遊戯王カード考察:サイバース・ウィッチ これは儀式要素入れたくなる

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。

 

 

サイバース・ウィッチ
リンク・効果モンスター
闇属性/サイバース族/攻 800/LINK-2
【リンクマーカー:左下 下】
\ ↑ /
←   →
/ ↓
サイバース族モンスター2体

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合、
自分の墓地の魔法カード1枚を除外して発動できる。
デッキからサイバース族の儀式モンスター1体と
「サイバネット・リチューアル」1枚を手札に加える。
②:このカードの①の効果を発動したターンの自分メインフェイズに、
自分の墓地のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

 

闇属性サイバース族のLINK-2リンクモンスターです。

ピッチリとした白い鎧とマントを身に着け黒いフードを被った凛々しい魔女です。

何か赤い尻尾のようなものがありますがこれもしかして髪なんでしょうか。

 

 

【リンクマーカー:左下 下】
サイバース族モンスター2体

リンク素材にはサイバース族2体を指定しています。

基本的にはサイバース族用のカードとなりますが

リンクリボーやリンク・スパイダーのリンク召喚が狙えるのであれば

他種族のデッキでもリンク召喚できない事もないです。

リンクマーカーは左下と下というやや変則的な向きですが

EX召喚枠を2つ追加してくれるありがたいマーカーとなっています。

左側のEXモンスターゾーンにこのカードを、

真ん中から1個右側のメインモンスターゾーンにハニーボットあたりを置けば

EX召喚枠を4つ確保する事が可能です。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合、
自分の墓地の魔法カード1枚を除外して発動できる。
デッキからサイバース族の儀式モンスター1体と
「サイバネット・リチューアル」1枚を手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、

このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に

墓地の魔法カード1枚を除外する事で

デッキからサイバース族の儀式モンスター1体と

サイバネット・リチューアル1枚を手札に加えるサーチ効果です。

現状サイバース族の儀式モンスターはサイバース・マジシャン

嵐竜の聖騎士が該当します。

展開力に優れるサイバース族であれば発動条件を満たす事は簡単であり

墓地コストも魔法カードであれば何でもいいとかなり緩いですが

成金ゴブリンあたりを採用しておけばより安定してコストを確保できるでしょう。

まさにサイバース族用の儀式の下準備とも言うべき効果であり

下準備に対応していないサイバネット・リチューアルを採用するのであれば

積極的に効果の発動を狙っていきたい所です。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードの①の効果を発動したターンの自分メインフェイズに、
自分の墓地のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

②の効果は①の効果を発動下ターンの自分メインフェイズに

墓地のレベル4以下のサイバース族1体を特殊召喚する蘇生効果です。

発動条件は要するにこの効果だけを目当てに採用するなって事なのでしょう。

①の効果の発動条件的にこのカード以外にモンスターが2体並ぶことになり

このカードと合わせてLINK-4のリンク召喚を狙っていく事が可能です。

アドバンス召喚やリンク召喚のリリース要員にするのもいいでしょう。

また蘇生したカードに一切の制約がない為、

ドングルドングリレディ・デバッガーあたりを蘇生すれば

さらなるアドバンテージを稼ぐことが可能です。

ストームサイファーあたりのアタッカーを蘇生するのもいいでしょう。

 

 

どっちの効果もとっても強い事が書いてあります

両方の効果を発動できればそれだけで3枚分のアドバンテージを確保可能であり

リンクマーカーも優秀という至れり尽くせりなカードです。

サーチできるサイバース・マジシャンやサイバネティック・リチューアルも

弱い事は書いてない為、サイバース族に儀式召喚のギミックを組み込む価値は

大いにあるものとなっています。

注意点としてはサイバネティック・リチューアルも

墓地の自身を除外して効果を発揮する為、②の効果を発動する為には

別途魔法カードを墓地に用意しておく必要があるくらいでしょうか。

また攻撃力は低いので効果を使い終わった後は

そのまま更なるリンク召喚の為の素材にしてしまうといいでしょう。

 

 

儀式召喚の要素を取り入れた新たなサイバース族、楽しみですね。

関連記事

幻影騎士団(ファントム・ナイツ)ロスト・ヴァンブレイズ:遊戯王カード考察

汎用性の非常に高い優等生罠モンスター!   今回紹介するのはマキシマム・クライ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ボットアイズ・リザード

言うなれば運命共同体 互いに頼り 互いに庇い合い 互いに助け合う トップスがコモンズの為に コモ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アモルファスP(ペルソナ)、虚竜魔王(きょりゅうまおう)アモルファクターP

儀式魔法内臓のフィールド魔法!   いよいよシャイニング・ビクトリーズが発売さ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:イグナイト・ユナイト

アヴェンジャーやスティンガーが一気に使いやすく!   今回紹介するのはインベイ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダーク・レクイエム・エクシーズ・ドラゴン

ダークリベリオンの正統進化!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

遊戯王カード考察:剛竜剣士ダイナスターP(パワフル)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

遊戯王カード考察:シューティング・ライザー・ドラゴン ハリファイバーで出す有力な候補

3月20日にVジャンプ5月号が発売されます。 今回紹介するのはその付属としてついてくるこのカー

記事を読む

キャッスル・リンク:遊戯王カード考察

カードの位置を動かせる事が何を意味するか   今回紹介するのはコード・オブ・ザ

記事を読む

遊戯王カード考察:BF(ブラックフェザー)-毒風のシムーン 黒い旋風をサーチしてさらに2回効果発動できる

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:ブースター・ドラゴン とりあえずヴァレットの効果発動したい時に

VRAINS主要4キャラのテーマである サイバース族、トリックスター、剛鬼、ヴァレットの4テー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,142,374 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑