遊戯王カード考察:X・HERO(エクストラヒーロー) ワンダー・ドライバー HEROリンクついに登場

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。

 

 

 

X・HERO ワンダー・ドライバー
リンク・効果モンスター
光属性/戦士族/攻1900/LINK-2
【リンクマーカー:上/下】

←   →

「HERO」モンスター2体
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのリンク先となる自分フィールドに
「HERO」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、自分の墓地の、
「融合」魔法カード、「フュージョン」魔法カード、「チェンジ」速攻魔法カードの内、
いずれか1枚を対象として発動する。
そのカードを自分フィールドにセットする。
②:このカードが戦闘または相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「HERO」モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

エレメンタルヒーローでもデステニーヒーローでもなく

マスクドヒーローでもヴィジョンヒーローでもない全く新しいヒーロー、

エクストラヒーローがリンクモンスターとして登場しました。

青いローブを身に纏い杖を掲げるHEROです。

X-MENのサイクロプスを思わせる赤いゴーグルが特徴的ですね。

実際にXという文字からしてX-MENモチーフというのはありえそうです。

 

 

【リンクマーカー:上/下】
「HERO」モンスター2体

リンク素材にはHERO2体を指定しています。

HEROであれば何でもよく

エレメンタルヒーロー、デステニーヒーローどちらでもリンク召喚を狙えます。

レスキューラビットで通常モンスターのHEROを2体出す事で

そのままリンク召喚を狙っていく事も可能です。

ただ効果を考えるとさらにもう1体HEROを出せる状況でリンク召喚するといいでしょう。

リンクマーカーは上と下にそれぞれあります。

EXモンスターゾーンに出す場合、相手にEX召喚枠を渡す点には注意しましょう。

 

 

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのリンク先となる自分フィールドに
「HERO」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、自分の墓地の、
「融合」魔法カード、「フュージョン」魔法カード、「チェンジ」速攻魔法カードの内、
いずれか1枚を対象として発動する。
そのカードを自分フィールドにセットする。

①の効果は1ターンに1度、このカードのリンク先の自分フィールドに

HEROが召喚か特殊召喚された場合に

墓地の「融合」魔法カード、「フュージョン」魔法カード、

「チェンジ」速攻魔法のいずれか1枚をフィールドにセットできるというものです。

遊戯王のルールとして通常魔法はセットしたターンにも発動できますが

速攻魔法はセットしたターンに発動できないという点は留意しておきましょう。

またあくまでセットできるのは魔法カードなので

罠カードであるD-フュージョンをセットできない点にも注意です。

主な狙い目はマスクチェンジ、ミラクル・フュージョンあたりでしょうか。

色々と幅広い用途に使える簡易融合をセットする手もあります。

 

 

②:このカードが戦闘または相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「HERO」モンスター1体を特殊召喚する。

②の効果は戦闘破壊か相手の効果で破壊されて墓地へ送られた場合に

手札からHERO1体を特殊召喚する展開効果です。

特殊召喚できるHEROのレベルに制限は無く

E・HEROネオスやD-HERO ドレッドガイなどの高レベルも特殊召喚可能です。

能動的に発動するには自爆特攻をする必要がありますが戦線維持としては便利な効果であり

E・HERO シャドー・ミストなどの特殊召喚された時の効果のトリガーとしても使えます。

 

 

特に①の効果が便利であり融合やM・HEROのサポートとして貢献してくれるでしょう。

レスキューラビットで通常モンスターのE・HEROを2体特殊召喚すれば

そのままこのカードのリンク召喚に繋げられる為

通常モンスターのE・HEROの価値を飛躍的に高めてくれる存在です。

関連記事

遊戯王カード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)ドラゴスタペリア

相手ターンにレベルを下げて効果も無効にする   今回紹介するのは11月21日に

記事を読む

【星杯(せいはい)】:遊戯王テーマ考察  連続でリンクしろと言わんばかりの展開能力!

コード・オブ・ザデュエリストに登場するリンクテーマ「星杯」 恐らくはこれがアニメ本編と関係ない

記事を読む

ペンデュラム・エボリューションと一緒に揃えておきたいカードは?覇王龍ズァークは来年まで我慢だ!

今日12月23日、ペンデュラム・エボリューションがいよいよ発売です。 収録されているカードも判

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:A BF(アサルト ブラックフェザー)-霧雨のクナイ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王テーマ考察:捕食植物(プレデター・プランツ)

アークファイブにおいてユーリの使用するテーマ、捕食植物。 インベイジョン・オブ・ヴェノムからカ

記事を読む

遊戯王カード考察:失楽の魔女 天使族のサポートにもシモッチバーンのお供にも、結界像も出せる

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

竜巻竜(トルネードラゴン)/Tornado Dragon:遊戯王カード考察  新しい汎用ランク4登場、魔法罠除去ならこいつの出番

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ第146話『ディメンション・ハイウェイ』感想

遊戯王ARC-V146話の感想です。 黒咲とのデュエルを終えた遊矢の前に現れたのはジャック・ア

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) ディシジョンガイ

デュエル中に1度だけの決断を   今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズより

記事を読む

遊戯王テーマ考察【ダイナレスラー】 久しぶりの恐竜族テーマ 上手くモンスターの数を調整しよう

遊戯王VRAINS第2期として妥当プレイメーカーを誓うGo鬼塚は カリスマデュエリストをやめ賞

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    E-HEROも忘れないであげてくれぇ(

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,486,292 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑