遊戯王OCGカード考察:超重輝将(ちょうじゅうきしょう)ヒス-E(イー)

公開日: : 最終更新日:2015/11/03 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。

 

 

超重輝将ヒス-E
ペンデュラム・効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻1800/守2800
【Pスケール:青1/赤1】
①:自分は「超重武者」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
②:1ターンに1度、自分フィールドの
「超重武者」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルを1つ上げる。
【モンスター効果】
このカードはルール上「超重武者」カードとしても扱う。
このカードは「超重武者」モンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
このカードの表示形式を変更する。
②:このカードは表側守備表示のままで攻撃できる。
その場合、このカードは守備力を攻撃力として扱いダメージ計算を行う。

 

 

超重武者用のペンデュラムモンスターの1体です。

アークファイブで権現坂昇がクロウ・ホーガン戦で使用たカードであり

超重輝将サン-5と共にペンデュラムスケールをセッティングし、

ペンデュラム召喚に繋げた後ペンデュラム効果でサポートを行っていました。

アニメでは自壊効果が存在しましたがOCG化の際になくなっています。

宝石の翡翠をモチーフにしており超重輝将という新しいカテゴリがついていますが

ルール上超重武者として扱う効果外テキストが付いているので

問題なく超重武者サポートを受ける事が可能です。

 

 

ペンデュラム効果は2つあります。

①は超重武者しかペンデュラム召喚できなくなる制約効果、

②は1ターンに1度、自分の超重武者のレベルを1上げるレベル変動効果です。

どちらも超重武者に関係する効果であり

基本的には超重武者専用のペンデュラムカードだと言えるでしょう。

レベルの変動効果は特に超重武者タマ-Cを使う場合に便利であり

レベルを調整する事でより多くの相手モンスターのリリースが可能になります。

追記:元々の参照なので無理でした、申し訳ありません。

 

勿論シンクロ召喚やエクシーズ召喚のレベル調整にも利用が可能です。

例を挙げればムサーCでレベル4の超重武者を回収してフィールドに並べれば

その後ヒス-Eでレベルを上げてサイバー・ドラゴン・ノヴァに繋げられます。

テンB-Nを特殊召喚できる状況であれば狙える機会も多いです。

 

 

モンスター効果は召喚、特殊召喚した時に表示形式を変更できる効果と

守備表示のまま守備力を攻撃力扱いで戦闘が行える効果を持っており、

どちらも超重武者ビッグベン-Kと共通するものです。

それに加えて超重武者1体をリリースしてアドバンス召喚できる効果外テキストを持ち

ビッグベン-Kよりも守備力は低めになっているものの2800打点は中々であり

ポストビッグベン-Kのような使い方が可能なモンスターとなっています。

ただし攻撃力の関係上奈落の落とし穴に引っかかる点、

ペンデュラムモンスター故に蘇生が難しい点には留意しておく必要があります。

ホラガ-Eと相性がよくホラガ-Eをリリースしてヒス-Eをアドバンス召喚、

そのままホラガ-Eを蘇生させればスサノ-Oのシンクロ召喚に繋げられます。

 

 

最近の超重武者としては珍しくペンデュラム効果、モンスター効果共に

墓地に魔法罠が無い事を前提とする効果を持っていません。

その為ブラック・ガーデンなど魔法罠を採用するタイプの超重武者であっても

問題なくこのカードを採用する事が可能です。

比較的ビッグベン-Kと同じような運用が出来るカードですので

ビッグベン-Kをメインに扱うデッキであれば採用できるケースも多いでしょう。

 

メカヒスイ

関連記事

クラッキング・ドラゴン:遊戯王カード考察  相手が展開すればするほど大ダメージ!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ第88話『雷鳴の一撃』感想

遊戯王ARC-V88話の感想です。今年最初のアークファイブです。 先週がお休みだったので2週間

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:幻殻竜

クラッシュ・オブ・リベリオン、もうすぐ発売ですね。 今回解説するのはこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:月光(ムーンライト)

ランサーズの逆ハーレム紅一点にして融合次元代表のセレナの扱うムーンライト、 アニメで活躍してい

記事を読む

デーモンの呼び声:遊戯王カード考察 捨てるカードと蘇生するカード両方があるデッキに

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:エンジェル・トランペッター

ついに登場したレベル4バニラチューナー!   今回紹介するのはシャイニング・ビ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM(ランクアップマジック)-デス・ダブル・フォース

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第113話『修羅の渇望』感想

遊戯王ARC-V113話の感想です。 アカデミアのスパイだと判明しながらもランサーズとして様々

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第9話『追い求めてきた敵』感想

遊戯王ヴレインズ第9話の感想です。 ついにプレイメーカーの前に姿を現したリボルバー。 リ

記事を読む

遊戯王OCG:2017年7月の制限改定を個人的に予想してみる

6月になりました。暑い・・・・・・ 5月から遊戯王の新アニメ、遊戯王VRAINSも放送され

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    タマ-Cは元々のレベルでは

  2. 匿名 より:

    サムネェ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:フレッシュマドルチェ・シスタルト 魔法罠を守る優しいシスター

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第28話『三騎士、最後の将』感想

遊戯王ヴレインズ28話の感想です。 惜しくもロンリーブレイブの前

遊戯王カード考察:トラフィックゴースト 待望の下方向3つの汎用LINK-3

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)ザ・マスター・オーガ アタッカーと制圧役どっちも行ける

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:LAN(ラン)フォリンクス 効果なし!その代わり素材指定も一切なし!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

→もっと見る

    • 4,809,724 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑