遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカードです。

 

 

 

トークバック・ランサー
リンク・効果モンスター
闇属性/サイバース族/攻1200/LINK-1
【リンクマーカー:下】
\ ↑ /
←   →

レベル2以下のサイバース族モンスター1体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカード以外の自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースし、
そのモンスターと元々のカード名が異なる
自分の墓地の「コード・トーカー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

 

 

闇属性サイバース族のLINK-1です。

ヴレインズにおいてプレイメーカーがスペクター戦で使用し

自身の効果でROMクラウディアをリリースしてエクスコード・トーカーを蘇生しました。

槍を構えた4枚羽のウイングが特徴的なロボットです。

黒いフレームをベースに青、緑、金の装甲を纏っており実にカラフルです。

ちょっとアングルを変えればサンライズ立ちになりますね。

トークバックというのはいくつかの意味があるのですが

この場合は恐らくSkypeなどで用いられる

「相手に向けて発した自分の音がそのまま自分にも帰ってくる現象」

の事だと思われます。

スピーカーの音をマイクが拾ってしまう事でそういう現象が発生します。

このカードの場合リリースしたモンスターが

コード・トーカーとなって帰ってくる様子を表現しているのでしょう。

 

 

【リンクマーカー:下】
レベル2以下のサイバース族モンスター1体

リンク素材にはレベル2以下のサイバース族1体を指定しています。

レベル3以上を指定するエルフェーズとは丁度逆の素材指定ですね。

サイバース・ガジェットやドラコネット、クロック・ワイバーン等を用いる事で

効果の為のリリース要員を用意しつつリンク召喚を狙う事が可能です。

リンクマーカーは下方向に1つあります。

効果の発動にもリンクマーカーが必要なので

EXモンスターゾーンに出す事が基本となります。

 

 

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカード以外の自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースし、
そのモンスターと元々のカード名が異なる
自分の墓地の「コード・トーカー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

その効果は1ターンに1度、自身以外のサイバース族1体をリリースする事で

そのリリースしたサイバース族とカード名が違うコード・トーカー1体を

このカードのリンク先に墓地から特殊召喚する蘇生効果です。

このカード自体LINK-1でありリンク召喚は非常に容易なので

リリース用のサイバース族を別途するのも問題なく行えるでしょう。

トランスコード・トーカーを蘇生すればさらにリンクモンスターを蘇生できますし

シューティングコード・トーカーを蘇生すれば連続攻撃も可能となります。

サイバース族1体をLINK-3に変換できるとも捉えられるので

さらなるリンク召喚を狙ってもいいでしょう。

 

 

「墓地に蘇生対象が揃っている」という前提条件が求められますが

サイバース・ガジェットを召喚してサイバース族を蘇生

蘇生したサイバース族を素材にしてランサーをリンク召喚

ランサーの効果でガジェットをリリースしてトランスコード・トーカー蘇生

ガジェットの効果でトークン生成

ランサーとトークンを素材にクロック・スパルトイをEXモンスターゾーンにリンク召喚

スパルトイの効果でサイバネット・フュージョンサーチ

トランスコードの効果で墓地からLINK-3のコード・トーカー蘇生

スパルトイの効果でクロック・ワイバーン蘇生

フィールドのモンスター全部素材にサイバネット・フュージョン発動

とする事でサイバース・ガジェット1枚から

攻撃力10500、墓地肥やし枚数8のサイバース・クロック・ドラゴンが出せます。

なお最初のサイバース・ガジェットでフォーマッド・スキッパーを蘇生した場合

そちらの効果でサイバース・ホワイトハットをサーチして特殊召喚が出来るので

更に攻撃力と墓地送り出来る枚数が1つ増やす事も出来ます。

その際はどちらかのコード・トーカーでLINK-4を作るといいでしょう。

 

 

LINK-1の中でもかなり優秀な効果を持つ1枚です。

攻撃力も1200とLINK-1としては高めであり

いざと言う時は低攻撃力のサイバース族をこのカードに変換する事で

攻撃力を水増し出来るケースもあるでしょう。

フレイム・アドミニスターあたりと一緒に出せば

これが中々馬鹿になりません。

 

 

このカードもそうですが今回のストラクチャーデッキには

コード・トーカーを指定するカードが結構多くみられます。

2期になってプレイメーカー以外のデュエリストもサイバース族を使うようになり

プレイメーカーの個性として

【コード・トーカー】とも言えるテーマにシフトしていくのかもしれませんね。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:リバース・リユース

コレクターズパック-運命の決闘者編-の発売も間近になって来ました。 新しいカードの情報も次々来

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ライトロード・セイント ミネルバ

シンクロ次元篇、続きが気になって仕方ありません。 毎回予告がずるいんですよアークファイブって。

記事を読む

遊戯王テーマ考察【ダイナレスラー】 久しぶりの恐竜族テーマ 上手くモンスターの数を調整しよう

遊戯王VRAINS第2期として妥当プレイメーカーを誓うGo鬼塚は カリスマデュエリストをやめ賞

記事を読む

見切りの極意:遊戯王カード考察  使いやすさ重視のカウンター罠、灰流うらら等は初見で見切れます

何かけものフレンズ2期でたつき監督が降板されたとかで大騒ぎになってるみたいですね。 今回紹介す

記事を読む

遊戯王カード考察:ネオス・フュージョン 手札1枚からレインボー・ネオスが 墓地肥やしにも有用

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

【ティンダングル】:遊戯王テーマ考察 まさに「とんでもなく厄介」なリンクリバーステーマ

クローラーにサブテラーにと最近どうも公式がリバース推ししている気がします。 そしてそれはアニメ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ラフメイカー

スマイル・ワールドを使いこなせ!   いよいよ10月8日今日、レイジングテ

記事を読む

ロストワールド:遊戯王カード考察

これぞ本当の意味でのデッキ破壊!   今回紹介するのはストラクチャーデッキR-

記事を読む

遊戯王カード考察:真竜凰(しんりゅうおう)マリアムネ

やっぱりデッキから除外でした   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ドラコニアの翼竜騎兵(Sky Dragoons of Draconia)

意外と貴重な鳥獣族ペンデュラム   今回紹介するのはEXTRA PACK 20

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,119,245 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑