遊戯王テーマ考察:【プランキッズ】 融合+リンク召喚!相手ターンにも展開しまくって妨害する

デッキビルドパック ヒドゥン・サモナーズに登場する新テーマ、

1つの家でどったんばったん大騒ぎを繰り広げる

そんな悪ガキ集団プランキッズについて紹介したいと思います。

 

 

プランキッズ・パルス
効果モンスター
星1/風属性/雷族/攻 0/守2000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが「プランキッズ」モンスターの、
融合素材またはリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「プランキッズ・パルス」以外の「プランキッズ」カード1枚を墓地へ送る。
その後、手札・デッキから「プランキッズ・パルス」以外の
「プランキッズ」モンスター1体を守備表示で特殊召喚できる。

 

プランキッズ・ランプ
効果モンスター
星3/炎属性/炎族/攻1500/守 500
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが「プランキッズ」モンスターの、
融合素材またはリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
相手に500ダメージを与える。
その後、手札・デッキから「プランキッズ・ランプ」以外の
「プランキッズ」モンスター1体を守備表示で特殊召喚できる。

 

プランキッズ・ドロップ
効果モンスター
星2/水属性/水族/攻1000/守1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが「プランキッズ」モンスターの、
融合素材またはリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
自分は1000LP回復する。
その後、手札・デッキから「プランキッズ・ドロップ」以外の
「プランキッズ」モンスター1体を守備表示で特殊召喚できる。

 

プランキッズ・ロケット
融合・効果モンスター
星5/炎属性/炎族/攻2000/守 0
「プランキッズ」モンスター×2
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
このターンこのカードは、攻撃力が1000ダウンし、
さらに直接攻撃もできる。
②:このカードをリリースし、融合モンスター以外の
自分の墓地の「プランキッズ」モンスター2体を
対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

 

プランキッズ・ウェザー
融合・効果モンスター
星5/水属性/水族/攻2000/守 0
「プランキッズ」モンスター×2
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の「プランキッズ」モンスターが攻撃する場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
②:相手ターンにこのカードをリリースし、融合モンスター以外の
自分の墓地の「プランキッズ」モンスター2体を
対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン戦闘では破壊されない。

 

プランキッズ・ハウスバトラー
融合・効果モンスター
星10/風属性/雷族/攻3000/守3000
「プランキッズ・ランプ」+「プランキッズ・ドロップ」+「プランキッズ・パルス」
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードをリリースして発動できる。
相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが相手によって墓地へ送られた場合、
融合モンスター以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

プランキッズ・ドゥードゥル
リンク・効果モンスター
風属性/雷族/攻2000/LINK-2
【リンクマーカー:左/下】
\ ↑ /
  →

「プランキッズ」モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「プランキッズ」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
②:このカードをリリースし、リンクモンスター以外の
自分の墓地の「プランキッズ」カード2枚を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのカードを手札に加える。

 

プランキッズ・バウワウ
リンク・効果モンスター
炎属性/炎族/攻2000/LINK-2
【リンクマーカー:右/下】
\ ↑ /
←  

「プランキッズ」モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのリンク先の「プランキッズ」モンスターの攻撃力は1000アップする。
②:相手ターンにこのカードをリリースし、リンクモンスター以外の
自分の墓地の「プランキッズ」カード2枚を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのカードを手札に加える。
また、このターン自分フィールドの「プランキッズ」モンスターは相手の効果では破壊されない。

 

プランキッズ・ロアゴン
リンク・効果モンスター
水属性/水族/攻3000/LINK-4
【リンクマーカー:上/左/右/下】

←   →

「プランキッズ」モンスター2体以上
このカードはリンク召喚でしか特殊召喚できない。
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードをリリースして発動できる。
相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが相手によって墓地へ送られた場合、
リンクモンスター以外の自分の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 

プランキッズ・ハウス
フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「プランキッズ」モンスター1体を手札に加える事ができる。
②:1ターンに1度、
自分が「プランキッズ」融合モンスターの融合召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドの全てのモンスターの攻撃力は500アップする。
③:1ターンに1度、
自分が「プランキッズ」リンクモンスターのリンク召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力は500ダウンする。

 

プランキッズ・プランク
永続魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札から「プランキッズ」カード1枚を捨てて発動できる。
自分フィールドに
「プランキッズトークン」(炎族・炎・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。
このトークンはリリースできない。
②:自分エンドフェイズに「プランキッズ・プランク」以外の
自分の墓地の「プランキッズ」カード3枚を対象として発動できる。
そのカード3枚をデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 

プランキッズの大暴走
速攻魔法
①:自分・相手のメインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドから、
「プランキッズ」融合モンスターによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
このカードの発動後、
ターン終了時まで自分は「プランキッズ」モンスターしか召喚・特殊召喚できない。

 

プランキッズの大作戦
永続罠
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに発動できる。
自分フィールドの「プランキッズ」モンスターを素材として
「プランキッズ」リンクモンスター1体をリンク召喚する。
②:相手モンスターの攻撃宣言時に墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の墓地の「プランキッズ」カードを任意の数だけ選んでデッキに戻し、
その攻撃モンスターの攻撃力はターン終了時まで戻した数×100ダウンする。

 

 

テーマの特徴を挙げると以下の通りです。

・電気や水道などの家庭のインフラ設備をモチーフにした悪戯っ子達である

・水属性水族、炎属性炎族、風属性雷族の3種類に分かれている

・融合召喚とリンク召喚の両方を行い

相手ターンでの融合召喚、リンク召喚も積極的に狙っていく

・アドバンテージ確保能力がとにかく高く相手の妨害も得意

・犬が何したって言うんだ

炎、電気、水が子供の姿になったような見た目をしています。

恐らくはガスや水道などの家庭のインフラをモチーフにしているのでしょう。

恐らく名前は悪戯を意味するプランク+キッズであり

その名の通り悪戯好きな子供たちなのでしょう。

もう見た目からして悪ガキと呼ぶのが相応しいですね。

どことなくカートゥーン風のデザインでありペガサスが好きそうなテーマです。

どうやら機械と同化、変形する能力を持っているようで

融合モンスターはロケットやお手伝いロボットに憑依したような姿となっています。

専用の融合カードであるプランキッズの大暴走では

彼らが乗り移る対象であろうロケットやお手伝いロボットが描かれています。

家の中にロケットがある時点でどうやらここは普通の家ではなく

なんらかの科学者の家である可能性が高いですね。

そうなるとプランキッズもその科学者に生み出された存在なのかもしれません。

 

どうやら家で狩っている犬とは仲が悪いようで

リンク関連では犬を追い払おうとしている様子が描かれています。

多分この犬は番犬としてプランキッズの悪戯から家を守ろとしているのでしょう。

この犬は泣いていいと思います

 

 

ヒドゥン・サモナーズの新テーマはいずれも

「リンク召喚+なんらかの召喚法」というのがコンセプトになっていますが

プランキッズの場合はリンク召喚+融合召喚がコンセプトになっています。

メインデッキのプランキッズ達はプランキッズの融合素材かリンク素材になった場合に

他のプランキッズをデッキから特殊召喚する効果を持っており

融合召喚やリンク召喚を行う事がそのまま展開やアドバンテージに繋がります。

さらに融合モンスターやリンクモンスターも自身をリリースする事で

特殊召喚やサルベージ、相手カードの破壊といった効果を発動可能であり

とにかく融合召喚やリンク召喚をした矢先にそれをリリースして場をかき乱すという

実にしっちゃかめっちゃかした忙しいデュエルを展開する事が可能です。

戦闘補助に関する効果を持ったカードも多く、

融合召喚やリンク召喚をして攻撃し

バトルフェイズが終わったらリリースしてアドバンテージに繋げる

といった動き方が基本となるでしょう。

 

 

メインデッキのプランキッズ達は融合素材やリンク素材になるだけで

他のプランキッズを特殊召喚しつつさらに

墓地肥やしはダメージ、回復を行うという非常に優秀な効果を持っていますが

1ターン1度の制約が存在します。

この制約自体は今の時代大抵のモンスターが持っているものですが

このテーマの場合メインデッキのモンスターが3種類しかいない関係で

他のテーマ以上にこの制約が枷としてのしかかってきます。

それを解消する手段が相手ターンでの融合召喚やリンク召喚であり

専用の速攻融合魔法であるプランキッズの大暴走や

相手ターンにリンク召喚を行えるプランキッズの大作戦によって

積極的に相手ターンにもプランキッズの効果を発動していく事になります。

特にプランキッズ・ウェザーとブランキッズ・バウワウは

相手ターンにリリースする事でプランキッズに耐性を付与できる為、

相手ターンに出してそのままリリースするだけでも非常に強いです。

 

 

エースモンスターには融合モンスターのプランキッズ・ハウスバトラーと

リンクモンスターのプランキッズ・ロアゴンが存在しています。

どちらも攻撃力3000という高い打点を誇っており

これにプランキッズ・ハウスやウェザー、バウワウによる戦闘補助まで加わるので

アタッカーとして大いに活躍させる事が出来るでしょう。

フリーチェーンで自身をリリースする事で相手のモンスターや魔法罠を破壊できるので

相手ターンには強力な妨害効果を発揮する事が可能です。

大暴走や大作戦で積極的に相手ターンにこれらのカードを出す事が出来るので

この妨害能力もプランキッズの強みの1つです。

 

 

とにかく特殊召喚やサルベージを行える効果を持っているカードが多く、

しっかりと回れば多大なアドバンテージを稼ぐ事が可能になっています。

大量に表れては場をひっかきまわしていくまさに悪ガキ集団のようなテーマです。

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。
※カード名をクリックでwikiを表示します

 

雷龍融合

雷族専用の融合魔法です。

プランキッズではプランキッズ・ハウスバトラーが雷族融合モンスターに該当し

また②の効果でプランキッズ・パルスもサーチ可能です。

プランキッズはメインデッキのモンスターが3種類しかない上に

融合やリンク召喚をすれば次々とデッキから特殊召喚されていくので

贅沢な悩みなのですがあっという間にデッキが枯渇してしまいます。

プランキッズ・プランクでデッキに戻す事も可能ですが正直全然足りないレベルなので

このカードや貪欲の壺のようなデッキに戻す手段は別途用意しておくといいでしょう。

 

 

簡易融合

レベル5以下の融合モンスターをEXデッキから直接融合召喚できるカードです。

プランキッズではプランキッズ・ロケットとプランキッズ・ウェザーが該当しますが

特にロケットの方と相性がよく融合召喚後すぐにリリースする事で

実質的に簡易融合がプランキッズ2体を蘇生できるカードと化します。

プランキッズ・ドロップがライフ回復効果を持っている為、

ライフコストも大した問題にはならないでしょう。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:天空の虹彩

マスター・オブ・ペンデュラムより今回はこのカードの紹介です。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:覚醒の魔導剣士(エンライトメント・パラディン)

帝も随分強くなったなぁとしみじみ思う今日この頃です。 今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャ

記事を読む

オルターガイスト・ヘクスティア:遊戯王カード考察 メインアタッカー兼優秀な繋ぎ要因

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王カード考察:シューティング・ライザー・ドラゴン ハリファイバーで出す有力な候補

3月20日にVジャンプ5月号が発売されます。 今回紹介するのはその付属としてついてくるこのカー

記事を読む

遊戯王OCG、2017年7月の制限改定判明!あのカードがとうとう2枚入れられる時代に!

2017年7月のリミットレギュレーションが判明しました。 新マスタールールになってから2回目の

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)オッドアイズ・メタル・クロウ

元祖「融合」が活きる融合モンスター!   遊戯王ARC-V 最強デュエリスト遊

記事を読む

No.(ナンバーズ)68 魔天牢(まてんろう)サンダルフォン:遊戯王カード考察  モンスターを墓地に幽閉してしまえ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:黄昏の忍者シンゲツ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

ストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-と一緒に揃えておきたいカードは? 禁止令のテキスト変わってます

今日3月10日にストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-が発売されました。 収録されているカー

記事を読む

遊戯王カード考察:花札衛-月花見-(カーディアン つきはなみ)

カーディアンにシンクロチューナーが登場どすえ   ディメンションボックスの収録

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,563,924 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑