PR
スポンサーリンク

《燦幻封炉(さんげんフーロ)》遊戯王OCGカード考察 制限になった盃満ちる燦幻荘を丁度フォローするカードが

スポンサーリンク

今回紹介するのは7月27日発売の

RAGE OF THE ABYSS(レイジ・オブ・アビス)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

燦幻封炉(さんげんフーロ)
永続魔法
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、自分のドラゴン族・炎属性モンスターの戦闘でモンスターが破壊された時、
その破壊されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。
②:相手エンドフェイズに、1000LPを払い、
自分の墓地の「燦幻」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードはフィールドから離れた場合に除外される。

wiki

 

【天盃龍】用の永続魔法です。

 

元禄の幻禄の天盃龍が黒い牌を持って盃満ちる燦幻荘の元へ飛んでいこうとしています。

周囲には他にもたくさんの黒い牌が埋もれており

恐らくこれは麻雀に置ける「捨て牌」をイメージしているのでしょうね。

 

「フーロ(副露)」とは麻雀において他の相手が打った牌を取得して

自分の面子を完成させる事です。

いわゆるポン、チー、カンといった「鳴く」行為がそれに該当します。

 

スポンサーリンク

 

戦闘破壊されたモンスターを守備表示にして蘇生

①:1ターンに1度、自分のドラゴン族・炎属性モンスターの戦闘でモンスターが破壊された時、
その破壊されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、

自分の炎属性ドラゴン族の戦闘でモンスターが破壊された時に

その破壊されたモンスターを自分の場に守備表示に特殊召喚します。

破壊されるのは自分、相手どちらのモンスターでもよく、

自分モンスターが破壊された場合にはすぐさま蘇生させて盤面を維持する事が可能であり

相手モンスターを破壊した場合にはゴヨウ・ガーディアンのような形で相手モンスターを奪います。

 

守備表示になる点も含めて丁度相手モンスターを戦闘破壊した時に

相手の配牌を取得する麻雀のフーロを再現する形となります。

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:相手エンドフェイズに、1000LPを払い、
自分の墓地の「燦幻」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードはフィールドから離れた場合に除外される。

②の効果は相手エンドフェイズに1度、ライフを1000支払う事で

自分の墓地の「燦幻」と名の付く魔法罠を自分の場にセットできます。

セットしたカードは場から離れた場合に除外されてしまうので

セットするのであれば墓地から除外する効果を持つ《燦幻開花》以外がいいでしょう。

セットタイミングが相手エンドフェイズな事もあり

速攻魔法である《燦幻開門》も再利用しやすいです。

 

 

つい今月制限カードとなった《盃満ちる燦幻荘》をフォローするように追加された新規であり

1枚しかないあちらが除去されてしまった場合でも

このカードで墓地からセットしなおして再利用する事が可能です。

それでも1度限りとなってしまいますがフォロー手段あるに越したことはなく、

《燦幻開門》の方の再利用もできるので腐りづらいです。

①の戦闘破壊されたモンスターを特殊召喚する効果もお互いのターンに利用しやすく、

各種天盃龍の効果発動の為に自爆特攻をする動きも積極的に狙えるようになります。

 

 

天盃龍、規制されてもなんだかんだ普通に活躍しているので

そこに来て更に新規貰えるのは美味しいですね。

流石に盃満ちる燦幻荘ほど強力なカードではありませんが

それでも十分ありがたいと思います。

コメント