遊戯王OCGカード考察:ガガガヘッド

今回紹介するのは漫画版遊戯王ZEXAL9巻の付録になっているこのカードです。

 

 

ガガガヘッド
効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2100/守2000
①:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、
このカードはリリースなしでレベル4モンスターとして召喚できる。
②:このカードが召喚に成功した時、
「ガガガヘッド」以外の自分の墓地の「ガガガ」モンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
このターン自分は「ガガガ」モンスターのみを素材としたX召喚以外の特殊召喚ができない。
③:フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このX召喚に成功した場合に発動する。自分はデッキから1枚ドローする。

 

 

さすがはチームガガガ学園のリーダーだ!

 

 

漫画版ZEXAL最終巻の付録カードとして登場した新たなるガガガ学園の仲間です。

漫画版ZEXALにおいて九十九遊馬がアストラル戦で使用したカードであり

その効果で墓地からガガガマジシャンとガガガガールを蘇生させました。

原作ではすんげー頭おかしい事ばかり書かれているトンデモモンスターでしたが

OCG版において大幅に弱体化される事になりました、まあ当然だと思います。

ヘッドと言うだけあり不良のリーダー的存在を思わせる見た目をしています。

学校の不良というイメージに沿ったガガガらしいモンスターだといえるでしょう。

多分ガガガマジシャンやガガガガードナーから兄貴と慕われてるんじゃないでしょうか。

 

 

①の効果は相手フィールドにのみモンスターが存在する場合に

レベル4モンスターとしてリリースなしで召喚できる妥協召喚効果です。

レベルこそ下がりますが攻撃力はそのままであり2100打点として活躍できます。

サイバー・ドラゴンと同じ条件ですが召喚権を使う点には注意しましょう。

 

 

②の効果は召喚に成功した時にガガガヘッド以外のガガガモンスターを

2体まで特殊召喚できるというものです。

ただしこの効果を発動した後、そのターンの間ガガガモンスターのみを素材とし

X召喚以外の特殊召喚が不可能になる制約が発生します。

デメリットこそあるものの、墓地のガガガを2体を蘇生できる強力な効果であり、

また効果を無効にしない為、ガガガマジシャンやガガガシスターの効果も発動可能です。

ガガガモンスターのみを素材にしたエクシーズ召喚しかできない制約ですが

SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニングやランクアップマジックのように

エクシーズモンスターに重ねるタイプのエクシーズ召喚も不可能な点には留意しましょう。

この効果を発動した後に制約が発生する為、その前に特殊召喚するのは問題ありません。

 

 

③の効果はフィールドのこのカードを素材としてエクシーズ召喚したモンスターに

エクシーズ召喚に成功した時に1枚ドローできる効果を付与するというものです。

アステル・ドローンと同じ効果であり手札を補う事が出来る単純ながらも優秀な効果です。

 

 

大分弱体化されましたがまだ結構頭おかしい事書いてあります。

相手フィールドにのみモンスターがいる事や墓地にガガガモンスターが存在している事、

その後の制約を考慮しても強力なカードである事は間違いありません。

このカードを活用できる手段は多種多様に存在します。

 

ガガガマジシャンとガガガシスターを蘇生すればガガガシスターとガガガマジシャンの

レベル変動効果によってランク6×3のエクシーズ召喚と共に1枚ドローが出来ます。

 

またガガガマジシャンとガガガガールを蘇生すればランク4×3のエクシーズ召喚をしつつ

カードを1枚ドロー、さらに相手モンスター1体の攻撃力を0にする事が可能です。

 

ガガガマジシャンとガガガガールを蘇生させあえてガガガヘッドをエクシーズ素材にせず

No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マックのエクシーズ召喚をするのも有効です。

ガガガヘッド自体が攻撃力2100のアタッカーとして参加できる為、

マシュマックの効果と合わせて1ターンキル出来る範囲がさらに広がる事になります。

 

また特殊召喚した場合や①の効果を使わずにアドバンス召喚した場合には

レベル変動効果が発動せずレベル6のままである点も重要なポイントです。

アドバンス召喚してガガガマジシャンとガガガシスターを蘇生すれば

ランク8×3のエクシーズ召喚にまで手が届きます。

【ガガガ】のお約束の動きとしてガガガシスターを召喚してガガガリベンジをサーチ、

そこからガガガモンスターを蘇生させてエクシーズ召喚を狙うものが存在しますが

そのガガガリベンジでガガガヘッドを蘇生させるのも効果的です。

ランク8のエクシーズ召喚をしつつ、カードを1枚ドローする事が出来ます。

 

 

このように様々な動きが可能となるカードでありガガガの飛躍的な強化に繋がる1枚です。

ガガガ使いにとっては是非とも欲しいカードである事は間違いないと思われます。

さあガガガ使いの諸君よ、エクストラデッキの選定に悩め!

 

 

もう一度いいますがこのカード、漫画版に比べて大幅に弱体化しています。

せっかくなので漫画版の効果も紹介しておきましょう。

種族や属性は不明だったのですが効果をまとめるとこんな感じです。

 

①:自分の墓地のモンスターが2体以上存在する場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。
②:このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地に存在する「ガガガ」と名のついたモンスターを
可能な限り自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。
その後、自分フィールドの全ての「ガガガ」モンスターをエクシーズ素材として
自分の墓地の「No.」Xモンスターをエクシーズ召喚扱いで特殊召喚する。
③:フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このX召喚に成功した場合に発動する。
エクシーズ素材になっている「ガガガ」モンスターの数だけ
自分はデッキからカードをドローする。

 

ね?頭おかしいでしょう?

 

ガガガ

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

ガガガカイザー

墓地に指定したいレベルのモンスターを置いておく事が条件になりますが

ガガガヘッドを含めて並べたガガガモンスターのレベルを自由に揃える事が出来ます。

墓地のカード次第で素材3体を要求する好きなランクのエクシーズ召喚が可能です。

またガガガヘッド自身もレベル6に揃える為の墓地コストとして活用できます。

 

 

CNo.5 亡朧龍 カオス・キマイラ・ドラゴン

レベル6×3体で出せるエクシーズモンスターの中でもオススメの1枚です。

強力なデッキロック効果と墓地利用阻害効果を持っており、

フィールドに出す状況次第では完封も狙えるモンスターです。

ガガガヘッドの効果を使えばエクシーズ召喚は難しくないでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:混沌の使者

繰り返し使用できるコンバットトリック!   今回紹介するのはレイジング・テンペ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:命削りの宝札

今回紹介するのは「MILLENNIUM PACK」よりこのカードです。   &

記事を読む

遊戯王カード考察:DDD盤石王ダリウス

これは盤石ですね   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ブレード・バーナー・ファルコン

降り注ぐ火玉 舞い降りるアカデミア エクシーズとかっとビングと未来の街、ハートランドが燃える

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真竜皇(しんりゅうおう)リトスアジムD(ディザスター)

新たなるエクストラデッキメタ降臨   今回紹介するのはレイジング・テンペストよ

記事を読む

影六武衆(かげろくぶしゅう)-ドウジ:遊戯王カード考察  六武衆における墓地肥やし担当、エニシとは相性抜群

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ラーの翼神竜-球体形(スフィア・モード)

初代遊戯王のボス敵存在であり多くのファンを持つ人気カードであるラーの翼神竜。 ですが今までOC

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ゴヨウ・エンペラー

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻影騎士団(ファントム・ナイツ)サイレントブーツ

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:グレイドル・アリゲーター、グレイドル・コブラ

ディメンション・オブ・カオス、一気にカードが判明しましたが、 マイペースに少しずつ紹介していき

記事を読む

Comment

  1. より:

    大量のガガガがそろう事になるので
    あえてエクシーズしないで、ガガガタッグの強化を図ってみるのもいいかと
    手札二枚でモンスター三体に総攻撃力4500アップ、一気加勢三枚分の強化は侮れませんね
    加えて、タッグもシスターですぐに呼び込めるので、
    狙うのはそう難しくないかと

  2. 匿名 より:

    しかしまぁ原作効果でも、レベル合わないし墓地に使いたいエクシーズ置かなくちゃならないとか、
    めんどくさすぎてあんまり…って感じもあるなぁ

  3. 匿名 より:

    ドドドバスター→ヘッド(アドバンス)+シスター+マジシャンでランク8×3orランク6×3
    ヘッド(妥協)+☆4ガガガ構成×2でランク4×3
    魔法使い軸なら4から偶数3体構成可能だけど
    8×3は超銀河ぐらいだし狙う意味がない

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ヴァンパイア・スカージレット 使いやすい蘇生効果を持つ優等生吸血鬼

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイアの支配 ライフ払うどころか逆に回復できる万能カウンター罠

本日いよいよデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズの発売です。

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・グリムゾン せっかくだから俺はこの赤の破壊耐性付与を選ぶぜ

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・フロイライン 手札からポンと出てきて3000攻撃力ポンとくれたぜ(ライフコストいるけど)

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第40話『勝利への渇望』感想

遊戯王ヴレインズ40話の感想です。 前回のあらすじ:ミラ

→もっと見る

    • 5,072,020 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑