遊戯王カード考察:ドングルドングリ 特殊召喚すればトークン生成、手段は色々あります

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカードです。

 

 

 

ドングルドングリ
効果モンスター
星1/闇属性/サイバース族/攻   0/守  0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドに「ドングルトークン」
(サイバース族・闇・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

 

 

闇属性サイバース族のレベル1モンスターです。

 

ケツにUSB差込口のついたドングリ型のモンスターです。

ドングルとはコンピューターに外部から取り付ける小さな装置全般の事を言います。

主にソフトウェアを不正に利用されない為の鍵の役割を果たしますが

最近では小型の外部装置全般をドングリと呼称されます。

このモンスターのようにUSBで差し込むタイプが一般的ですね。

ドングリ型のドングルという実に分かりやすいネーミングです。

 

それっぽいのあるかなってちょっと探してみたら案の定ありました。

 

 

その効果は1ターンに1度、このカードを特殊召喚した場合に

ドングリトークン1体を特殊召喚できるトークン生成効果です。

【サイバース族】であればRAMクラウダー、ROMクラウディア、

スタック・リバイバー、サルベージェント・ドライバー、

バランサーロードなどの効果で特殊召喚を狙う事が可能です。

単純にサイバース族のモンスター1体を増やせる為、

ベクター・スケア・デーモンやフレイム・アドミニスターなど

サイバース族を指定するリンクモンスターの素材として活用していけます。

 

 

またレベル1の為、ワン・フォー・ワンや金華猫でも特殊召喚が可能であり

金華猫からこのカードを蘇生するだけでモンスター3体を揃える事が出来ます。

これにあと1体、黄泉ガエルあたりでも用意できるならば

鎖龍蛇-スカルデットをはじめとするLINK-4にも手が届きます。

このように【サイバース族】以外でも特殊召喚手段には事欠かなく

サイバース族のみならずレベル1中心のデッキにおいても非常にオススメの存在です。

逆にサイバース族デッキに金華猫などを採用しやすくもなるでしょう。

今までレベル1のサイバース族はドット・スケーパーしかいませんでしたが

このカードも合わせればレベル1サポートも使いやすくなります。

 

 

闇属性の守備力0という事で悪夢再びに対応しています。

サイバース族ではROMクラウディアと共有が可能であり

2種類とも投入していれば腐らせにくくなるでしょう。

レベル1ではゴーストリック・ランタン、ハック・ワームあたりと共有可能です。

 

 

簡単な条件でトークンを出せてサポートカードも豊富という

実にいい感じのカードです。

関連記事

No.(ナンバーズ)71 リバリアン・シャーク:遊戯王カード考察  バリアンズ・カオス・ドローをしたいあなたの為に

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第81話『それぞれの戦場』感想

遊戯王ARC-V81話の感想です。 期待していたであろう新旧闇属性鳥獣族対決。 はたして

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダイナミスト・ラッシュ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ第130話『欲深き猛毒龍』感想

遊戯王ARC-V130話の感想です。 インチキカードによって遊矢の暴走を止めた遊勝は 柚

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:The despair URANUS(ザ・ディスペア・ウラヌス)

普通にアタッカーとして優秀   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)フライ・ヘル、捕食植物スキッド・ドロセーラ、捕食植物モーレイ・ネペンテス

捕食カウンターを使いこなそう   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第139話『闇に染まる眼』感想

遊戯王ARC-V139話の感想です。 ズァークに立ち向かう4番手は沢渡とクロウ。 ここま

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:蛇神(じゃしん)ゲー

随分とコンパクトなカードになりました。   6月24日に遊戯王アニメコンプリー

記事を読む

DDD疾風大王(しっぷうだいおう) エグゼクティブ・アレクサンダー:遊戯王カード考察

アタッカーとしても展開要因としても活用できる!   今回紹介するのはコード・オ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第61話『ドローを捨てた男』感想

遊戯王ARC-V61話の感想です。 榊遊矢VS徳松長次郎のデュエルが開始されました。 強

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:再臨の帝王 素直にリリース要員に使う以外ではエクシーズ素材とかにも

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:E・HERO(エレメンタルヒーロー) ソリッドマン HERO専用おまけ付きゴブリンドバーグ

本日1月20日、Vジャンプ3月号が発売されます。 今回紹介するの

遊戯王カード考察:トリックスター・シャクナージュ 墓地からの除外狙ってみる?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トリックスター・デビルフィニウム リンカーネイションの再利用手段にどうぞ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第35話『もう一つのロスト事件』感想

遊戯王ヴレインズ35話の感想です。 前回のあらすじ:スペ

→もっと見る

    • 4,980,048 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑