遊戯王カード考察:サイバース・マジシャン、サイバネット・リチューアル リンクじゃないよ儀式だよ

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。

 

 

 

サイバース・マジシャン
儀式・効果モンスター
星7/闇属性/サイバース族/攻2500/守2000
「サイバネット・リチューアル」により降臨。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分が受ける全てのダメージは半分になる。
②:自分フィールドにリンクモンスターが存在する限り、
相手は自分フィールドの他のモンスターを、
攻撃対象に選択できず、効果の対象にもできない。
③:このカードがリンクモンスターと戦闘を行うダメージ計算時のみ
このカードの攻撃力は1000アップする。
④:このカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキからサイバース族モンスター1体を手札に加える。

 

サイバネット・リチューアル
儀式魔法
サイバース族の儀式モンスターの降臨に必要。
①:レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札からサイバース族の儀式モンスター1体を儀式召喚する。
②:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
自分の墓地からこのカードと儀式モンスター1体を除外して発動できる。
自分フィールドに
「サイバネット・トークン」(サイバース族・光・星4・攻/守0)
2体を特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

 

闇属性サイバース族のレベル7儀式モンスターとその儀式魔法です。

サイバネティック・ホライゾンのパッケージを務めるモンスターでもあります。

なんとリンク召喚を軸とするサイバース族に儀式召喚が加わりました。

色が近いですがリンクモンスターではなく儀式モンスターなので気を付けましょう。

何気に攻撃力2500守備力2000という主人公エースステータスです。

白黒のローブを身に纏いフードを深くかぶった緑髪イケメン魔導士です。

かなり正統派な魔術師風の外見ですが

背景にあるヘクス状の模様がサイバー要素を感じさせます。

サイバネット・リチューアルのイラストはこんな感じです。

プログラムで作られたような魔法陣から炎が発生しています。

科学と魔法が一体化している感が非常に出ていますね。

 

 

①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分が受ける全てのダメージは半分になる。

サイバース・マジシャンの①の効果はこのカードがモンスターゾーンにいる間

自分が受ける全てのダメージを半分にするというものです。

戦闘ダメージ、効果ダメージ共に半分となりますが

あくまで半減するのはダメージでありライフコストは半分にならない点に注意です。

地味な効果ですが無駄になる効果ではなく

特にトリックスター等積極的にダメージを与えてくる相手に対し有用です。

また好敵手の記憶やEmトリック・クラウンなど

ダメージを受ける類のカードも積極的に活用しやすくなるでしょう。

 

 

②:自分フィールドにリンクモンスターが存在する限り、
相手は自分フィールドの他のモンスターを、
攻撃対象に選択できず、効果の対象にもできない。

②の効果は自分の場にリンクモンスターが存在している間

相手はこのカード以外のモンスターを攻撃対象と効果対象にできなくさせます。

リンク召喚を軸とするサイバース族において条件を満たすのは簡単で

ステータスが低いモンスターも場に残しやすくなります。

 

 

③:このカードがリンクモンスターと戦闘を行うダメージ計算時のみ
このカードの攻撃力は1000アップする。

③の効果はリンクモンスターと戦闘を行う際

そのダメージ計算時のみ攻撃力を1000アップさせるというものです。

元々の攻撃力が2500の為、3500まで上昇する計算となり

大抵のリンクモンスター相手を戦闘破壊する事が可能となります。

相手に左右されやすい効果ですが今の環境であれば発動機会も多いでしょう。

 

 

④:このカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキからサイバース族モンスター1体を手札に加える。

④の効果はこのカードが効果破壊された場合に

デッキからサイバース族1体を手札に加えるというサーチ効果です。

サイバース族なら何でもサーチ可能であり

この手のサーチ効果では珍しく同名カード以外の制約もありません。

戦闘破壊には無力である為、ハニーボットなので戦闘破壊耐性を付与しておけば

より効果を発動できる機会が増えるでしょう。

 

 

サイバース族の儀式モンスターの降臨に必要。
①:レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札からサイバース族の儀式モンスター1体を儀式召喚する。

サイバネティック・リチューアルの①の効果は

手札とフィールドから儀式モンスターのレベル以上になるようにリリースして

サイバース族の儀式モンスター1体を儀式召喚するというものです。

現状では実質的にサイバース・マジシャン専用の儀式魔法と言えます。

残念ながら儀式の下準備には対応していませんが

代わりにサイバース・ウィッチの効果で儀式モンスターともどもサーチ可能です。

 

 

②:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
自分の墓地からこのカードと儀式モンスター1体を除外して発動できる。
自分フィールドに
「サイバネット・トークン」(サイバース族・光・星4・攻/守0)
2体を特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

②の効果はこのカードが墓地へ送られた次のターン以降、

自分の場にモンスターが存在しない場合に

このカードと儀式モンスター1体を墓地から除外する事で

レベル4のトークン2体を特殊召喚するトークン生成効果です。

トークンは特に用途に制限がなく次の儀式召喚のリリース要員にする事も

リンク召喚やシンクロ召喚の素材にする事も自由です。

墓地へ送られたターン以降であれば任意に発動できる点も使いやすいです。

 

 

1つ1つの効果はそれほど強力ではないものの

4つある効果どれもが無駄になりづらい中々に多芸な儀式モンスターです。

④の効果で同名カードがサーチ可能な点から

サイバース族以外で採用しても問題なく機能してくれるので

サイバース族に儀式召喚のギミックを取り入れるのが難しいと考えた場合、

他のテーマで採用するのも選択肢の1つです。

逆に【サイバース族】デッキで運用する場合、

サイバネット・リチューアルの代わりに高等儀式術を採用する手もあります。

この場合デッキから通常モンスターを墓地へ送りやすくなるので

よりトライワイトゾーンなどの通常モンスターサポートが活きます。

 

 

しかしまさかサイバース族に儀式召喚のギミックが来るとは予想外です。

もしアニメに登場する場合どのような立ち位置になるかが楽しみです。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:超カバーカーニバル

さあカバよ!今こそお前が輝く時だ!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

白闘気海豚(ホワイト・オーラ・ドルフィン):遊戯王カード考察  自己蘇生の可能な戦闘担当レベル6シンクロ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

生存境界:遊戯王カード考察

大量展開と万能除去を兼ね備える!   いよいよ今日恐獣の鼓動の発売ですね。

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:DDD怒濤壊薙王(どとうかいちおう)カエサル・ラグナロク

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スクランブル・ユニオン

上手くモンスターを除外しろ!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ-海馬瀬

記事を読む

V・HERO(ヴィジョンヒーロー) ヴァイオン:遊戯王カード考察

D-HEROにとって非常にありがたい墓地肥やし!   今日3月11日、いよいよ

記事を読む

GUYダンス:遊戯王カード考察 とりあえず複数同時展開の妨害にはなるかな

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王アークファイブ第115話『決闘海賊(デュエルかいぞく)キャプテン・ソロ』感想

遊戯王ARC-V115話の感想です。 デニスは自らカードになってしまいました。 ランサー

記事を読む

遊戯王カード考察:スカイスクレイパー・シュート

これぞHEROの必殺技だ!   今回紹介するのは20th ANNIVERSAR

記事を読む

サイバース・リンクと一緒に揃えておきたいカードは?とりあえずスターターデッキ2017は欲しい所

今日6月17日、サイバース・リンクがいよいよ発売です。 収録されているカードはこんな感じです。

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    今週か来週にでも登場しそうだけど、確かマスタールールだとスキル使えないからどうするのやら?
    ……と考えたら元々持っていた切り札ならば無問題かな。スキルで切り札わんさか増刷してたから今まで出番が無かっただけ……とか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,400,354 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑