PR
スポンサーリンク

遊戯王ゴーラッシュ!!第104話『ザ、ダークメン』感想 トイレ我慢する姿を見て興奮する新たなる変態サビュアス!

スポンサーリンク

ゴーラッシュ104話の感想です。

前回の感想はこちらです。

 

 

 

トイレをかけたデュエル

開幕、とある惑星に不時着するバリベルギャー。

カレーパンは「惜しい人たちを亡くした」とクルーたちを死んだ扱いにしようとしますが

ちゃんと全員生存しており生きてやがったかと舌打ちしています。

ただ不時着の影響で遊飛と遊歩のデッキがごちゃ混ぜになってしまいます。

ダマムーの協力もあってカードそのものは無事回収するものの、

この手のトラブルはデッキが混ざるものと相場が決まっています。

 

さて不時着した場所はゴラドニウム鉱山惑星、

かつてシューバッハと出会った場所です。

カレーパンはバリベルギャーのダメージチェックをし

とりあえず様々な箇所で修理が必要であるという状況のようです。

そんなバリベルギャーのチェックをしているカレーパンに忍び寄る謎の影の存在がありました。

 

さて修理が必要という事で今現在一番の問題はトイレが使えない事です。

そしてトイレが使えないと聞いて急に遊飛がもじもじしはじめました。

意識しちゃった結果尿意が急にやって来た様子です。

遊飛は大丈夫だと強がりますがどう見ても大丈夫そうには見えません。

ともかくバリベルギャーを修理しようという話になりましたが

そんな時にどこからともかく謎の笑い声が響きます。

 

その笑いの主はなんと遊飛の影から現れ、やがて実体してその姿を現しました。

彼の名はサビュアス。「影より出ずる悲劇の黒き天使」と自己紹介するあたり

かなり中二病の気があるイケメンです。

自分は声優にそこまで精通しているわけではありませんがそれでもこの人の声は一発で分かりました。

速水奨さんです。個人的にはサンドマン様のイメージが強いですね。

 

さてそんなサビュアスですがどうやらカレーパンの制御を乗っ取ったようで

トイレの修理を妨害してきました。

もうガマンが限界な遊飛はトイレを直せとサビュアスに要求しますが

どんどん余裕がなくなって涙目になっていきます。

そんなサビュアスはラッシュデュエルで自分に勝てば修理すると宣言し

こうして遊飛とサビュアスがラッシュデュエルする事になりました。

 

もういっそ適当な場所で用を足せばいいのでは?と思わなくもないですが

どうやら遊飛は格好つけようとしてる手前、野ションはどうしても避けたいようです。

今のもじもじしている状態の方が恰好悪いと思うよ。

 

スポンサーリンク

 

トイレ我慢する表情がもっと見たい!

先攻はサビュアス、ドロー。

まずモンスター3体を裏側守備表示でセットします。

なおサビュアスは一貫して裏側守備の事を「影守備」と表現します。

そして1体をリリースしてダークマター・ナイトをアドバンス召喚、

裏側守備のモンスター×500だけ自身の攻撃力を上昇させる永続効果を持っています。

サビュアスはこれでターンエンド。

 

遊飛のターン、ドロー。

ドラゴサイトと家禽竜ギガチャージを召喚・・・した所で

遊歩のカードがデッキに混ざっている事を理解します。

しかし遊歩のデッキは元々遊飛が使っていたもなのでこのまま続行、

ギガチャージの効果で手札のモンスターを墓地へ送ってそのレベル×100のダメージを受け、

代わりに1枚ドローしてそれがモンスターであればそのレベル×100回復します。

手札に送ったのはレベル5のアップデートワイバーンで

ドローしたのはブルートゥース・バースト・ドラゴンなので差し引き200の回復です。

そのまま2体をリリースしてブルートゥースをアドバンス召喚!

・・・するのはいいのですがトイレを我慢しているせいで召喚口上がいっぱいいっぱいです。

いいのか妹のエースを使用する場面がこんなんで。

それでもトイレを我慢しながらデュエルは続行します。

装備魔法「リスクラック・バーストランス」をブルートゥースに装備、

自分ターンの間は攻撃力1500アップに加え貫通効果を付与する代わりに

相手ターンの間は攻撃力3000ダウンというまさにハイリスクハイリターンのカードです。

それでも一撃で相手のライフを削れることを期待して影守備モンスターを攻撃するも

サビュアスは罠「ダークマター・リアクティブシリンダー」を発動、

攻撃対象をダークマター・ナイトに差し替えた上で受ける戦闘ダメージを相手に押し付けます。

これによりダークマター・ナイトの戦闘破壊にこそ成功する者の

1200のダメージを受けてしまいます。

遊飛はこれでターンエンドです。

ブルートゥースの攻撃力は0になってしまいますが

それでも策は用意している様子です。

 

サビュアスのターン、ドロー。

ダークマター・ナイトを手札から墓地へ送って魔法「ダークマター・パラレルポッド」を発動、

デッキトップ3枚を墓地へ送ってその中にあるモンスター2体を手札に回収、

更に影守備モンスターが2体いる事で1枚ドローできます。

更に魔法「ダークマター・ストーム」を発動、

モンスター1体を墓地へ送る事で相手の魔法罠を全て破壊します。

これにより装備魔法が破壊された事で攻撃力は元に戻るものの

一緒に伏せていた罠「イクイップ・クラッカー」も破壊されてしまい作戦が瓦解します。

ちなみにこの罠、装備魔法をコストにして相手のカード1枚を破壊するというもので

相手が攻撃してきたタイミングで攻撃力を元に戻して返り討ちを狙う算段でした。

 

尿意を我慢している事もあってもう表情がいっぱいいっぱいな遊飛、

そんな遊飛をサビュアスはもっと絶望に染まった顔を見せてくれと大喜びです。

悪役っぽい事言ってますが状況的には

相手がトイレ我慢している様子を見て興奮する変態です。

これ、片方の性別が違ってたら大分アウトな絵面ですね。

いや同性同士なら大丈夫というわけでもありませんが。

 

ちなみにカレーパンは別にサビュアスに制御を乗っ取られたわけではなく

ただ単にサビュアスがイケメンで一目ぼれしたから彼に従っているだけの様子です。

お前前回散々生命体見下してた割にそういう美意識持ってたのか。

 

サビュアスはダークマター・クレイドールを2体場にだし2体とも効果発動、

ライフを1000払ってカード名を「ダークマター・ミスト」に変更、

さらに墓地から「フュージョン」を回収しそのまま発動。

 

輝きは闇より生まれ!音色は静寂より生まれ、
導きは謎より生まれ…今、解き放たれる!
真実、暗黒の力を授かりし王の降臨によって!
フュージョン召喚!ダークマター・エニグマータ!!

 

ダークマター・エニグマータをフュージョン召喚します。

その効果は素材となった2体の攻撃力合計を自分の攻撃力にするというもので

これにより2800にまで攻撃力が上昇。

さらに魔法「ダークマター・ナイトメア」で墓地から2体影守備で蘇生しつつ

さらに魔法「ダークマター・フォース」によって

ブルートゥースの攻撃力をエニグマータの攻撃力に加えます。

そのままブルートゥースを攻撃して戦闘破壊、

遊飛に2800のダメージを与えました。残りライフ200です。

サビュアスはこれでターンエンド。

 

遊飛のターン、ドロー。

トイレはまだギリギリ我慢できるものの、

人が冷や汗流してるのを見て喜んでいるサビュアスに対して怒り心頭です。

αバーン・ドレイクとアプリザードを召喚してリリース、

ジョインテック・レックスをアドバンス召喚します。

更に魔法「ドラゴテック・リペア」で墓地のブルートゥースを蘇生した後に

「フュージョン」を発動します。

 

青空と勇気を超光速でジョインとペアリング!
大地を踏みしめ輝きのスピードで!
さあ来いよ!フュージョン召喚!
ブルーテック・バーストレックス!!

ブルートゥース・バーストドラゴンとジョインテック・レックスを素材に

ブルーテック・バーストレックスをフュージョン召喚します。

その効果は相手の裏側カードを3枚まで破壊した上で

破壊した数×500だけ自身の攻撃力をアップ、

更に相手モンスター1体の攻撃力を1000ダウンさせます。

そのままエニグマータを攻撃して戦闘破壊、サビュアスのライフを0にしました。

遊飛の勝利です。

 

遊飛の勝利をユウディアスが労う・・・暇もなく遊飛はそのままトイレへ直行します。

よっぽどギリギリだったようですね。

サビュアスは約束通りトイレの修理をカレーパンに要請しますが

そんなに修理ってすぐできるようなものなんでしょうか?

まあベルギャー脅威の技術力に期待するしかないですね。

 

サビュアスは自分の事をダークマター帝国のダークメンだと改めて自己紹介します。

ユウディアスはそんな帝国は聞いた事がないと言いますが

サビュアスもまた光のあたる場所に人が住んでいる事が予想外だったようです。

なんらかの原因で本来接触する事がなかった中で接触が可能になった感じでしょうか。

 

サビュアスは黒豹の姿に変化し、

ユウディアス達が懸命に耐え忍ぶ姿を楽しみにしていると言ってそのまま姿を消します。

今後また接触する機会がありそうですね。

 

修理完了してトイレに駆け込む遊飛、

しかし新たな問題が発生しました。紙がありません。

我慢していたのは「小」の方だとは思いますが

恐らくは一緒に「大」の方もしたくなったのでしょうね。

そんな遊飛にダマムーがドアの隙間から紙代わりにゴラドニウム鉱石を渡そうとします。

いやさすがにそれでケツ拭くのは無茶だろうという事で

フェイザーの反物を更に差し出します。

実際にこれ使ったらトレモロが激怒しそうですがそんな事より何かがおかしいです。

ダマムーの手が合計3つあります。

気になって上から覗き見てみるとダマムーが2人に増えていました。

 

 

 

というわけで新たなる勢力、ダークメンの1人であるサビュアスが登場しました。

厨二感全開のイケメンで人の絶望する表情が見たいというこれだけならよく見る悪役ですが

実体として「人がトイレ我慢してるのを見て喜ぶ変態」になっているのがゴーラッシュです。

そんな彼のデッキはダークメンと名のつく闇属性サイバース族デッキ、

裏守備ならぬ影守備表示のモンスターを積極的に利用するデッキです。

そしてベルギャー人以外でギャラクシー族を使う人物が現れましたね。

もしかしてダークメンは皆サイバース族使いでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

次回予告 第105話『キャプテンエポック』

公式予告

 

地球からバリベルギャーに救援物資が送られてくるも、届いたのはマナブとニャンデスター。

相変わらず食糧事情はカレーパンのみの模様です。

そんな中で誰がバリベルギャーのキャプテンになるかを決める為に

マナブとエポックがデュエルするようですね。

こういうのはどちらでもない別の誰かがキャプテンになるオチになりそうです。

 

そしてダイスマイトガールの姿が確認できました、

やはりというかダイスマイト系、エポックが使うカードのようですね。

 

 

 

コメント