遊戯王カード考察:ヴェンデット・バスタード そこそこの攻撃力と後続への繋げやすさ

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。

 

 

 

ヴェンデット・バスタード/Vendread Battlelord
儀式・効果モンスター
星7/闇属性/アンデット族/攻2700/守   0
「ヴェンデット」儀式魔法カードにより降臨。
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地から「ヴェンデット」カード1枚を除外し、
カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。
このターン、相手は宣言した種類のカードの効果を発動できない。
②:儀式召喚したこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから儀式モンスター1体を手札に加え、
デッキから「ヴェンデット」モンスター1体を墓地へ送る。

 

 

ヴェンデットの新規となる闇属性アンデット族のレベル7儀式モンスターです。

前進が骨で出来たような異形の怪物です。

同じく人骨をあしらえた禍々しい剣が特徴的ですね。

バスタードとは主にスラングとして様々な意味を持つ言葉ですが

恐らくこの場合は「雑種」といった意味で使われていると思われます。

様々なものを混ぜ合わせてこのモンスターが出来上がったのでしょう。

ファンタジー作品などでバスタードソードって聞いた事ある人もいると思いますが

これも様々な用途に使える事から雑種剣という意味で名づけられています。

ちなみに英語圏では印象のよろしくない言葉の為あまり使われません。

海外名は「Battlelord(戦いの支配者)」と正統派な名前になってますね。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地から「ヴェンデット」カード1枚を除外し、
カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。
このターン、相手は宣言した種類のカードの効果を発動できない。

①の効果は1ターンに1度、墓地からヴェンデットを除外する事で

モンスター、魔法、罠のいずれかを宣言して発動、発動したターンは

宣言した種類のカードを相手に発動できなくさせる行動妨害効果です。

発動を封じるの相手だけなのでこちらは一方的にカードを使う事が可能ですが

自分ターンにしか発動できないので封じられるカードは限られてきます。

主に破壊された時に発動する効果などを封じたり

攻撃反応罠などを封じて安全に攻撃したりといった使い方をする事になるでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:儀式召喚したこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから儀式モンスター1体を手札に加え、
デッキから「ヴェンデット」モンスター1体を墓地へ送る。

②の効果は1ターンに1度、

儀式召喚している状態でフィールドから墓地へ送られた場合に

デッキから儀式モンスター1体を手札に加えつつさらに

ヴェンデットモンスター1体をデッキから墓地に送るサーチ&墓地肥やし効果です。

儀式の下準備に対応しているヴェンデットはリヴェンデット・スレイヤーのみの為

それ以外の儀式モンスターをサーチする手段として役立つ他

墓地肥やし効果もヴェンデットにとって非常にありがたいものとなっています。

リヴェンデット・スレイヤーにも言える事ですが

このカードを素材にアドヴェンデット・セイヴァーのリンク召喚に繋げる事で

②の効果を発動しつつその効果で墓地に送ったヴェンデットを

すぐさま手札に回収する事もできます。

ちなみにサーチする儀式モンスターはヴェンデットに限らないので

他の儀式モンスターを混ぜている場合そちらをサーチする事も可能です。

 

 

攻撃力2700とヴェンデット・エグゼクターに次ぐステータスを持ちつつ

②の効果で破壊されたとしても後続に繋げていく事が可能となっています。

ヴェンデット・コアを素材に儀式召喚すれば対象耐性が付与される為

除外やバウンスもされにくくなりより②の効果が狙いやすくなります。

またレベル7というのは丁度ヴェンデット・ヘルハウンドと

ヴェンデット・レヴナントの合計レベルであり

この2体が除外されていればヴェンデット・リユニオンから儀式召喚も狙えます。

この状態だと毎ターンフリーチェーンで除去をばかすか上に

破壊しても後続に繋げてくると相手にとって以上にいやらしい存在となります。

関連記事

遊戯王カード考察:弩弓部隊(どきゅうぶたい) 割とサンダー・ブレイクと差別化はできます

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:降竜の魔術師(こうりゅうのまじゅつし)

ドラゴン族絶対殺すマンのお供に   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:トラミッド・ハンター、トラミッド・ダンサー

フィールド魔法をガンガン張り替えろ!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュー

記事を読む

隠密忍法帖(おんみつにんぽうちょう):遊戯王カード考察  ようやくあのカードが有効活用できます

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ第80話『次元を超えた再開』感想

遊戯王ARC-V80話の感想です。 「使えないカードなんてない」という事を周囲に伝える事が出来

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第28話『三騎士、最後の将』感想

遊戯王ヴレインズ28話の感想です。 惜しくもロンリーブレイブの前に敗れてしまったインヴェルズ。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ホールディング・レッグス

今回紹介するのはMILLENNIUM PACKよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:星遺物に響く残叫(せいいぶつにひびくざんきょう) このままではお兄ちゃんが闇堕ちしてしまう

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:イタチの大暴発

お前たちは“この世で一番美しい白い花”を汚した! わかっているはずだな!白を汚したものはどうなるか

記事を読む

遊戯王カード考察:フレッシュマドルチェ・シスタルト 魔法罠を守る優しいシスター

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:死霊王 ドーハスーラ 何気にアンデット族以外でも有用

本日9月22日、ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-が発売され

ソード・ワールド2.5ルールブックⅡ登場!新種族「メリア」やバードやフェアリーテイマーなどの仕様変更など

ソード・ワールド2.0のバージョンアップとなるソード・ワールド2.5。

遊戯王カード考察:コード・ジェネレーター マイクロ・コーダーやコード・ラジエーターの仲間が増えました

Vジャンプ11月号が9月21日に発売されます。 今回紹介するのは

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第69話『果たすべき使命』感想

遊戯王ヴレインズ69話の感想です。  

遊戯王カード考察:ヴェンデット・アニマ 除外された他のヴェンデットを再利用

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。

→もっと見る

    • 5,646,432 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑