遊戯王OCG新カード考察:ゴヨウ・エンペラー

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。

 

 

 

ゴヨウ・エンペラー
融合・効果モンスター
星10/地属性/戦士族/攻3300/守2500
戦士族・地属性のSモンスター×2
①:このカードまたは元々の持ち主が相手となる自分のモンスターが
戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
破壊したそのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
②:相手がモンスターを特殊召喚した時、
自分フィールドの戦士族・地属性のSモンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターのコントロールを得る。
③:表側表示のこのカードがフィールドから離れた時に発動する。
自分フィールドの全てのモンスターのコントロールは、元々の持ち主に戻る。

 

 

飽くなき追跡者の魂と誇り高き捕食者の魂が、今1つとなりて昇華する!

融合召喚!出でよ、荘厳なる捕獲者の血統を受け継ぎし者!ゴヨウ・エンペラー!

 

 

新しく登場したゴヨウの融合モンスターです。

71話でデュエルチェイサー227が遊矢戦で使用したカードであり

ゴヨウ・チェイサーとゴヨウ・プレデターを素材に融合召喚されました。

ロジェ長官が227に渡したカードであり融合次元との関係を明確に匂わせるカードです。

そしてアニメで登場した直後にOCG化する事が判明したカードでもあります。

アニメでは相手の破壊を無効にした上でコントロールを奪取するという

ペンデュラムモンスターも奪える仕様となっていますが残念ながらOCGでは再現されず、

ペンデュラムモンスターを奪取する事が不可能になっています(墓地に行かない為)

 

 

素材に戦士族・地属性のシンクロモンスターを2枚要求される融合モンスターです。

その為普通に融合しようとすると中々骨が折れる事になるでしょう。

このカードを正規融合で出したデュエルチェイサー227は漢です。

しかしミラクル・シンクロ・フュージョンに対応している為、

墓地に戦士族・地属性シンクロモンスターが2体いれば手札1枚で召喚可能です。

戦士族・地属性のシンクロモンスターというのはゴヨウを想定している融合素材ですが

Xセイバーにも該当するシンクロモンスターが多く存在します。

展開力に優れた【Xセイバー】であれば墓地にシンクロモンスターも溜めやすく

ゴヨウ・エンペラーの融合召喚も狙いやすいでしょう。

またデビル・フランケンの効果でも場に出す事が可能です。

 

 

①の効果はこのカードか相手から奪取したモンスターで

相手モンスターを戦闘破壊して墓地に送った時にそのモンスターを奪取できます。

ゴヨウシリーズでは御馴染みとなった相手のモンスターをゴヨウする効果ですが

一切のデメリットなしでゴヨウしたモンスターで攻撃できる点、

さらに奪ったモンスターにもゴヨウする効果を付与する点が大きな特徴です。

状況次第で攻撃力の高い順に相手モンスターを戦闘破壊して奪取していけば

相手モンスターを根こそぎゴヨウ出来るという恐ろしい効果です。

ゴヨウエンペラー自身の攻撃力も3300と高く、戦闘破壊は容易でしょう。

ただしアニメと違って相手モンスターを墓地に送る必要が存在する為、

ペンデュラムモンスターを奪取する事が不可能な点は非常に痛い所です。

 

 

②の効果は相手がモンスターを特殊召喚した時に発動できる効果で

自分フィールドの戦士族・地属性シンクロモンスターを1体リリースする事で

特殊召喚したモンスターを奪取する事が可能です。

アニメに登場したゴヨウ・キングを意識している効果だと言えるでしょう。

相手の特殊召喚を抑制する強力な効果ですがリリース要員として

シンクロモンスターを要求する為、発動条件を満たすのには少々難儀すると思われます。

【Xセイバー】であれば既に効果を使用しているXX-セイバー ヒュンレイなどを

リリース要員にすれば無駄が少ないでしょう。

ゴヨウエンペラーに耐性が存在しない点も痛手でゴヨウエンペラーと

効果の発動には戦士族・地属性のシンクロの両方を場に維持する必要が出てきます。

しかし特にペンデュラム召喚に対しては強力な性能を発揮する効果であり、

ペンデュラム召喚された相手のカードを根こそぎ奪取する事が可能になります。

 

 

③の効果はデメリット効果と言えるものです。

表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動し、

奪取していた相手のカードを全て相手に返してしまう事になります。

ゴヨウエンペラーは耐性の類が存在しない為に除去がされやすく

この効果の発動を狙われてしまう事も多いでしょう。

それを防ぎたい場合は神縛りの塚などで耐性を付与するといいでしょう。

またエクシーズ素材にした場合にはこの効果が発動しない為、

他にレベル10のモンスターを用意してエクシーズ召喚するのも有効です。

 

 

相手に反撃されると弱いという弱点こそ存在しますが

重い素材に見合った強力な奪取効果を持ったモンスターです。

ミラクル・シンクロ・フュージョンで出せる融合モンスターの中でも強力な一体であり

デビル・フランケンの効果で出す場合にも有力な候補となるでしょう。

 

 

デュエルチェイサー2

「でもやっぱりペンデュラムも奪いたかったなぁ・・・」

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

ギャラクシー・クィーンズ・ライト

自分フィールドのモンスターのレベルを統一できるカードです。

相手のモンスターを奪った後にゴヨウ・エンペラーと同じ10レベルに統一すれば

そのまま奪ったモンスターでランク10のエクシーズ召喚に繋げられます。

エクシーズ素材にしてしまえばゴヨウ・エンペラーが除去されたとしても

相手に返す必要がなくなりますしグスタフマックスにつなげれば

そのまま相手のライフを削りきれるケースも増えるでしょう。

ゴヨウエンペラー自身をエクシーズ素材にする補助としても役立ちます。

 

 

FNo.0 未来皇ホープ

ゴヨウした相手のモンスターがエクシーズであった場合はこちらです。

エクシーズデッキはランクが統一されているものが主流である為

奪ったエクシーズモンスター2体で未来皇ホープに繋げられる事も多いです。

いざという時に1枚エクストラデッキに忍ばせておく価値はあるでしょう。

ただしナンバーズをエクシーズモンスターに出来ない点は注意が必要です。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:サモン・ゲート

あ、やっぱり禁止カード行きってそういう扱いなんですね   今回紹介するのはイン

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン

7月9日に新パック「インベイジョン・オブ・ヴェノム」が発売されます! 今回紹介するのはそのイン

記事を読む

遊戯王アークファイブ第71話『白銀の剣』感想

遊戯王ARC-V71話の感想です。 次回予告の時点でシンクロ次元の闇がひしひしと感じられる今回

記事を読む

遊戯王アークファイブ第125話『烈火の竜』感想

遊戯王ARC-V125話の感想です。 寄生虫に操られた瑠璃、セレナとデュエルを行う遊矢とユート

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青眼の双爆裂龍(ブルーアイズ・ツイン・バースト・ドラゴン)

今回紹介するのはVジャンプの2月号に付録されるこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マグネット・フィールド

どちらか片方だけでも物凄く強いのに・・・   今回紹介するのはストラクチャーデ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:DDD怒濤壊薙王(どとうかいちおう)カエサル・ラグナロク

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ブランコブラ

たかが攻撃力300、だがしかし・・・   今回紹介するのはスターターデッキ20

記事を読む

ペンデュラム・フュージョン:遊戯王カード考察

融合召喚の新しい可能性!   今回紹介するのはPREMIUM PACK 19よ

記事を読む

遊戯王OCG:「電影の騎士ガイアセイバー」から考えるリンクモンスターの傾向予測、まだ不明瞭な点など

リンク召喚の登場と新マスタールールにおけるエクストラデッキの制限により 遊戯王の環境が激変、各

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,205,909 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑