遊戯王OCG新カード考察:No.(ナンバーズ)93 希望皇ホープ・カイザー

公開日: : 最終更新日:2016/02/04 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG , ,

今回はザ・ヴァリアブル・ブック18の付属カードであるこのカードの紹介です。

 

 

No.93 希望皇ホープ・カイザー
エクシーズ・効果モンスター
ランク12/光属性/戦士族/攻2500/守2000
X素材を持った同じランクの「No.」Xモンスター×2体以上
①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカードのX素材の種類の数まで、
エクストラデッキからランク9以下で攻撃力3000以下の
「No.」モンスターを効果を無効にして特殊召喚する(同じランクは1体まで)。
その後、このカードのX素材を1つ取り除く。
このターン、相手が受ける戦闘ダメージは半分になり、
自分はモンスターを特殊召喚できない。
②:自分フィールドに他の「No.」Xモンスターが存在する限り、
このカードは戦闘・効果では破壊されない。

 

 

万界に散りし我が魂の祈りよ! 今こそこの手に集いその姿を現せ!
現れろ!ナンバーズの真の皇よ!! No.93 希望皇ホープ・カイザー!!!

 

漫画版ZEXALにてアストラルが対遊馬戦で使用したナンバーズの真の皇です。

ラスボスに相応しく4体のナンバーズを使った豪快なエクシーズ召喚をしました。

漫画では「相手のカードを受けない、戦闘破壊もされない、ダメージも0にする」という

いくらラスボスだからってちょっとやりすぎ感漂う耐性を持っていました。

他にも様々な効果を持っていましたがさすがにOCG化に伴い大幅に弱体化しています。

初となるランク12のエクシーズモンスターであり、

現在OCG化しているエクシーズの中で最高のランクを誇るエクシーズでもあります。

ただ攻撃力守備力は通常の希望皇ホープと同じ数字になっています。

 

 

①の効果は1ターンに1度、X素材の種類の数までエクストラデッキから

「ランク9以下」「攻撃力3000以下」「No.」「同じランクは1体まで」

という条件を満たすモンスターを効果を無効にして特殊召喚する効果です。

その後エクシーズ素材を取り除き、そのターン特殊召喚できなくなるデメリットと

相手に与える戦闘ダメージが半減するデメリットが発生します。

なんといいますかこう

「1キルできないように精一杯注意を払いました」

という心遣いがとっても感じるデメリットです。

効果を無効にしてしまう点とそのターン特殊召喚できなくなる点から

基本的には単純に攻撃力3000のエクシーズモンスターを呼ぶといいでしょう。

次のターンになれば問題なく特殊召喚は可能になる為、

CX 冀望皇バリアンに繋げられるCNo.104 仮面魔踏士アンブラルや

No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴンに繋げられる

No.107 銀河眼の時空竜などが特殊召喚する狙い目となるでしょう。

相手ターンに能動的に破壊する手段が確保できるのなら

No.53 偽骸神 Heart-eartHを特殊召喚するのも面白いです。

 

効果を発動した後でエクシーズ素材を取り除くというかなり珍しい効果をしています。

これはエクシーズ素材の種類の数が効果に影響する故の処置でしょう。

注意点として特殊召喚できるナンバーズの数は

「エクシーズ素材の数」ではなく「エクシーズ素材の種類の数である事です。

同名カード2枚を素材にホープカイザーをエクシーズ召喚してしまった場合

特殊召喚できるナンバーズは1体だけになってしまうので注意しましょう。

またこの効果の特殊召喚はエクシーズ召喚扱いでない為蘇生制限は満たせません。

 

 

②の効果は自分の場に他のナンバーズがいる場合破壊耐性を得るものです。

しかし基本的にこのカードを召喚する時に他のナンバーズが存在する場面は

あまり無いと思うので奈落の落とし穴や激流葬は防げない可能性が高いです。

最近は効果以外の除去手段も豊富なので耐性としては心もとない部類です。

相手ターンにブラックホールの使用を躊躇わせたりなどは出来るでしょう。

 

 

「エクシーズ素材を持った同じランクのナンバーズ2体以上」という

かなり特殊な素材を要求するエクシーズモンスターです。

エクシーズ素材を持っている必要がある事が中々厄介で

墓地のエクシーズを蘇生させて、といった事は難しいです。

基本的には4体以上同じレベルのモンスターを揃える事になるでしょう。

1番召喚しやすいのはランク1のエクシーズをメインに狙うデッキでしょう。

金華猫やクリボルトの効果を駆使すればフィールドに4体並べるのは

難しくなく、場合によっては3体以上の素材でホープカイザーを出せます。

 

他にはペンデュラム召喚をメインとするデッキでも召喚が狙えます。

ペンデュラム召喚の土台を整える事さえできれば

同じレベルのモンスターを4体並べるのは難しくないでしょう。

 

いっその事このカードの召喚自体は狙わずゲール・ドグラ等で墓地に落とし

CX 冀望皇バリアンの効果でホープ・カイザーをコピーしてしまうのも手です。

こちらの方がオーバーレイユニットが多い状況で効果を使いやすく。

4体のナンバーズを一気に特殊召喚する事も現実的に可能になります。

 

 

このカードを使う上で1番の問題はやはりエクストラデッキの枠になるでしょう。

ホープカイザー自体が2体以上のナンバーズを素材にする必要がある上に

効果でも複数のナンバーズをエクストラデッキから特殊召喚します。

もし複数回効果を発動する事を想定するなら更に枠は圧迫する事になります。

もしホープカイザーの効果を最大限に発揮しようとするなら

それに特化したエクストラデッキの構成が必要になってくるでしょう。

 

アストラル1

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

オーバーレイ・リジェネレート

エクシーズモンスターのオーバーレイユニットを1つ増やす魔法カードです。

ホープカイザーの効果は発動時のエクシーズ素材の種類の数に影響される為、

素材の数を増やす事は大きな意味を持ちます。

 

 

安全地帯

なんだかんだでホープカイザーの耐性は心もとないものである為

耐性を付与できる安全地帯の存在はありがたいです。

あらかじめセットしておけばホープカイザーの召喚時に

奈落の落とし穴や激流葬を撃たれてもホープカイザーを守れます。

またフィールドにナンバーズを出した後なら安全地帯が除去されても

ホープカイザーが破壊される事がなくなります。

関連記事

スローライフ:遊戯王カード考察  通常召喚一切活用しないデッキって結構少ないんですよ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹介するのはそれのプロモーション

記事を読む

Re:EX(レックス):遊戯王カード考察  2700打点まで届く下級恐竜族の脳筋担当!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)キングベアー

レベル7以上ならなんでもサルベージ!   今回紹介するのは今回紹介するのは20

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マジシャンズ・ロッド

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。    

記事を読む

比翼レンリン:遊戯王カード考察  サイバー・ダークの為にあるようなユニオン、それ以外にも相性がいいモンスターも・・・

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:業炎のバリア -ファイヤー・フォース-

一気にカードが判明しましたのでどんどん紹介していきます。 今回紹介するのはディメンション・オブ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ライトロード・セイント ミネルバ

シンクロ次元篇、続きが気になって仕方ありません。 毎回予告がずるいんですよアークファイブって。

記事を読む

寄生虫パラノイド:遊戯王カード考察 大丈夫、リメイク前よりはグロくないです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:煉獄の騎士(テラナイト) ヴァトライムス

プトレマイオス闇堕ちしました   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,475,680 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑