PR
スポンサーリンク

「遊戯王マスターデュエル」7月11日にリミットレギュレーション変更!え!?2枚積んでもいいんですか!?

スポンサーリンク

2024年7月11日に

マスターデュエルの制限改定(リミットレギュレーション)が変更されます。

前回の変更はこちらです。

 

 

規制強化されたカード

・禁止
カイザーコロシアム
カタパルト・タートル

 

 

・制限
サモンリミッター

 

 

・準制限
篝火
R-ACEエアホイスター
ピュアリィ・リリィ

 

 

規制緩和されたカード

・準制限
天霆號アーゼウス

 

 

・無制限
マジェスペクター・ユニコーン
クシャトリラ・バース
八汰烏
星守の騎士 プトレマイオス

 

 

規制強化が6枚、規制緩和が5枚と表面上の枚数はそれなり

新たに禁止カードが2枚、禁止解除が1枚あると

中々思い切った形の変更になっています。

 

まずOCGに続く形で《カイザーコロシアム》と《カタパルト・タートル》が禁止となりました。

悪さするだろうって事はOCGでもマスターデュエルでも変わらないから

マスターデュエルでもとっとと禁止にしてしまおうって感じですね。

【神碑】あたりは特に影響を受ける形となるでしょう。

 

《サモンリミッター》や《篝火》もOCGに準ずる形で規制される事になりました。

まあマスターデュエルでも【スネークアイ】なり【R-ACE】なり暴れていたので

篝火の枚数が1枚減るのは妥当な所でしょう。

R-ACEはエアホイスターも1枚減らされています。

 

緩和の方ではこちらもOCGに習う形で《マジェスペクター・ユニコーン》が禁止解除されましたが

なんとマスターデュエルでは一気に無制限になっており3枚搭載できるようになりました。

まだマスターデュエルではマジェスペクターの新規が登場していませんが

もじ実装されたら本格的にOCGよりも本領発揮したマジェスペクターが見られそうですね。

単体でも高いポテンシャルを秘めているカードなので

ペンデュラムデッキ全般がこのカードの登場で変わってくることも考えられます。

 

また緩和でもう1つの注目株と言えるのが《天霆號アーゼウス》の準制限です。

その汎用性の高さと性能からずっと1枚しか採用できませんでしたが

この度、もう1枚採用できるようになりました。

2ターン連続で出していく事も積極的に狙えるエクシーズなので

エクシーズ召喚を行うデッキ全般に影響を及ぼしてきそうです。

 

あと何気に《クシャトリラ・バース》無制限になっています。

【クシャトリラ】は文句なしに強力なデッキなはずですが

そんなクシャトリラが緩和されるほどには今の環境が凄まじいという事ですね。

 

 

というわけで基本的にOCGに準拠しつつも

一部、OCGとはまた違った改定をしている思い切った制限改定となっています。

特にアーゼウスの準制限は環境にどれくらい影響していくのか気になる所ですね。

 

あとマジェスペクター・ユニコーンが無制限に緩和されたのを見ると

近いうちにマジェスペクターの新規がやってくることにも期待したいですね。

コメント