PR
スポンサーリンク

遊戯王ゴーラッシュ!!第102話『勝者なき宇宙(そら)』感想 未来の仲間によろしくな!

スポンサーリンク

ゴーラッシュ102話の感想です。

前回の感想はこちらです。

 

 

フュージョンを使ったフュージョン

最初にクァイドゥールのモノローグが流れます。

これがしたちはこのまま無に還らねばならないのかとオーティスに手を伸ばして問いかけるクァイドゥール。

しかし物言わぬ状態となったオーティスは何も答えてくれません。

 

現在のデュエルでは時空の歪みが発生して迂闊に近づくこともできない状況です。

最悪の場合、全員が時空の歪みに飛ばされて戻れなくなるとの事。

ですがそんな中でも2人のデュエルは続行されます。

 

ロード・オブ・ギャラクティカでセブンスロード・チャームウィッチを攻撃するユウディアス。

しかし装備魔法「ワンダー・アミュレット」によって戦闘破壊は防がれ

ダメージだけ受ける形となります。

ユウディアスはこれでターンエンドです。

 

 

遊歩のターン、ドロー。

まず魔法「リカバリー・フォース」で墓地のカードをデッキに戻しつつドローした後に

ミスティック・ディーラーを召喚してリリース、セブンスロード・ウィッチをアドバンス召喚します。

そして「フュージョン」を発動、

セブンスロード・ウィッチとセブンスロード・チャームウィッチを素材として

セブンスロード・アルテマウィッチをフュージョン召喚します。

フュージョンモンスターを素材にしたフュージョンでありユウディアスも驚愕しています。

その効果は相手の墓地の魔法1枚をデッキに戻す事で

自分の墓地から好きな魔法を手札に加えるというもの、

そうして手札に戻したのは装備魔法「ローグ・オブ・ザ・リング」であり早速装備、

その効果は攻撃力300アップに加え、相手の攻撃力が自分より高ければ

さらに1000アップします。

こうしてロード・オブ・ギャラクティカの攻撃力を上回った事で攻撃、

ユウディアスは罠「サンダー・スパーク」で攻撃力を下げるもそれでも上回る事はできず、

ロード・オブ・ギャラクティカは戦闘破壊されユウディアスのライフは残り100まで追い詰められます。

遊歩はこれでターンエンド。

 

デュエルを続けたことでユウディアスの体にも異常が来てしまいます。

とうとうユウディアスの体も限界が近づいてきました。

それでもユウディアスはデュエルの続行を決意します。

遊歩は今、遊我の代わりに厳しい道を歩こうとしている、

でもそれは本来は遊歩も、そして遊我が1人で背負わなくてもいいものだと、

だからこそそうして厳しい道を歩もうとしている遊歩を止めないといけないと。

 

スポンサーリンク

子孫との別れ

ユウディアスのターン、ドロー。

タマボット2体を召喚してリリース、ジョインテック・レックスをアドバンス召喚です。

その効果で遊歩の伏せカードを1枚破壊した後に

装備魔法「ジョインテック・スクラップブラスター」を装備、

墓地の装備魔法の数×600だけ攻撃力をアップさせます。

 

ここでユウディアスの足がぺらぺらになりそのまま意識を失います。

精神世界のような場所で目覚めるとそこにはクァイドゥールがいました。

しっかりしろというクァイドゥールの励ましにより意識が目覚めるユウディアス、

クァイドゥールと話した事を、

そしてクァイドゥールにはずっと謎の感情があった事をユウディアスは伝えます。

 

『王道のものには気をつけろ』

 

はたしてこれは今の敵対している遊我や遊歩の事を言っているのでしょうか。

遊歩は自分がベルギャー人に敵対する事を分かっていたのかもと自虐的に言いますが

ユウディアスは遊歩が心の底から敵対しようなどとは絶対に思わないとそれを否定します。

そんなことは当たり前だよ、消えて欲しいなんて思うわけないと涙ながらに肯定する遊歩。

それでも彼女は遊我が1人で思い詰めているのを黙って見ていられませんでした。

そんなどうしようもない感情を持ったらのならば戦ってぶつかるしかない、

全力でぶつかり合ったその先に1つの答えが見つかるのだろう、

そういう考えでユウディアスは自分の命を懸けてまで今遊歩と戦っているのでしょう。

 

ユウディアスは装備魔法「ジョインテック・アーマー」をレックスに装備、

攻撃力を上回った事でアルテマウィッチに攻撃をしかけようとします。

遊歩は罠を発動しようとするもののアーマーの効果で発動を封じられ、

そのままアルテマウィッチは戦闘破壊、遊歩のライフは0となりました。

ユウディアスの勝利です。

 

ベルギャー人の復活を妨害した事を謝る遊歩。

そんな遊歩に対してユウディアスは謝る必要がないと言います。

どうやらクァイドゥールが言うにはそもそも死者蘇生では復活は不可能なようで

実際に行おうとすると記憶を極限まで増幅する必要があり

使用者が増幅した記憶の渦に耐えられないとの事。

それは同時にベルギャー人復活の希望がまた1つ絶たれた事も意味します。

デュエルこそユウディアスが勝利したもののそれで得られたものもなく、

勝者はいないとユウディアスは悲し気に言います。

 

そんな中また時空のひずみに飲み込まれる遊歩。

ザイダベルギャーの中に入った遊歩に心配そうに歩み寄るカイゾー、

遊我はまだ気を失っている状態です。

そんなザイダベルギャーの中にユウディアスや遊飛、

それからマナブ、ロヴィアン、ザイオン、アサカと様々な面子が乗り込んできました。

何気に前作の仲間はボス的存在の先祖にあたるキャラ達ですね。

そして時空の歪みによって今現在ここは未来に繋がっていました。

それを見てユウディアスは遊我を元の時代に戻そうと皆に呼びかけます。

勝者のいないデュエルですがそれでもこのデュエルが無意味かといえばそうでもなく

結果として時空の歪みが発生し、未来へと繋がる事ができました。

 

そしてザイダベルギャーの中にあった宇宙船に遊我を乗せ、

皆でハッチを開いて未来へと飛ばします。

そうして未来の仲間達の先祖に見送られながら遊我は未来へと戻る事になります。

そして最後に遊我を優しく抱きしめる遊歩。

私のずっとずっと未来の可愛い子と1人で孤独に頑張ってきた自分の子孫を労い、

そして別れを告げます。

遊我は遊飛と遊歩、どちらの子孫か不明でしたが

今回の話を見る限りでは遊歩の子孫で決定な感じでしょうか?

 

こうして未来へと送り届けられた遊我。

ユウナは中継されたテレビを通じてそんな遊我が元の時代に戻っていく、

つまりもう会えなくなる事を実感しながら静かにそのテレビを消します。

 

遊我を無事に未来に送り、皆で地球に帰ろうと告げる遊飛。

しかしそこには遊歩の姿はなく、ただ彼女の眼鏡だけが残されていました。

なんかこういう演出マクロスFとかでなかったかなぁ!?

 

 

ユウディアス、遊飛、エポック、ダマムー、うぬら4人か

そうして遊我が帰り、そして遊歩が帰らないまま時間がしばらく経ちました。

これどれくらい時が経過したのでしょうね?マニャがまだ中学生といっている事から

恐らくは1年程度だとは予測していますが。

マニャはローカル番組のアナウンスを務めており

現在MIKはほとんど運送会社となっており日々配達仕事に明け暮れています。

シューバッハも正式にMIKに所属したみたいで

フェイザーの織った反物で日々の食事を食いつないでいます。

反物織る時毎回裸なのかフェイザー・・・。

 

ロヴィアン盗賊団改めロヴィアンおつカレー団は新作のカレー作りをしています。

未来の子孫が作る予定の奴さらっと作ってんじゃねーよ!

ロヴィアンは出来上がった2つのカレーを試食してみて

「イントロのAメロは申し分なし、欲しいのはサビのインパクト」と答えます。

口当たりはいいけどもう少しパンチの効いたものが欲しいのでしょうね。

それを聞いたガニ子、2つのカレーを混ぜる事を提案します。

 

ムツバ重機は宇宙船を開発しています。

どうやら現在はエンジンの作成に難儀しているようですね。

テルはバリベルギャーの修復時に内部を調べる事もできたのでは?と言いますが

こういうのは独自の技術でなし得てこそというのがアサカの流儀のようです。

強力な爆発力のあるエネルギーが必要だと考えるアサカの地下で

将来その強力な爆発力のあるエネルギーとなる2つのカレーが爆発する音が響きます。

 

上城ギアカンパニーではエポックが社長として日々頑張っています。

ザ☆ルーグはすっかりギアカンパニーに住み着いておりエポックとも仲良しです。

着実に2人が結婚する道が築かれていますね。

 

なおマニャは中学生になって子役としての人気が低迷したようで

ゴーハ堂に雇われる形で日々ローカル番組に出演している様子です。

子役が成長してからの苦労というのはどこもあるものですね。

その一方でボチは業界で活躍しているようですっかり立場逆転しちゃってるご様子。

 

それぞれが新しい道を歩んできていますが問題なのはUTS。

何せ社長である遊歩が行方不明の状態です。

そんな中で着々と行われていたのはバリベルギャーの修理であり

行方不明である遊歩やベルギャー人復活の手掛かりを探しに宇宙へ再び行くつもりです。

 

そして1人で宇宙に旅立とうとするユウディアスに対して、

遊飛、エポック、ダマムーがバリベルギャーに乗り込みます。

この3人も一緒に宇宙へいく気マンマンであり皆して遊歩を探しに旅立ちます。

ユウディアスは1人で旅立とうと決めてはいたものの

こうして皆の顔を見ていたら気が変わったとこの4人で旅立つ決意をします。

 

 

死者蘇生はあれからアサカの手によって厳重に封印される形となり

その場所はテルも知らされていない様子です。

こうして遊我が未来へと戻り、新たな旅が始まる形となりました。

気になるのは遊我に恋をしていたユウナであり果たして

彼女は遊我に対して諦めがついたのでしょうか。

 

はい、全然諦めついてなさそうですね。

暗い部屋で何かを思い詰めたような顔で1人佇むユウナの姿がありました。

 

 

 

 

というわけで新章突入といった感じです。

「王道家のものに気をつけろ」というクァイドゥールの言葉が今回かなり強調されており

新章における新たな王道家の存在を予感させます。

そして同時に気になるのはユウナの存在ですね。

果たして彼女は今後どう動いていくのでしょうか。

 

スポンサーリンク

次回予告 第103話『華麗なる旅立ち』

公式予告

 

美味しそうにカレーパンを食べてる一行、

が、どうもこのカレーパンバリベルギャーに存在している唯一の食糧らしく

皆して飽きが来ているようです。

そこで味変の為にカレーパンとフェイザーの反物を混ぜようとするようです。

せめて食べ物混ぜよう?

いやシューバッハにとっては食べ物ではあるけれども・・・。

 

 

コメント