遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)ヘルプリンセス

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。

 

 

 

EMヘルプリンセス
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1200/守1200
①:自分が「EMヘルプリンセス」以外の
「EM」モンスターの召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

 

 

新たに判明したエンタメイトの仲間です。

アークファイブにおいて榊遊矢が対流れ星ヨーコ戦で使用したカードです。

スマイル・ワールドによって笑顔で殴りつけてくるのは中々に狂気でした。

名前の由来は「ヘルプ」と「プリンセス」を掛け合わせたものでしょう。

受話器と指付きのステッキからアドバイザー的な意味のヘルプなのでしょう。

間違っても「Hell Princess」ではないはずです。たぶんきっと。

主役の使うカードとしてはトランプ・ウィッチに続く2枚目のアイドルカードと言えます。

トランプ・ウィッチよりもかなり露骨に「萌え」を意識しているように思います。

 

 

その効果はヘルプリンセス以外のエンタメイトが召喚・特殊召喚された時に

手札から特殊召喚できるという非常にシンプルなものです。

エンタメイト専用のカゲトカゲとも言える効果ですがこの手のカードとしては

召喚、特殊召喚の両方に対応している事が大きな特徴といえます。

ドクロバット・ジョーカーやペンデュラム・マジシャン、EMコール等

サーチ手段に優れておりカゲトカゲとの差別化は十分に果たしています。

エンタメイトにおいてはペンデュラムに依存しない展開手段の1つであり、

特にランク4のエクシーズ召喚を狙う際には重宝するでしょう。

またEMプラスタートルに合わせて特殊召喚すればランク5も狙う事が可能です。

エクシー召喚をメインとするエンタメイトでこそ真価を発揮するカードと言えるでしょう。

 

 

何気にエンタメイトとしては初の戦士族モンスターでもあります。

ですがそれ故に他のエンタメイトと種族サポートを共有しにくい弱点も持っています。

ただ闇属性なのでシルバー・クロウやドクロバット・ジョーカーと合わせて

No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートルのエクシーズ召喚が狙えます。

 

 

 

お前を消す方法

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

 

エンペラー・オーダー

カゲトカゲと同じく特殊召喚効果を無効にして1枚ドローする事が可能です。

エンタメイトはEMセカンドンキーやEMフレンドンキーなど

召喚成功時に効果を発動するカードも数多く存在している為、

同時に2枚ドローできる機会も多いです。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:波紋のバリア -ウェーブ・フォース-

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

影六武衆(かげろくぶしゅう)-フウマ:遊戯王カード考察  効果も優秀だしチューナーとしても優秀

今回紹介するのはスピリット・ウォリアーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王テーマ考察:【パラディオン】とにかくひたすら1体のリンクを強化する

星遺物を巡るOCGのストーリー、 その5つ目のテーマであるパラディオンが登場しました。

記事を読む

遊戯王アークファイブ第79話『覚醒する魔導剣士』感想

遊戯王ARC-V79話の感想です。 素良のファインプレーにより落ち着きを取り戻した遊矢。

記事を読む

鎖龍蛇(さりゅうじゃ)-スカルデット:遊戯王カード考察 今度のリンク4は優秀な手札交換効果付き

エクストリーム・フォース、いよいよ明日発売です。 カードの情報も色々と判明したみたいですね。

記事を読む

FNo.(フューチャーナンバーズ)0 未来皇ホープ-フューチャー・スラッシュ:遊戯王カード考察

墓地にナンバーズを溜めて一気に勝負を決めろ!   2月24日にザ・ヴァリュアブ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第127話『リバイバル・ゼロ』感想

遊戯王ARC-V127話の感想です。 赤馬零王の元いた世界ではズァークがモンスターと1つになり

記事を読む

クリア・エフェクター:遊戯王カード考察

ドローしつつ耐性付与!   今回紹介するのは20th ANNIVERSAR

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:刻剣(こっけん)の魔術師

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ゴールド・ファング

脳筋型エンタメイトの新しいお供   今回紹介するのは8月1日に発売された

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

→もっと見る

    • 5,411,519 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑