遊戯王カード考察:フレイム・アドミニスター シンプルに強いサイバース族用LINK-2の優等生

また雨が続いています。

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。

 

 

 

フレイム・アドミニスター
リンク・効果モンスター
炎属性/サイバース族/攻1200/LINK-2
【リンクマーカー:左 右下】
\ ↑ /
  →
/ ↓
サイバース族モンスター2体
①:「フレイム・アドミニスター」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドのリンクモンスターの攻撃力は800アップする。

 

 

炎属性のLINK-2サイバース族です。

VRAINSにおいてプレイメーカーが財前晃戦で使用したカードであり

その効果でデコード・トーカーの攻撃力を強化しました。

 

非常に質実剛健な見た目をした赤を基調としたロボットです。

サイバース族の中でもかなり正統派なロボット感があります。

名前の由来は「アドミニストレーター」から来ていると考えていいでしょう。

コンピューター用語の1つでコンピューターの管理や保守をする人、

もしくはそれらの権限を持った人という意味があります。

所でなんとなく頭部がアリトに似てると思うのは自分だけでしょうか?

 

 

リンク素材にはサイバース族2体を要求しています。

基本的にはサイバース族デッキで採用する事になりますが

リンクリボーやリンク・スパイダーを経由して出すことも一応可能です。

リンクマーカーは左と右下という場所を選ばず使えるものとなっています。

リンクマーカーに依存する効果は持っていないので

純粋にリンク先を確保する目的でリンクマーカーを活用する事になるでしょう。

 

 

①の効果はフィールドに1枚しか存在できない制約です。

3体並べる事が出来れば攻撃力3600×3という中々愉快な事になっていたのですが

さすがにそれは強すぎるだろうと判断されてしまったようです。

サイバース族デッキなら十分狙えそうですしね。

 

 

②の効果はこのカードがモンスターゾーンに存在している間

自分のリンクモンスターの攻撃力を800上昇させるというものです。

800という数字は一族の結束と同等であり

複数体を強化できる効果としてはかなり高い上昇値です。

自身にも適用される為元々の攻撃力と合わせて2000打点として運用可能です。

LINK-2が持つ攻撃力としては中々の数値と言えるでしょう。

 

 

サイバース族においてはハニーボットの攻撃力を2700まで高められるので

ハニーボットを複数おく布陣がより強力になります。

ハニーボットのリンク先にこのカードを置いておけば耐性を付与してくれるので

そういう意味でも相性がいいでしょう。

エンコード・トーカーとの相性もよくアドミニスターを戦闘破壊から守りつつ

エンコード・トーカーの攻撃力を5100まで上昇させられます。

サイバース族用のLINK-2としてはシンプルに使いやすい性能をしており

攻撃力を求められる様々な場面で活躍してくれるでしょう。

サイバース族デッキであれば1枚は入れておいて損はないカードです。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)84 ペイン・ゲイナー

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

ダイナミスト・ハウリング:遊戯王カード考察

どちらか片方だけでもすごい強化なのに・・・   今回紹介するのはマキシマム・ク

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻想の見習い魔導師(げんそうのみならないまどうし)

弟子はとっても優秀だった!   2016年9月21日にVジャンプ11月号が発売

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アークブレイブドラゴン

対ペンデュラム決戦兵器!   今回紹介するのはストラクチャーデッキR-巨神竜復

記事を読む

電子光虫-LEDバグ(デジタル・バグ-レディバグ)

エクシーズモンスターにドロー効果を付与!   今回紹介するのはマキシマム・クラ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スクランブル・ユニオン

上手くモンスターを除外しろ!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ-海馬瀬

記事を読む

遊戯王OCG新テーマ考察:マジェスペクター

クラッシュ・オブ・リベリオンにおいて新しいテーマ「マジェスペクター」の情報が公開されました。

記事を読む

デーモンの呼び声:遊戯王カード考察 捨てるカードと蘇生するカード両方があるデッキに

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ユニ、EM(エンタメイト)コン

墓地効果を上手く活用できるか?   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の

記事を読む

巨大戦艦 ビッグ・コアMk-Ⅲ:遊戯王カード考察

巨大戦艦が9期仕様になるとこうなります   今回紹介するのはマキシマム・クライ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,875,684 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑