遊戯王OCGカード考察:超重輝将(ちょうじゅうきしょう)ヒス-E(イー)

公開日: : 最終更新日:2015/11/03 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。

 

 

超重輝将ヒス-E
ペンデュラム・効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻1800/守2800
【Pスケール:青1/赤1】
①:自分は「超重武者」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
②:1ターンに1度、自分フィールドの
「超重武者」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルを1つ上げる。
【モンスター効果】
このカードはルール上「超重武者」カードとしても扱う。
このカードは「超重武者」モンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
このカードの表示形式を変更する。
②:このカードは表側守備表示のままで攻撃できる。
その場合、このカードは守備力を攻撃力として扱いダメージ計算を行う。

 

 

超重武者用のペンデュラムモンスターの1体です。

アークファイブで権現坂昇がクロウ・ホーガン戦で使用たカードであり

超重輝将サン-5と共にペンデュラムスケールをセッティングし、

ペンデュラム召喚に繋げた後ペンデュラム効果でサポートを行っていました。

アニメでは自壊効果が存在しましたがOCG化の際になくなっています。

宝石の翡翠をモチーフにしており超重輝将という新しいカテゴリがついていますが

ルール上超重武者として扱う効果外テキストが付いているので

問題なく超重武者サポートを受ける事が可能です。

 

 

ペンデュラム効果は2つあります。

①は超重武者しかペンデュラム召喚できなくなる制約効果、

②は1ターンに1度、自分の超重武者のレベルを1上げるレベル変動効果です。

どちらも超重武者に関係する効果であり

基本的には超重武者専用のペンデュラムカードだと言えるでしょう。

レベルの変動効果は特に超重武者タマ-Cを使う場合に便利であり

レベルを調整する事でより多くの相手モンスターのリリースが可能になります。

追記:元々の参照なので無理でした、申し訳ありません。

 

勿論シンクロ召喚やエクシーズ召喚のレベル調整にも利用が可能です。

例を挙げればムサーCでレベル4の超重武者を回収してフィールドに並べれば

その後ヒス-Eでレベルを上げてサイバー・ドラゴン・ノヴァに繋げられます。

テンB-Nを特殊召喚できる状況であれば狙える機会も多いです。

 

 

モンスター効果は召喚、特殊召喚した時に表示形式を変更できる効果と

守備表示のまま守備力を攻撃力扱いで戦闘が行える効果を持っており、

どちらも超重武者ビッグベン-Kと共通するものです。

それに加えて超重武者1体をリリースしてアドバンス召喚できる効果外テキストを持ち

ビッグベン-Kよりも守備力は低めになっているものの2800打点は中々であり

ポストビッグベン-Kのような使い方が可能なモンスターとなっています。

ただし攻撃力の関係上奈落の落とし穴に引っかかる点、

ペンデュラムモンスター故に蘇生が難しい点には留意しておく必要があります。

ホラガ-Eと相性がよくホラガ-Eをリリースしてヒス-Eをアドバンス召喚、

そのままホラガ-Eを蘇生させればスサノ-Oのシンクロ召喚に繋げられます。

 

 

最近の超重武者としては珍しくペンデュラム効果、モンスター効果共に

墓地に魔法罠が無い事を前提とする効果を持っていません。

その為ブラック・ガーデンなど魔法罠を採用するタイプの超重武者であっても

問題なくこのカードを採用する事が可能です。

比較的ビッグベン-Kと同じような運用が出来るカードですので

ビッグベン-Kをメインに扱うデッキであれば採用できるケースも多いでしょう。

 

メカヒスイ

関連記事

遊戯王OCGカード考察:マジシャンズ・ナビゲート、イリュージョン・マジック

手札のブラマジを有効利用!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンより

記事を読む

【ヴァレット】:遊戯王テーマ考察  ヴァレルロード・ドラゴンの弾丸として発射され次々と補充されるまさに「弾丸」テーマ

遊戯王VRAINSにおけるテロ組織、ハノイの騎士。 そのリーダー格であるリボルバーの操るテーマ

記事を読む

ドン・サウザンドの契約:遊戯王カード考察

バーンとして使う?それともロックとして使う?   今回紹介するのは20th A

記事を読む

遊戯王カード考察:真竜凰(しんりゅうおう)マリアムネ

やっぱりデッキから除外でした   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)セカンドンキー

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:「A」細胞組み換え装置

エーリアンなんかすっごい強化きた   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ゴヨウ・キング

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

灼銀の機竜(ドラッグ・オン・ヴァーミリオン)遊戯王カード考察  不鵺城の蘇生対象としてうってつけ!

9月9日に海外のカードが多数収録されたEXTRA PACK 2017が発売されます。 今回紹介

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使する財前晃に苦戦するプレイメーカ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スターダスト・チャージ・ウォリアー

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    タマ-Cは元々のレベルでは

  2. 匿名 より:

    サムネェ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
寄生虫パラノイド:遊戯王カード考察 大丈夫、リメイク前よりはグロくないです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

→もっと見る

    • 4,629,400 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑