遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカードです。

 

 

 

ストームサイファー
効果モンスター
星4/闇属性/サイバース族/攻2400/守   0
①:このカードは直接攻撃できず、
EXモンスターゾーンのモンスターには攻撃できない。
②:このカードはEXモンスターゾーンのモンスターが発動した効果を受けず、
EXモンスターゾーンのモンスターとの戦闘では破壊されない。

 

 

一応サイファーの新しい仲間といえなくもない

闇属性サイバース族のレベル4モンスターです。

 

背中にある多数のヘクス状のパーツと

所々にある水色に光るパーツが特徴的な人型のモンスターです。

どことなくロックマンシリーズに出てきそうな見た目をしています。

 

 

①:このカードは直接攻撃できず、
EXモンスターゾーンのモンスターには攻撃できない。

①の効果はEXモンスターゾーンと

プレイヤーゾーンのモンスターには攻撃できない攻撃に関する制約です。

いわゆるデメリットアタッカーの系譜でありこのデメリットと引き換えに

2400と通常召喚できる下級モンスターとしては最高峰の攻撃力を誇ります。

確かにEXモンスターゾーンへの攻撃や直接攻撃が出来ない点は痛いのですが

メインモンスターゾーンを攻撃する分には問題はなく

この攻撃力を考えれば十分に許容できるデメリットだと思います。

 

通常召喚からこの攻撃力を確保できるのは中々貴重であり

特に特殊召喚を封じられた際の打開策となるケースもあるでしょう。

サイバース・ウィザードに貫通効果を付与してもらうのも効果的です。

 

 

 

②:このカードはEXモンスターゾーンのモンスターが発動した効果を受けず、
EXモンスターゾーンのモンスターとの戦闘では破壊されない。

②の効果はEXモンスターゾーンの発動した効果を受けず

EXモンスターゾーンの戦闘では破壊されないという限定的な耐性です。

これにより①の効果でEXモンスターゾーンの相手を手出しする事はできませんが

逆にEXモンスターゾーンの相手からも手出しされづらいという

中々に面白い構図が出来上がっています。

融合やシンクロ、エクシーズ召喚等に特化しているようなデッキの場合

メインデッキにこいつを対処できるモンスターがいないといったケースも少なくなく

そういったデッキがEXデッキのエースにも頼りづらいというのは非常に厄介です。

攻撃力が2400あれば戦闘ダメージも大分抑えられる事が期待でき

相手次第では面倒極まりない壁として機能するでしょう。

実際にそういったデッキでこのモンスターをどうにかしたい場合は

一旦墓地に落とした後に蘇生カードを使うなりで

メインモンスターゾーンにエースカードを置くようにしましょう。

 

 

デメリットがそれほど厳しいものではなくおまけの耐性も存在すると

デメリットアタッカーの中でも中々に優秀なスペックを誇る逸材です。

【サイバース族】デッキではRAMクラウダーやROMクラウディア、

バランサーロードなどで特殊召喚を狙える事が可能であり

確保しやすいアタッカー要員として重宝してくれます。

 

 

攻撃力だけでなく守備力0と言う点も魅力であり闇属性という事もあって

悪夢再びで回収できたり暗躍のドルイド・ドリュースでの蘇生が狙えたりします。

サイバース族には同じく闇属性レベル4で守備力0のROMクラウディアもおり

合わせてドルイド・ドリュースでの蘇生対象として

サイバース族でランク4のエクシーズ召喚を取り入れる足掛かりになってくれます。

 

 

ちなみに名前にサイファーとついており各種サイファーサポートに対応しています。

何気に光波双顎機で特殊召喚できる最高打点だったり

1人だけ闇属性なのでカオスのギミックを取り入れる足掛かりになったりと

レベルを合わせやすい事もあって意外と【サイファー】との相性も悪くありません。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:No.(ナンバーズ)93 希望皇ホープ・カイザー

今回はザ・ヴァリアブル・ブック18の付属カードであるこのカードの紹介です。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青き眼の巫女、白き霊龍(れいりゅう)

今回紹介するのは11月21日に発売されたVジャンプ1月号の付録であるこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アモルファスP(ペルソナ)、虚竜魔王(きょりゅうまおう)アモルファクターP

儀式魔法内臓のフィールド魔法!   いよいよシャイニング・ビクトリーズが発売さ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ヒドゥン・ショット

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:雪花の光(せっかのひかり) フルモン用カード、でも超重武者で使う場合には少し注意

FLAMES OF DESTRUCTION(フレイム・オブ・デストラクション)、 本日いよいよ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)オッドアイズ・メタル・クロウ

元祖「融合」が活きる融合モンスター!   遊戯王ARC-V 最強デュエリスト遊

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:魔界劇団-ワイルド・ホープ

デビル・ヒールの最高の相方   今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズよりこ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

天火の牢獄(てんぴのろうごく):遊戯王カード考察  VRAINSのカードでは珍しく大分改変されてます

10月14日にEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)が発売されます。 今回紹介

記事を読む

星遺物(せいいぶつ)を巡る戦い:遊戯王カード考察  ほぼ亜空間物質転送装置の上位互換です

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:E・HERO(エレメンタルヒーロー) ソリッドマン HERO専用おまけ付きゴブリンドバーグ

本日1月20日、Vジャンプ3月号が発売されます。 今回紹介するの

遊戯王カード考察:トリックスター・シャクナージュ 墓地からの除外狙ってみる?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トリックスター・デビルフィニウム リンカーネイションの再利用手段にどうぞ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第35話『もう一つのロスト事件』感想

遊戯王ヴレインズ35話の感想です。 前回のあらすじ:スペ

遊戯王カード考察:やぶ蛇 地雷カードの決定版 発動できた場合皆は何を出す?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

→もっと見る

    • 4,978,559 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑