PR
スポンサーリンク

《ギミック・パペット-キラーナイト》遊戯王OCGカード考察 出番ほんのちょっとだったのに滅茶苦茶効果盛られました

スポンサーリンク

今回紹介するのは6月22日発売の

ANIMATION CHRONICLE 2024(アニメーションクロニクル2024)」よりこのカードです。

 

カード説明

ギミック・パペット-キラーナイト
効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1800/守 500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、
自分は「ギミック・パペット」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
①:このカードが手札に存在する場合、
自分の墓地の「ギミック・パペット」モンスター1体
または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のフィールドに効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
その後、このカードを特殊召喚する。
②:このカードが手札以外から墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

wiki

 

【ギミック・パペット】の新規となる闇属性機械族のレベル4モンスターです。

遊戯王ZEXALにおいてⅣが使用し直接攻撃を仕掛けてライフを0にしていました。

アニメでは本当にちょっとだけの出番であり効果も何も不明でしたが

OCG化に伴い独自に効果が追加されました。

 

 

右手に真鍮製と思わしき剣を持った兵隊の人形です。

ギャンのような突起のついた頭部や

いかにもおもちゃって感じの関節部がいい味出してますね。

 

スポンサーリンク

 

自身と一緒に墓地のギミック・パペットや相手モンスターを特殊召喚

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、
自分は「ギミック・パペット」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
①:このカードが手札に存在する場合、
自分の墓地の「ギミック・パペット」モンスター1体
または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のフィールドに効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
その後、このカードを特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、

自分の墓地のギミック・パペットか相手の墓地のモンスター1体を

効果無効、守備表示で持ち主の場に蘇生しその後で自身も手札から特殊召喚できます。

自己展開と蘇生を同時に行える効果であり

召喚権なしで《ギミック・パペット-ギガンテス・ドール》のエクシーズ召喚や

《ギミック・パペット-キメラ・ドール》のリンク召喚へと繋げられます。

蘇生したモンスターの効果は無効になりますが

《ギミック・パペット-ブラッディ・ドール》の墓地へ送られた効果などは利用可能です。

 

相手のモンスターを相手の場に蘇生させる事も可能であり

蘇生させたモンスターを《CX ギミック・パペット-ファナティクス・マキナ》

No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー》で破壊して

バーンダメージを与えるコンボが可能です。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、
自分は「ギミック・パペット」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
②:このカードが手札以外から墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、

自身が手札以外から墓地へ送られた場合に手札に回収可能です。

《ギミック・パペット-ブラッディ・ドール》とが持つ効果と共通であり

リンク素材やエクシーズ素材として墓地へ送っても再利用が可能です。

 

 

制約としてどちらの効果も発動するターンは

エクストラデッキからギミック・パペット以外特殊召喚できなくなります。

ギミック・パペット-ブラッディ・ドール》と同様の制約であり

あちらと一緒に採用しているのであればデメリットを共有できます。

 

 

まあ滅茶苦茶強いです

ブラッディ・ドールの時に思ったのですが

縛り付ければいくらでも効果盛ってもいいとか考えてますね公式は。

自己展開と蘇生が同時に行えるだけでも十分すぎるほど優秀ですが

そこにブラッディ・ドールと同じような再利用効果までついています。

あちらと一緒に手札にあればそれぞれの効果で他のモンスターと一緒に再利用可能であり

各種素材にして墓地から回収して次のターンも同様に展開が可能です。

 

ただブラッディ・ドールと違いこのカードはレベル4なので

直接ランク8のギミック・パペットに繋げる事はできません。

基本的には《ギミック・パペット-キメラ・ドール》のリンク召喚に利用しつつ

《ギミック・パペット-リトル・ソルジャーズ》が墓地にある場合などは

レベルを調整してランク8のエクシーズ素材に利用する形がいいでしょう。

 

いずれにせよブラッディ・ドールと遜色ない性能を持つ強烈なカードです。

あちらを採用しているのならデメリットも共有できますし

是非ともこちらも一緒に採用したい所です。

 

 

効果が不明だからって盛られる原作カードはありますが

それでもここまでやりたい放題に盛られるのは早々ないですね。

コメント