ミレニアム・アイズ・サクリファイス:遊戯王カード考察 手札誘発も怖くありまセーン

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。

 

 

 

ミレニアム・アイズ・サクリファイス
融合・効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻   0/守   0
「サクリファイス」+効果モンスター
①:1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、
相手のフィールド・墓地の効果モンスター1体を対象として発動できる。
その相手の効果モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
②:このカードの攻撃力・守備力は、
このカードの効果で装備したモンスターのそれぞれの数値分アップする。
③:このカードの効果で装備したモンスターと同名のモンスターは攻撃できず、
その効果は無効化される。

 

 

サウザンド・アイズ・サクリファイスのリメイクとなる融合モンスター。

 

サウザンド・アイズ・サクリファイスをベースに全体的に金色になっており

また全身の眼がペガサスの持つ千年眼になっているのが特徴です。

リメイク元に負けず劣らず禍々しい姿のモンスターとなっております。

 

 

融合素材はサクリファイス1体と効果モンスター1体を要求しています。

後半の融合素材が汎用リンクモンスターのような緩さです。

もう実質通常モンスターやトークン以外ならなんでもいいレベルの融合素材であり

その通常モンスターやトークンもリンク・スパイダーに変換すれば何も問題ありません。

それでいて前半の素材がしっかりモンスター名が記載されている事もあり

融合素材代用モンスターや融合呪印生物-闇、パラサイト・フュージョナーに対応しています。

特にパラサイト・フュージョナーは金華猫で蘇生すればそのまま融合素材に繋げられますし

黄泉ガエルあたりがいれば毎ターン融合召喚を狙う事も出来るなど

何かとミレニアム・アイズ・サクリファイスを出すのに都合がいい存在となっています。

このカードと一緒に専用の融合魔法であるサクリファイス・フュージョンが収録されますが

パラサイト・フュージョナーによる融合召喚も考慮しておくといいでしょう。

 

 

①の効果は1ターンに1度、相手がモンスター効果を発動した時に

相手のフィールドか墓地の効果モンスター1体を選択、

その相手モンスターを装備カード扱いとして自身に装備、

サクリファイスやサウザンド・アイズ・サクリファイスと違い

相手が何かしらの動きを見せないと効果を発動できないのが痛く

能動的に発動を狙いたい場合ミレニアム・アイズ・イリュージョニスト

サクリファイス・フュージョンに頼る必要があります。

その代わり吸収できるモンスターの数に(魔法罠ゾーン枠以外の)制限がないのと

条件が合えば相手ターンにも発動が狙えるの点、

それから墓地のモンスターも装備する事が出来る点がポイントとなっています。

 

 

②の効果は装備カードにしたモンスターの数値分だけ

このカードの攻撃力守備力を上昇させる自己強化効果です。

サクリファイスやサウザンド・アイズ・サクリファイスと同様の効果ですが

こちらは吸収できるモンスターの数に制限がない為、

吸収すれば吸収するほどどんどん攻撃力を上昇させる事が可能です。

ただし①の効果が能動的に発動できない関係で

逆に1体も吸収できていない攻守0の状態を晒しやすい点には注意が必要です。

実際相手が警戒しているのであればモンスターを吸収する事は難しい為、

できるだけミレニアム・アイズ・イリュージョニストなどの効果で能動的に吸収し

簡単に戦闘破壊されないだけの攻撃力守備力を確保したい所です。

 

 

③の効果はこのカードの効果で装備したモンスターと

同名モンスターの攻撃と効果を封じるというものです。

①の効果と合わせて実質的に相手モンスターが効果を発動すれば

それにチェーンして吸収する事で相手モンスターの効果を無効化可能です。

これは幽鬼うさぎや灰流うららといった手札発動型のモンスターも同様で

手札から捨てて発動した際に墓地にいったそれらのカードを吸収する事で

やはり同じように無効化する事が可能です。

墓地から除外して発動する効果などはその限りではありませんが

実質的に1ターンに1度相手モンスター効果を無効化できる優秀な効果です。

 

 

耐性の類は特になく、本領を発揮するにはある程度準備が必要なカードですが

リメイク前よりもかなり出しやすくなっており

出しやすさと強さをいい感じに両立しているカードだと言えます。

またこのカードがいれば相手は迂闊にモンスター効果を発動できなくなる為、

戦線復帰や強化蘇生などで相手ターンに蘇生すれば中々いやらしいです。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)スティルツ・シューター

今回紹介するのはクラッシュ・オブ・リベリオンよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ第114話『闇に輝く超銀河』感想

遊戯王ARC-V114話の感想です。 見事勝鬨相手のエンタメデュエルを成功に収めた遊矢。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:エルフの聖剣士

今年からローソンのloppyによる劇場版遊戯王による前売券の受付が開始されました。 この前売券

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第4話『カリスマデュエリスト Go鬼塚』感想

遊戯王ヴレインズ4話の感想です。 ハノイの騎士のフリをしてプレイメーカーをおびき寄せるGo鬼塚

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:プレゼントカード

デッキ破壊を軽視するあなたに送りものです   今回紹介するのはインベイジョン・

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:黄昏の忍者シンゲツ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

サイバース・ガジェット:遊戯王カード考察

1枚で3体分の素材になる新時代のガジェット!   3月21日にVジャンプ5月号

記事を読む

ドラコネット、ビットロン:遊戯王カード考察

ローレベル通常モンスターの大きなサポート!   今回紹介するのはスターターデッ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブービートラップE

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第69話『疾走するディーバ』感想

遊戯王ARC-V69話の感想です。 今回は柊柚子VSエンジョイ長次郎。 シンクロ次元に来

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:クリフォート・ゲニウス 機械族全般で有用、スキルドレインのお供に

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

パワーコード・トーカー:遊戯王カード考察 今度のコードトーカーは脳筋担当

12月9日に新しいストラクチャーデッキ、パワーコード・リンクが発売され

セキュリティ・ドラゴン:遊戯王カード考察 そろそろトーチ・ゴーレム許されなさそう

10月21日にVジャンプ12月号が発売されます。 今回紹介するの

アロマセラフィ-ジャスミン:遊戯王カード考察  アロマだけでなく植物族全般で有用

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第23話『ゲノムの巨人』感想

遊戯王ヴレインズ23話の感想です。 アザナー状態になったマコトの

→もっと見る

    • 4,727,034 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑