遊戯王カード考察:閃刀姫(せんとうき)-カイナ ハヤテと合わせて左下と右下にリンクマーカー

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。

 

 

閃刀姫-カイナ
リンク・効果モンスター
地属性/機械族/攻1500/LINK-1
【リンクマーカー:右下】
\ ↑ /
←   →
/ ↓
地属性以外の「閃刀姫」モンスター1体
自分は「閃刀姫-カイナ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターは相手ターン終了時まで攻撃できない。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分が「閃刀」魔法カードの効果を発動する度に、自分は100LP回復する。

 

 

閃刀姫の新しい決戦モードとなる地属性機械族のLINK-1です。

黄色のアーマーを装着したモードです。

巨大なマニピュレーターを4つ装着し脚部も地面を砕くぐらいのパワーを出せるようで

恐らくは近接戦闘及び作業、工作用のモードなのでしょう。

マニピュレーターはワイヤーで繋がっており伸ばす事も出来るようです。

何気にレイがこんな感じの片足を上げた東方不敗みたいな構えをしているのが特徴です。

中国拳法の心得でもあるんでしょうかこの子、格闘戦する気マンマンですね。

左手なんか勝鬨君がやったみたいにかかってこいって感じで手招きしてます。

結構ノリノリですねこの子

カイナとは腕の事で4つあるマニピュレーターを端的に表した名前ですね。

漢字にすると「閃刀姫-腕」ですね。

 

 

【リンクマーカー:右下】
地属性以外の「閃刀姫」モンスター1体
自分は「閃刀姫-カイナ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

リンク素材には地属性以外の閃刀姫モンスター1体、

まあ同名カード以外の閃刀姫1体と大体お馴染み意味合いであり

1ターンに1度しか特殊召喚できない点も含めて他の閃刀姫リンクと共通です。

リンクマーカーは右下に1つと丁度閃刀姫-ハヤテと左右対称になっています。

カイナを素材にハヤテのリンク召喚、もしくその逆が可能なので

順番にリンク召喚をしていく事で左下と右下それぞれにEX召喚枠を作り出せます。

閃刀姫-カガリと相互リンクが可能な点は今後何か意味が出てくるかもしれませんね。

 

 

①:このカードが特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターは相手ターン終了時まで攻撃できない。

①の効果は特殊召喚に成功した場合に

相手の表側表示モンスター1体の攻撃を

相手ターン終了時まで封じるという攻撃抑止効果です。

閃刀姫-レイの効果で相手バトルフェイズ中に特殊召喚する事で

攻撃の抑止として機能します。

自分ターンに発動した場合素材に使われてしまうなどで対処される可能性もありますが

既に場に出ているエース格に対して使うのであれば意味があります。

発動した後は別の閃刀姫リンクにバトンタッチしてしまうのがいいでしょう。

 

 

②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分が「閃刀」魔法カードの効果を発動する度に、自分は100LP回復する。

②の効果はモンスターゾーンに存在している間

閃刀と名の付く魔法カードを発動する度に100ライフを回復するというものです。

微々たる回復量ですが閃刀姫関連の魔法カードは1ターンに何度も発動できる機会が多く

ちょっとしたライフコストの足しぐらいにはなってくれます。

ビッグバンガールあたりと合わせると悪用できそうな雰囲気はあるのですが

閃刀魔法カードの多くがメインモンスターゾーンにカードが無い事が発動条件なので

そう上手くはいかないのが残念な所です。

こう、永続魔法か永続罠あたりで回復をトリガーにする効果持ちがあれば

悪用できそうな感じはしますね。

 

 

既に閃刀姫が大活躍している事もあってか閃刀姫リンクの中でも控えめな性能です。

とはいえ特殊召喚しただけで発揮できる効果を持っている為

決して無駄になるような存在ではなく1ターンに墓地へ送れる閃刀姫も増える為

貪欲な壺なども使いやすくなるでしょう。

特にハヤテと連続してリンク召喚する事で疑似的に左下と右下の両方にマーカーを作れる為

閃刀姫-レイや閃刀機-ホーネットビット1枚から

EXデッキ召喚枠を2つ作り出せるのは大きなポイントです。

ハヤテやレイ、ホーネットビットなどと合わせて

EXデッキ召喚枠を確保したいデッキに出張させる事も考えられるでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)パッシングライダー

スピードロイド初のペンデュラムモンスター!   今回紹介するのは10月21日に

記事を読む

ビットルーパー:遊戯王カード考察 上位互換いるけど差別化は割とできる方

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

無差別崩壊:遊戯王カード考察  ギャンブルカードの中でもかなり使いやすいです

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第54話『戦慄のバトルドローン』感想

遊戯王ヴレインズ54話の感想です。 前回のあらすじ:御覧のアニメはガンゲイルオンライン

記事を読む

エクスコード・トーカー:遊戯王カード考察  今度のコード・トーカーはメインモンスターゾーン向き

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真青眼の究極竜(ネオ・ブルーアイズ・アルティメットドラゴン)

原作通りの3回攻撃を実現!   4月23日にTHE DARK SIDE OF

記事を読む

遊戯王OCG:2018年10月の制限改定を個人的に予想してみる

9月になりました。まだ死ぬほど暑いんですけど! こんなの残暑じゃないよ!残酷暑だよ! そ

記事を読む

遊戯王カード考察:熾天龍(してんりゅう) ジャッジメント 墓地にチューナーを揃えるには

今回紹介するのはVジャンプ7月号の応募者全員サービス、 レジェンダリードラゴンズで配布されるこ

記事を読む

遊戯王OCG新テーマ考察:SR(スピードロイド)

ハイスピード・ライダーズに収録されるカードも少しずつ判明してきましたね。 やはり予想通りといい

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:アモルファージ

シャイニング・ビクトリーズに登場する新しいテーマが判明しました。 その名も「アモルファージ」、

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    何か某スタンド使いよろしくアームでオラオラしながら戦いそうだ(笑

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,949,393 総合計アクセス数
  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑