遊戯王カード考察:悪魔嬢(あくまじょう)リリス 特にシャドウ・ディストピアとセットで強い

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-よりこのカードです。

 

 

 

悪魔嬢リリス
効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻2000/守   0
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:召喚したこのカードの元々の攻撃力は1000になる。
②:自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから通常罠カード3枚を相手に見せ、
相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
そのカード1枚を自分フィールドにセットし、残りのカードはデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

闇属性悪魔族のレベル3モンスターです。

2本の角や尻尾、コウモリの羽といかにもな外見をした女悪魔です。

まさに悪魔の嬢ともいうべき禍々しくも妖艶な外見をしています。

名前の響きからすると悪魔城ドラキュラもイメージしているのかもしれませんね。

 

 

①:召喚したこのカードの元々の攻撃力は1000になる。

①の効果は通常召喚した場合、元々の攻撃力が半分の1000になるデメリット効果です。

効果を無効にしたり特殊召喚した場合には攻撃力の低下は発生しない為、

魔界発現世行きデスガイドなどで特殊召喚した場合はそのまま2000打点として活用できます。

伏魔殿-悪魔の迷宮-があれば意外とアタッカーとして馬鹿にできませんし

魔のデッキ破壊ウイルスや悪のデッキ破壊ウイルスの媒体としても活用できます。

逆に攻撃力が1000になるのは死のデッキ破壊ウイルスの媒体として使えるという意味では

一概にデメリットとも言えない弱体化となっています。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから通常罠カード3枚を相手に見せ、
相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
そのカード1枚を自分フィールドにセットし、残りのカードはデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

②の効果は1ターンに1度、

自分の場の闇属性1体をリリースする事で

デッキから通常罠3枚を相手に見せつつランダムで1枚選ばせ

その選ばれたカード1枚を自分の場にセットできるフリーチェーン効果です。

ストラクチャーデッキ的にウイルスカードをセットするのを想定しているのでしょうが

対象が通常罠なら何でもとかなり範囲が広く、激流葬や奈落の落とし穴など

使いやすいカードをサーチするのもいいでしょう。

強欲な瓶や八汰烏の骸をセットすれば疑似的なドローソースとしても機能します。

リリースする闇属性はトークンや通常モンスターをリンクリボーにしたり

バトルフェーダーなどを利用して確保するといいでしょう。

また自分自身をリリースして効果を発動する事もできる点も覚えておきましょう。

 

 

このカードの真価は闇黒世界-シャドウ・ディストピア-と組み合わせた場合であり

この場合毎ターンフリーチェーンで相手モンスターをリリースしつつ

さらに罠カードもセットできるという強烈な効果へと変貌します。

自分ターンで使えばセットした罠カードを相手ターンで発動でき、

相手ターンで使えば相手モンスターをリリースして展開の妨害を出来るという

どちらも強力な動きが可能です。

また②の効果で戦線復帰をセットすればこのカードを蘇生する事が出来、

シャドウ・ディストピアの方はメタバースをセットする事で再度発動が可能と

どちらかが除去された際のフォローも可能となっています。

関連記事

遊戯王カード考察:オッドアイズ・ファンタズマ・ドラゴン サーチ手段豊富なスケール0、効果も優秀

本日4月4日に漫画版遊戯王アークファイブの5巻が発売されます。 表紙のユーリとスターヴ

記事を読む

EM(エンタメイト)オッドアイズ・シンクロン:遊戯王カード考察  ちゃっかり吊り上げ効果がつきました

5月13日、いよいよコレクターズパック2017の発売ですね。 今回紹介するのはコレクターズパッ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ショーダウン

ペンデュラムや永続魔法を多用するデッキに   今回紹介するのはスターターデッキ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第51話『カリスマを捨てた男』感想

遊戯王ヴレインズ51話の感想です。     前回のあら

記事を読む

遊戯王カード考察:BM-4ボムスパイダー 色々と融通が利く自爆効果

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:魔帝(まてい)アングマール

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:修禅僧(しゅぜんそう) ゲンドウ

結構いやらしいです、こいつ   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズより

記事を読む

FNo.(フューチャーナンバーズ)0 未来皇ホープ-フューチャー・スラッシュ:遊戯王カード考察

墓地にナンバーズを溜めて一気に勝負を決めろ!   2月24日にザ・ヴァリュアブ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)ヒグルミ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王テーマ考察:【パラディオン】とにかくひたすら1体のリンクを強化する

星遺物を巡るOCGのストーリー、 その5つ目のテーマであるパラディオンが登場しました。

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    星が3と書いてあったり4と書いてあったり

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,339,732 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑