遊戯王OCGカード考察:光の導き

ヴァジュリーラFF

メぇぇぇ~~~リぃぃぃぃクリっスマぁぁぁーーースぅ!!

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。

 

 

 

光の導き
装備魔法
①:自分フィールドに他の「光の導き」が存在せず、
自分の墓地に「ブルーアイズ」モンスターが3体以上存在する場合、
その内の1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターの効果を無効にして特殊召喚し、このカードを装備する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターを除外する。
②:装備モンスター以外の自分のモンスターは攻撃できず、
自分の墓地に「ブルーアイズ」モンスターが存在する場合、
装備モンスターはその数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。

 

 

グォレンダァ!では済まない

 

 

 

ブルーアイズ用のサポートカードとなる装備魔法です。

装備魔法といっても再融合のように墓地のモンスターを特殊召喚する

実質的に蘇生カード扱いとなっているタイプの装備魔法ですね。

 

 

①の効果はフィールドにこのカードの同名カードが存在せず、

墓地にブルーアイズが3体以上存在する場合に発動でき、

墓地のブルーアイズ1体を効果を無効にして特殊召喚するというものです。

ただしその際このカードを蘇生したモンスターに装備し、

このカードがフィールドから離れた場合蘇生したモンスターは除外されてしまいます。

発動条件となる墓地のブルーアイズ3体以上ですが、ブルーアイズは

ブルーアイズは竜の霊廟で墓地に落としやすく、

また手札に来てもトレード・インのコストにする事が可能である為

発動条件を満たすのは難しくないでしょう。

効果を無効にしてしまう為、白き霊龍などを蘇生させるのには向きませんが、

元から効果の無い青眼の白龍や青眼の究極龍等を蘇生させる分には問題ありません。

 

 

②の効果はこのカードを装備したモンスター以外は攻撃できない制約を付与する代わりに

このカードを装備したモンスターを1度のバトルフェイズ中に

墓地のブルーアイズモンスターの数だけ連続攻撃させらるというものです。

 

 

なんかすごい事が書いてあります。

もう一度言います。墓地のブルーアイズモンスターの数だけ連続攻撃できます。

この手のカードにありがちな「モンスターにだけ」みたいな制限すらありません。

相手モンスターがいなくなったらそのままプレイヤーに滅びの爆裂疾風弾です。

理論上は20回以上の連続攻撃できるというとんでもない効果です。

とはいえそれはエクストラデッキのブルーアイズや

ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン、Sin 青眼の白龍まで含めた数値であり

実際にそれだけの連続攻撃を狙うのはあまり現実的ではありません。

それでも前述したようにブルーアイズを墓地に送る手段は豊富に存在しており

ブルーアイズを5,6体程度墓地に送るぐらいなら問題なく狙う事が可能です。

青眼の究極龍の4500打点、そうでなくても青眼の白龍の3000打点で

それだけの回数連続攻撃したならば大抵の状況で引導を渡す事が出来るでしょう。

GORIOSIの極みと言わんばかりのカードです。

 

 

圧倒的パワーで敵を粉砕するある意味では非常にブルーアイズらしいカードです。

もし海馬社長がこのカードを使ったとすれば

それはもう物凄いテンションになるのが想像できます。

強力なパワーを秘めたカードである事は間違いなく、

このカードを主軸としてひたすら墓地肥やしに特化させた

ブルーアイズデッキを組むのもまた面白いと思います。

装備魔法なのでアームズ・ホールやパワー・ツール・ドラゴンでサーチが可能であり

そういう意味でもこのカードに特化させたデッキを作りやすいでしょう。

 

海馬5

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。
※カード名をクリックでwikiを表示します

 

轟雷帝ザボルグ

自分と相手のエクストラデッキからモンスターを落とせるカードです。

このカードの効果でエクストラデッキの青眼の究極竜青眼の双爆裂龍、

青眼の精霊龍などを8枚ほど墓地に落とす事で

このカードによる攻撃回数を一気に8回分上昇させる事が可能です。

関連記事

遊戯王OCG考察:あの禁止カードどもはどうエラッタすれば復帰できるか?その4

昨日の夜、ライフを失くしてバーンの海に濡れていた。 今日の昼、ドローカードを元にエクゾディアを追っ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン

スケール1&エクストラデッキメタ!   今回紹介するのは3月21日に発売される

記事を読む

遊戯王テーマ考察:LL(リリカル・ルスキニア)

DIMENSION BOX LIMITED EDITIONには アークファイブのデュエリストに

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ラディッシュ・ホース

脳筋型エンタメイトのダークホース!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

遊戯王カード考察:インヴェルズ・オリジン 激流葬あたりと組み合わせよう

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:裏風(うらかぜ)の精霊

まだリバースモンスターは終わらない!   今回紹介するのはシャイニング・ビクト

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第41話『欺かれた事実』感想

遊戯王ヴレインズ41話の感想です。 前回のあらすじ:鬼塚も消えた・・・。 あとあ

記事を読む

遊戯王OCG、2017年10月の制限改定判明!懐かしいあのカードが禁止解除

2017年10月のリミットレギュレーションが判明しました。 毎年10月はかなり大幅な改定が行わ

記事を読む

遊戯王カード考察:グレートフライ このカードの登場待ちわびてた人も多いよね

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:パンドラの宝具箱

新しい形のペンデュラムメタ!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

Comment

  1. きりしゅや より:

    これは映画に期待ですね?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,747,682 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑