遊戯王カード考察:深淵の宣告者 完全耐性も突破可能、壊獣とはどう差別化する?

今回紹介するのは深淵の宣告者よりこのカードです。

 

 

 

深淵の宣告者
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:1500LPを払い、種族と属性を1つずつ宣言して発動できる。
宣言した種族・属性のモンスターが相手フィールドに存在する場合、
相手はそのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。
このターン、
相手はそのモンスター及び同名モンスターのモンスター効果を発動できない。

 

 

汎用の通常魔法です。

深淵の冥王が右手をこちらにかざし威圧的に構えています。

深淵の指名者とは構図がよく似ており

カード名や効果からも意識している事が伺えます。

 

 

その効果は1ターンに1度、ライフを1500支払いつつ属性と種族を宣言、

その宣言した属性と種族と一致するモンスターが相手の場にいる場合、

相手にそのモンスター1体を墓地に送らせつつ

そのターンの間同名モンスターの効果発動も封じるというものです。

ライフコストが軽くなく、また相手が種族属性を統一しているデッキの場合

狙った相手を墓地送りにするのは難しくなるものの

「相手プレイヤーに墓地送らせを強要させる」という効果の関係上

例えその相手が完全耐性を持ってようが問答無用で墓地に送らせる事が可能です。

またそのモンスターの効果の発動を封じる事が出来る為、

墓地に送られて発動する効果も封殺できるのが強みとなっています。

単体除去の魔法カードとしては一線を画する除去性能を持っているといえるでしょう。

 

 

相手が種族と属性を統一しているデッキの場合、

このカードを発動する前に目当てのモンスター以外は

他のカードで上手く処理するなどの工夫が求められます。

逆にこのカードを相手に使われた場合の対策として

戦線復帰やリビングデッドの呼び声などのフリーチェーンの蘇生カードで

同じ属性種族のカードを場に出せばそちらを身代わりにする事も可能です。

 

 

同じく完全耐性持ちにも効果がある除去手段としては壊獣が存在しますが

相手の場にモンスターを送らないで済む点、

特殊召喚を封じられていたとしても効果を発動できる点などで差別化が可能です。

なんらかの理由で壊獣を採用したくない場合、

例えば一族の結束を採用して墓地に壊獣を送りたくない場合なども

こちらが選択肢となるでしょう。

 

 

汎用性の高い除去手段がまた1つ追加されました。

特にライフコストに余裕を持てるようなデッキであれば

除去手段の1つとして有力な選択肢となるでしょう。

関連記事

副話術士クララ&ルーシカ:遊戯王カード考察 ワンダー・ワンドを始め色々と使い道あります

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王アークファイブ第140話『魂のペンデュラム』感想

遊戯王ARC-V140話の感想です。 沢渡とクロウも倒され零王も倒され 沢渡からペンダン

記事を読む

竜巻竜(トルネードラゴン)/Tornado Dragon:遊戯王カード考察  新しい汎用ランク4登場、魔法罠除去ならこいつの出番

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ51話「反旗を揚げろ オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン」感想

黒咲隼、ニコニコ大百科のコメント数がついに1000を突破しましたね。 今やアークファイブで一番

記事を読む

遊戯王カード考察:屋敷わらし D.D.クロウと上手く使い分けよう

フレイム・オブ・デストラクション、カードの情報が全て判明したようですね。 今回紹介するのはそん

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D3(ディーキュービック)

手札コストをどう捻出する?   デステニー・ソルジャーズの収録カード、全て判明

記事を読む

遊戯王カード考察:F.A.(フォーミュラアスリート)ウィナーズ 特殊勝利カード、どうやってレベルを満たすか

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ第82話『究極の隼VS黒羽の雷』感想

遊戯王ARC-V82話の感想です。 まだまだ続く黒咲VSクロウの新旧闇属性鳥獣族対決。

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバー・ファロス ついにパワー・ボンドがサーチできるように

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ第136話『覇王龍君臨』感想

遊戯王ARC-V136話の感想です。 勝つ事だけを考えろというNGワードにより復活してしまった

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,969,652 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑