遊戯王カード考察:ブラック・バード・クローズ んもー、クロウ君ってばすぐ手札から罠発動する

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。

 

 

 

ブラック・バード・クローズ
カウンター罠
自分フィールドに「BF」Sモンスター
または「ブラックフェザー・ドラゴン」が存在する場合、
このカードの発動は手札からもできる。
①:相手フィールドのモンスターが効果を発動した時、
自分フィールドの表側表示の「BF」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
その後、EXデッキから「ブラックフェザー・ドラゴン」1体を特殊召喚できる。

 

 

ブラックフェザーのサポートとなるカウンター罠です。

夕日をバックにDホイールが空を舞っています。

ブラック・バードというのはクロウ・ホーガンのDホイールの名前です。

後部位置にウイング状のパーツが存在しているのが特徴で

これを展開する事で空を滑空するシーンがたびたびあります。

イラストに乗っているのもこのブラック・バードと見ていいでしょう。

 

 

その効果は相手の場のモンスターが効果を発動した時に

自分の表側表示のBFを墓地へ送る事で

その相手のモンスター効果を無効にして破壊、さらにその後

EXデッキからブラックフェザー・ドラゴンを特殊召喚できるというものです。

またフィールドにBFシンクロかブラックフェザー・ドラゴンがいる場合、

手札から発動する事が出来るという豪華特典もついています。

なおブラックフェザー・ドラゴンを特殊召喚するかは任意なので

EXデッキに存在していない状態でも発動する事は可能です。

ただ特殊召喚する事で実質1:1交換で発動できるので

出来ればちゃんとブラックフェザー・ドラゴンを特殊召喚したい所です。

 

モンスター効果に対するカウンターというのは汎用性が高く、

それを条件次第で手札から発動可能というのは非常に強烈です。

場にBFシンクロかブラックフェザー・ドラゴンがいるという条件も

【BF】であれば自然に満たす事が出来るでしょう。

相手からすればBFシンクロがフィールドに存在しているだけで

手札にあるかもしれないこのカードを警戒しなければいけないのは非常に厄介です。

 

ただ気を付けなければいけないのはEXからブラックフェザー・ドラゴンを出す場合

ちゃんとフィールドにEX召喚枠を確保している必要があり、

発動条件となるシンクロモンスターと枠の争いが発生しかねない点です。

BFシンクロが場にある状態であればそのモンスターをリリースすればOKですが

ブラックフェザー・ドラゴンは自身をBFとして扱わない関係でリリースできず、

リリース要員と同時にEX召喚枠も別途確保しなければ

2体目のブラックフェザー・ドラゴンを特殊召喚する事が出来ません。

リンクモンスターを用意するなり蘇生で出してブラックフェザー・ドラゴンを出すなりで

ちゃんとEX召喚枠を確保する工夫をしましょう。

 

 

手札から発動できる罠というのは現在では結構な数存在しますが。

カウンター罠でそれが出来るというのはかなり貴重で

他にはタキオン・トランスミグレイションとレッド・リプートぐらいです。

多少癖こそありますがそれでもインチキといっていい性能のカウンター罠と言えます。

 

それにしても一緒に収録されたBF-南風のアウステルといい

ここに来てブラックフェザー・ドラゴンの救済がされてますね。

BFのカテゴリに属さないなど不遇な扱いを受けてきたカードなので

ちゃんと救済されるのはありがたい所です。

所で玄翼竜 ブラック・フェザーの方はテコ入れされませんかね?

関連記事

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)27 弩級戦艦-ドレッドノイド グレートマグナス救済です

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:コズミック・サイクロン

墓地発動を許すな!   ザ・ダーク・イリュージョンのフラゲ情報が来たみたいです

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻影騎士団(ファントム・ナイツ)クラックヘルム

ウィング・レイダーズ、皆さんはお目当てのカードを手に入れる事が出来たでしょうか? 特に幻影騎士

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:琰魔竜(えんまりゅう)レッド・デーモン・アビス

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:星呼びの天儀台(セレスティアル・セクスタント) デッキに戻してもいいレベル6とは

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:トラミッド “ザ・ダーク・イリュージョン”

メタルフォーゼに引き続きザ・ダーク・イリュージョンに 新しいテーマとして「トラミッド」が登場す

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:修禅僧(しゅぜんそう) ゲンドウ

結構いやらしいです、こいつ   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズより

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アモルファージ・ヒュペル、アモルファージ・ノーテス

アモルファージ以外でも使ってみる?   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:PSY(サイ)フレーム・オーバーロード

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第25話『ウィルスデッキ・オペレーション』感想

遊戯王ヴレインズ25話の感想です。 AIデュエリスト全滅の知らせを受け救援に向かう晃。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:サイバネット・オプティマイズ 通常召喚追加はやっぱり強い!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

→もっと見る

    • 5,413,013 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑