遊戯王カード考察:サイバネット・オプティマイズ 通常召喚追加はやっぱり強い!

スポンサーリンク

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカードです。

 

 

サイバネット・オプティマイズ
永続魔法
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
サイバース族モンスター1体を召喚する。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
②:自分の「コード・トーカー」モンスターが戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

 

 

サイバース族、さらにはコード・トーカーのサポートとなる永続魔法です。

バックアップ・セクレタリーとバックアップ・オペレーターが

ビットルーパーに対して何やら作業をしています。

オプティマイズとは「最適化」といった意味で

ソフトウェア等がより効率的、高速に動く用に調整する事です。

イラストから見る限りビットルーパーのオプティマイズを行っているのでしょう。

セクレタリーは立って作業しているのに対しオペレーターは座りながらです。

オペレーターさんその椅子セクレタリーにも分けてあげません?

 

 

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
サイバース族モンスター1体を召喚する。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

①の効果は1ターンに1度、

EXデッキからサイバース族しか特殊召喚できなくなる代わりに

通常の召喚とは別にサイバース族1体を通常召喚できるというものです。

展開力の向上に直結する効果であり

サイバース・ガジェットやROMクラウディア、ドラコネットやイヴリース等

通常召喚時に効果を発動できるサイバース族のサポートとして特に効果的です。

永続魔法故に二重召喚等と違ってフィールドに残っている限り

毎ターン2回通常召喚が狙えるというのも魅力的です。

 

 

②:自分の「コード・トーカー」モンスターが戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

②の効果はコード・トーカーと名の付くモンスターが戦闘を行うダメージステップの間

相手の魔法、罠、モンスター効果の発動を封じるというものです。

ダメステ中のカードの発動を封じられるのがいかに優秀かつ厄介かは

ホープ・ザ・ライトニングで散々思い知った人もいるでしょう。

特に高い攻撃力を確保できるパワーコード・トーカーや

連続攻撃の出来るシューティングコード・トーカーのサポートとして優秀です。

 

 

①の効果だけでも十分に優秀なので仮にコード・トーカーを採用していない場合でも

サイバース族デッキであれば入れて損はないカードだと思います。

今後転生炎獣をはじめとして様々なサイバース族テーマが出てくる可能性もあり

それらのサポートとしてもこのカードは期待できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました