遊戯王OCG、2017年10月の制限改定判明!懐かしいあのカードが禁止解除

2017年10月のリミットレギュレーションが判明しました。

毎年10月はかなり大幅な改定が行われていましたが

果たして新マスタールールが来てどのような改定が行われるでしょうか。

 

 

 

規制強化されたカード

・禁止

真竜剣皇マスターP
ドラゴニックD

 

・制限

召喚師アレイスター
真竜拳士ダイナマイトK
魂喰いオヴィラプター
ベビケラサウルス
ABC-ドラゴン・バスター
源竜星-ボウテンコウ
テラ・フォーミング
グリモの魔導書
真竜の継承
真竜皇の復活
トリックスター・リンカーネイション

 

・準制限

WW-アイス・ベル
増殖するG
化石調査

 

規制緩和されたカード

・制限

同族感染ウィルス

 

・準制限

召喚僧サモンプリースト
貪欲な壺
未来融合-フューチャー・フュージョン

 

・無制限

EMペンデュラム・マジシャン
黒き森のウィッチ
彼岸の悪鬼 スカラマリオン
レスキューキャット
異次元からの埋葬
炎舞-「天キ」
儀式の準備
機殻の生け贄
真帝王領域
揺れる眼差し
竜の渓谷

 

というわけでかなり大幅なな改定が行われました。

新マスタールールの環境も公式が理解してきたという事なのでしょう。

規制、緩和ともにがっつり来てます。

ではいくつかピックアップしていきましょう。

 

 

真竜剣皇マスターP(制限→禁止)

ドラゴニックD(制限→禁止)

真竜拳士ダイナマイトK(無制限→制限)

真竜の継承(無制限→制限)

真竜皇の復活(無制限→制限)

というわけで真竜許されませんでした。

まあ規制受けてもなお環境トップに君臨していましたからね。

マスターPとドラゴニックDが禁止になり

それに加えてさらに新たに3つのカードが制限になっています。

アドバンス軸もランク9軸も大きく弱体化を受けたと言えるでしょう。

というかこれ、十二獣よりも規制されてません?

まああっちは禁止3枚ありますが。

 

 

魂喰いオヴィラプター(無制限→制限)

ベビケラサウルス(無制限→制限)

化石調査(無制限→準制限)

真竜の次に大きく規制されたのが恐竜族です。

戦術の核となっていたモンスター2体が制限に

万能サーチであった化石調査が準制限になっています。

魂喰いオヴィラプターからのコンボはかなり狙いづらくなったでしょう。

 

 

召喚師アレイスター(無制限→制限)

グリモの魔導書(無制限→制限)

WW-アイス・ベル(無制限→準制限)

召喚獣の主軸となるアレイスターが制限となりました。

様々なデッキに出張パーツとして活躍していた為の規制と言えるでしょう。

また召喚獣と組むことが多かった魔導とウィンドウィッチにも規制が入っており

それぞれグリモの魔導書が制限カードに、

アイス・ベルが準制限カードになっています。

 

 

トリックスター・リンカーネイション(無制限→制限)

やっぱりハンデス許されませんでした

ドロール&ロックバードとのハンデスコンボが危険視されたのでしょう。

10期組初の規制はトリックスターが飾る事となりました。

ハンデス以外でもトリックスターの要となっていた事もあり

多くのトリックスターデッキは調整を求められる事になるでしょう。

まあアニメテーマですし新カードにも期待したい所です。

 

 

源竜星-ボウテンコウ(無制限→制限)

強力なシンクロモンスターであるボウテンコウが制限です。

竜星も真竜や恐竜族と一緒に活躍していた影響でしょう。

竜星のみならずセフィラにとっても痛い規制と言えます。

 

 

ABC-ドラゴン・バスター(無制限→制限)

前回ユニオン格納庫が緩和されたと思ったら

今度はドラゴン・バスターが制限カードになってしまいました。

ちょっとABC緩和するのは早すぎたと判断されたようですね。

 

 

テラ・フォーミング(準制限→制限)

フィールド魔法サーチであるテラ・フォーミングがさらに規制強化されました。

最近は強力なフィールド魔法が多数増えている関係での処置と言えるでしょう。

フィールド魔法への依存度が強いデッキは

今後はメタバースをどう活用していくかも大事になってくるでしょう。

 

 

同族感染ウィルス(禁止→制限)

11年以上の歳月を得て同族感染ウィルスが制限復帰です。

手札1枚をコストに宣言した種族を破壊出来る効果を持っており

下級モンスターの中でも高い除去能力を持っていたカードです。

今でも十分通用する強力なカードであり

さらに効果発動後はエクシーズ素材やリンク素材に出来る為、

新しい環境でどのような活躍をするのか楽しみな所です。

 

 

貪欲な壺(制限→準制限)

多くのデッキに入る強力なドローカードが準制限となりました。

個人的にこのカードの準制限化が

今回最も多くのデッキに影響を与える改定ではないかと思います。

特に連続リンク召喚によって高速で墓地が肥えるリンクテーマにおいて

恩恵が大きい緩和だと言えるでしょう。

それ以外でも墓地のカードを再利用したいデッキ全般に大きな影響を与えます。

 

 

召喚僧サモンプリースト(制限→準制限)

こちらも長らく制限カードでありながら準制限に緩和されたカードです。

レベル4モンスターを自由にデッキから特殊召喚可能であり

特にランク4のエクシーズを狙うデッキには嬉しいカードです。

禁止解除された同族感染ウィルスを出せる点も見逃せません。

 

 

EMペンデュラム・マジシャン(準制限→無制限)

揺れる眼差し(準制限→無制限)

新マスタールールではあまり強くないと判断されたのでしょう。

とうというEMペンデュラム・マジシャンが無制限となりました。

また同じく強力なエクストラデッキ肥やし性能を誇っていた

揺れる眼差しも無制限です。

何気にEMは今でも魔術師との組み合わせで大会で成績を残しており

緩和における今後の活躍に期待したい所です。

 

 

未来融合-フューチャー・フュージョン(制限→準制限)

黒き森のウィッチ(準制限→無制限)

レスキューキャット(準制限→無制限)

元禁止カードだったエラッタ組が順調に緩和されていきました。

特にレスキューキャットはサモンプリーストも一緒に緩和されており

往年の魔法の言葉「サモサモキャットベルンベルン」が

当たり前のように出来る時代になってますね。

まあ新マスタールールもありこっから何か狙うのも難しいんですが。

 

 

炎舞-「天キ」(準制限→無制限)

獣戦士族における万能サーチカードが完全復帰です。

まあこのカードの規制は十二獣のとばっちりみたいな感じでしたしね。

十二獣や炎星、月光のみならず

今度リンクモンスターが追加される剣闘獣にも影響が出そうですね。

 

 

竜の渓谷

テラ・フォーミングと入れ替わる形で完全復帰です。

ようやくドラグニティ許されましたね。

これでいよいよ征竜の影響も完全に消えた感じでしょうか。

征竜はもうエラッタされない限り帰ってこないでしょうね・・・

 

 

総評

環境上位に入っていたデッキのほとんどが規制を食らった形となっています。

そんな中規制を免れた形なのは【壊獣カグヤ】【EM魔術師】あたりでしょうか。

今後これらのテーマがどう活躍していくかに注目したい所です。

そして新しいテーマとしては【SPYRAL】や【魔弾】が早速成績を残しています。

やはりと言うべきか新しいテーマという事で規制を免れたテーマ、

他の強いテーマが弱体化された事で今後さらに活躍が予想されます。

この2つのテーマにどう立ち向かうかが重要な鍵を握る事になるでしょう。

関連記事

【星杯(せいはい)】:遊戯王テーマ考察  連続でリンクしろと言わんばかりの展開能力!

コード・オブ・ザデュエリストに登場するリンクテーマ「星杯」 恐らくはこれがアニメ本編と関係ない

記事を読む

DDD疾風大王(しっぷうだいおう) エグゼクティブ・アレクサンダー:遊戯王カード考察

アタッカーとしても展開要因としても活用できる!   今回紹介するのはコード・オ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:RUM(ランクアップマジック)-レイド・フォース

ディメンション・オブ・カオスで発売されるカードも結構判明してきました。 今回紹介するのはこのカ

記事を読む

EM(エンタメイト)オッドアイズ・シンクロン:遊戯王カード考察  ちゃっかり吊り上げ効果がつきました

5月13日、いよいよコレクターズパック2017の発売ですね。 今回紹介するのはコレクターズパッ

記事を読む

覇王眷竜(はおうけんりゅう)オッドアイズ:遊戯王カード考察  ちゃんと覇王龍ズァークの効果で出せます!

本日4月15日、いよいよコード・オブ・ザ・デュエリストの発売日です。 今回紹介するのはコード・

記事を読む

栄光の聖騎士団(えいこうのせいきしだん):遊戯王カード考察 トリスタンとの組み合わせが強力

皆さんコード・トーカーはもう貰いましたか? 自分のいった所は自分が初めて貰いにいった客だったみ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:影のデッキ破壊ウイルス

守備力版魔のデッキ破壊ウイルス!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよ

記事を読む

精霊神后(エレメンタルグレイス) ドリアード:遊戯王カード考察  墓地コストがある限り特殊召喚無効、あとはどう召喚条件を満たすか

7月8日です。いよいよサーキット・ブレイク発売ですね。 今回紹介するのはサーキット・ブレイクよ

記事を読む

遊戯王カード考察:破壊剣士の揺籃(はかいけんしのようらん)

墓地からバスブレ落としてそのまま蘇生!   2017年の1月14日にマキシマム

記事を読む

伝説のフィッシャーマン二世:遊戯王カード考察 梶木くんなにカードになってんねん・・・・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    魔弾ごときでトップ取れるってぬるくなったな

  2. 匿名 より:

    これだけ規制したら当たり前だろ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:クリフォート・ゲニウス 機械族全般で有用、スキルドレインのお供に

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

パワーコード・トーカー:遊戯王カード考察 今度のコードトーカーは脳筋担当

12月9日に新しいストラクチャーデッキ、パワーコード・リンクが発売され

セキュリティ・ドラゴン:遊戯王カード考察 そろそろトーチ・ゴーレム許されなさそう

10月21日にVジャンプ12月号が発売されます。 今回紹介するの

アロマセラフィ-ジャスミン:遊戯王カード考察  アロマだけでなく植物族全般で有用

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第23話『ゲノムの巨人』感想

遊戯王ヴレインズ23話の感想です。 アザナー状態になったマコトの

→もっと見る

    • 4,727,034 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑