんとこれはフィールドにいるモンスターでシンクロと融合を同じ素材で同時に行うという

前代未聞の魔法カードです。

融合次元出身でありながらシンクロ次元を学んだ自分だからこそ編み出せたと

ロジェ長官が非常に得意気にしています。

そうしてストーン・スィーパーとライン・ウォーカーを素材にして現れたのは

シンクロモンスター、地縛戒隷ジオグリフォン。

そして融合モンスター、地縛戒隷ジオクラーケンの2体です。

ここに来てセルゲイは茨モンスターでなく地縛モンスターを使い始めました。

オベリスクフォース相手にヴァン・ダーリ・ズーマを使っていた為

茨カードも残っていると思いますがそこにこの地縛カードも加えているのでしょう。

 

そしてジオグリフォンとジオクラーケンの2体で

パンサー・プレデターとウルフ・ケンプファーを撃破します。

ビーストボーグは破壊された時素材を墓地から特殊召喚しますが

ビーストボーグがいなくなった事で勲章の自壊効果が発動、遊矢は自由の身となります。

さらにここでジオクラーケンの効果発動、

自分ターンに特殊召喚された相手モンスターを全て破壊し

その上で破壊したモンスター1体につき800ポイントのダメージを与えます。

一気に3200のダメージを受けた事によりバレットのライフは0になってしまいました。

どうやらオベリスクフォースの隊長だったようでバレットの敗北に隊員達が動揺しています。

吹き飛ばされるバレットですが最後の余力を振り絞りセレナを自分と共に転移させました。

既に体力の限界だった零羅やセレナ自身はともかく

遊矢とセルゲイも完全に不意打ち気味だったようで何も出来ずに連れ去られています。

これにはロジェ長官も激おこでせめて柚子だけでも確保するようにとセルゲイに命令します。

セルゲイはカードを1枚伏せてターンエンドです。

追記:後で気付いた事ですがどうやらバレットはセレナを転移させる際

アカデミアでなくエクシーズのボタンを押しています。

つまりバレットはセレナをアカデミアへ連れ帰ったのではなく

エクシーズ次元へ逃がしたという事になります。

どうやらバレットも完全にアカデミアへ忠誠を誓っているわけではなさそうですね。

 

 

笑顔を捨てた遊矢

バレットが倒された事によって自由の身となった遊矢、しかしまだセルゲイがいます。

遊矢が引いたカードはマジカル・サンダー。

手札1枚をコストにフィールドのカード1枚を破壊するという魔法カードです。

しかしセルゲイが伏せていたのはフィールド魔法が存在している時に

相手の魔法を無効にして破壊できるカウンター罠「地縛魔封」

そうとは知らずにマジカル・サンダーを発動しようとする遊矢、

コストにするのは今までずっと手札にあったスマイル・ワールド・・・

スマイル・ワールドを捨てようとする遊矢に柚子が呼びかけます。

先ほどまでの遊矢は様子が変だった、皆に笑顔をもたらす遊矢に戻って欲しいと。

そんな柚子の言葉を聞き、改めてスマイルワールドを見つめる遊矢、

遊勝と洋子の思いがつまったスマイルワールドという魔法カード。

しかし遊矢は思います。今のままでは皆を笑顔にする事は出来ないと、

だからせめて柚子だけでも助けたいと。

遊矢はスマイル・ワールドを捨てて効果を発動します。

破壊するのは・・・フィールド魔法「地縛牢」

セルゲイはこれに対して地縛魔封を発動する事ができますが使いません。

ロジェ長官が「タイミングを逃すぞ!」と言って発動を促しますが無視です。

どうやらチェーンは一定時間以内にしないといけないルールがあるようですね。

そのまま破壊される地縛牢ですが破壊された事によって更なる効果が発動。

遊矢のライフを半分にした上でモンスターの効果を封印しました。

これによりダークリベリオンのエクシーズ効果は使用不可能のままです。

 

 

親方!空から忍者が!

ですがこれで柚子は地縛牢から解き放たれ自由の身となりました。

そこをすかさず取り囲もうとするオベリスクフォースですが

空から朧手裏剣が飛んできてオベリスクフォースを攻撃します、

そのまま月影が飛び降りてきて柚子を守るように位置取りをします。

既にユーリとバレットがいなくなり仲間も大半が倒されたオベリスクフォース、

セレナを確保しただけでもよしとしてそのまま撤退を開始します。

後はセルゲイをどうにかするだけです、月影からも激励を受ける遊矢。

遊矢は相生と相克のペンデュラム効果を発動してリベリオンをレベル7に

そのままオッドアイズとリベリオンをオーバーレイ、

覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴンをエクシーズ召喚です。

しかしジオグリフォンとジオクラーケンのレベルは共に8、効果を発動できません。

遊矢はオッドアイズリベリオンでジオグリフォンを攻撃、撃破します。

しかしここでジオグリフォンの効果発動、オッドアイズリベリオンを道連れにします。

そのまま次のターン、ジオクラーケンの直接攻撃で遊矢のライフは0になってしまいました。

この状況で負けるんかい!

「思う存分デュエルしろ」ってお膳立てされて負ける主人公とか相当レアだよ!?

笑顔を捨ててしまった遊矢に勝利の女神は微笑まなかったようです。

 

 

はえーよセルゲイ

遊矢を倒しチャンスとばかりにロジェ長官がセルゲイに柚子の奪還を命令、

すると突然セルゲイからブースターが展開されました。

そのままむせる高速機動をして柚子に接近するセルゲイ、

月影と素良が咄嗟にセルゲイの足止めをしようとしますが難なく蹴散らします。

そのまま柚子を確保、すぐさまブースターで上空へ飛び出してしまいました。

後を追うことは難しいでしょう。

セレナを守れず、柚子も守れなかった遊矢は無力に打ちひしがれていました。

 

 

 

 

 

遊矢フルボッコ回でした。

何が酷いってあのままセルゲイが乱入せずにバレットと戦い続けた場合でも

勲章ロックを打開するカードが引けてなくて負けてたという事なんですよね。

普通カードゲームアニメ的には「あのロックをいかにして打開するのか?」

ってワクワクしながら見る場面だと思うんですよ!

実際手札誘発のモンスター効果という抜け道もありましたし。

あと不思議に思ったのはオッドアイズリベリオンの③の効果を発動していない事です。

オッドアイズリベリオンは破壊された時自分のPゾーンのカードを破壊した後

ペンデュラムゾーンにセッティングされます。

あのターンまだペンデュラム召喚をしていなかった為、

効果でによってスケールをセッティングする事で相生か相克のどちらかを出せたのです。

こうする事で壁モンスターを出す事はできますしまたペンデュラム効果で

リザードローあたりをPゾーンに置くことでドローに望みをかける事も出来ました。

どうやら③の効果が見られるのはまだお預けのようです。

それにしても最近オッドアイズリベリオン、いい所がありません。

 

あと遊矢シリーズの謎が少しずつ明らかになって来ましたね。

恐らく元々は1つの存在だったのが封印されそれぞれの次元に

4つの人間となって分裂しているのでしょう。

柚子のブレスレットは恐らく遊矢シリーズが1つになるのを防ぐ意味があるようです。

 

 

次回予告『破滅のデュエルマシン』

どうやらコモンズの革命運動によってシティが混乱しているみたいで

その動きを少しでも抑えようと引き続き大会は続行されるようです。

しかしユーゴは柚子が吹き飛ばした事により行方不明になっており

代わりとして出場するのはなんとジャック・アトラス。

こうしてジャックVSセルゲイのデュエルが開始されます。

なおセルゲイの顔が再びやばい事になっています。

やっぱり制御は上手くいかなかったみたいですね。

 

 

超熱血!デュエル塾

今回はバレットの使う獣闘機(ビーストボーグ)についての解説と

今回のデュエルに関するおさらいですね。

ビーストボーグの解説というよりは勲章ロックの解説が中心になっていますね。

自分の従者を自慢して得意気になっているセレナが可愛いです。

 

 

鉄鎖の獣闘機勲章
永続罠
①:自分フィールドに「獣闘機」モンスターが存在しない場合にこのカードは破壊される。
②:相手フィールドにモンスターが特殊召喚された場合にこの効果を1度だけ発動できる。
このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、そのモンスターは攻撃できず、
表示形式の変更もできない。また戦闘では破壊されない。
③:相手がダメージを受けた場合に発動する。
相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力はその数値分だけダウンする。
紅鎖の獣闘機勲章
永続罠
①:自分フィールドに「獣闘機」モンスターが存在しない場合にこのカードは破壊される。
②:相手フィールドにエクストラデッキからモンスターが特殊召喚された場合、
そのモンスター1体を対象としてこの効果を1度だけ発動できる。
このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、対象のモンスターは攻撃できず、
表示形式の変更もできない。また戦闘では破壊されない。
さらに、このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
対象のモンスターのコントローラーはモンスターを召喚・特殊召喚できず、
魔法・罠カードを発動できない。

関連記事

変則(トランスミッション)ギア:遊戯王カード考察  遊戯王初!相手とジャンケンするカード!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)98 絶望皇ホープレス

これぞ真のアンチホープ!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘者

記事を読む

メガロイド都市(シティ):遊戯王カード考察  融合次元の手先になるしかない制約をどうフォローするか

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:失楽園(しつらくえん)

三幻魔の皆さん、ついにあのカードが登場です   今回紹介するのは20th AN

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:矮星竜 プラネター

クラッシュ・オブ・リベリオン、いよいよ今日発売ですね。 今回はこのカードの解説です。 &

記事を読む

アストログラフ・マジシャン、クロノグラフ・マジシャン:遊戯王カード考察

何気に汎用性がかなり高い!   今回紹介するのはペンデュラム・エボリューション

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン、サイレント・バーニング

手札を維持して攻撃力を確保しろ!   今回紹介するのはデュエリストパック-王の

記事を読む

遊戯王アークファイブ第86話『怯まぬ決意』感想

遊戯王ARC-V86話の感想です。 デュエルに敗北し会場を後にするセレナ。 しかしロジェ

記事を読む

遊戯王OCG,7月の制限改定を個人的に予想してみる

新しいリミットレギュレーションの時期も近づいて来ましたね。 かなり群雄割拠の環境ですがそれでも

記事を読む

デューテリオン:遊戯王カード考察 これ三沢くんより梶木くんの方が使いこなせるんじゃ・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

Comment

  1. BBB より:

    乱入ペナルティは『ランサーズ及びジュニアユースのバトルロイヤル出場者のデュエルディスクを使ったデュエルに乱入すると発生』でほぼ確定でしょ。

    あと、オッドアイズリベリオンのペンデュラム効果を使うように書いてますけど、ペンデュラム効果は魔法扱いなので、その方法だと地縛魔封に破壊されます。
    まぁ効果を使わずにオッドアイズを壁にする手はありましたけど。

    • BBB より:

      あ、地縛魔封はフィールド魔法が存在する時のみ発動か。
      それじゃ無効にできないわ

      • 確かにペナルティの発生したケースはいずれもランサーズのデュエルに介入した場合ですね。ちなみにアニメ版のオッドアイズリベリオンにはペンデュラム召喚できる効果が無いのです・・・

        • BBB より:

          あ、ここで言ったオッドアイズはペンデュラムドラゴンの方ね

          • BBB より:

            ってそうか、Pドラゴンの方は素材で落ちてるから墓地行きなんだ

          • はい。ですので現実的な対処法はオッドアイズリベリオンのP効果で時読みの魔術師あたりをスケールにセット、破壊されてエクストラデッキに送られた相克の魔術師を守備表示でP召喚して凌ぐといった形になるでしょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

ダックドロッパー:遊戯王カード考察  相手にダイレクトアタックを強要しつつ自分は高い耐性で身を隠す!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

トライゲート・ウィザード:遊戯王カード考察 相互リンク2体でも十分強いけどやっぱり3体狙ってみたいよね

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

→もっと見る

    • 4,382,124 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑