PR
スポンサーリンク

《マシマシュマロン》遊戯王OCGカード考察 戦闘破壊耐性あるしこいつにしか攻撃できなくなるし後続まで出て来るし

スポンサーリンク

今回紹介するのは1月27日発売の

LEGACY OF DESTRUCTION(レガシー・オブ・デストラクション)よりこのカードです。

 

 

カード説明

マシマシュマロン
効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻 300/守 500
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手ターンに、自分フィールドに「光の黄金櫃」が存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:自分フィールドに「光の黄金櫃」が存在する限り、
このカードは戦闘では破壊されず、相手モンスターは他のモンスターを攻撃対象に選択できない。
③:このカードが効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを除く、自分の手札・デッキ・墓地・除外状態の「マシマシュマロン」1体を特殊召喚し、
相手に1000ダメージを与える。

wiki

 

【光の黄金櫃】関連の光属性天使族のレベル3モンスターです。

マシュマロンのリメイクモンスターとなります。

 

メガネをかけたマシュマロンです。

このメガネ、マシュマロンのメガネに似てはいますが普通に透明なレンズであり

つるの部分がなくなっています。

 

スポンサーリンク

 

戦闘破壊を持ちつつこのカードを戦闘から守る

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手ターンに、自分フィールドに「光の黄金櫃」が存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は相手ターンに1度、自分の場に「光の黄金櫃」がある場合に

自身を手札から特殊召喚できる自己展開効果です。

相手ターンでの特殊召喚であり②や③の効果を利用した壁目的での特殊召喚が基本となるでしょう。

 

②:自分フィールドに「光の黄金櫃」が存在する限り、
このカードは戦闘では破壊されず、相手モンスターは他のモンスターを攻撃対象に選択できない。

②の効果は自分の場に光の黄金櫃が存在している間、

戦闘破壊耐性が付与されると同時に他のモンスターを攻撃対象にできなくなります。

相手バトルフェイズ中に①の効果で特殊召喚する事で

そのまま他のモンスターを戦闘から守りつつ強固な壁として機能します。

 

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードが効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを除く、自分の手札・デッキ・墓地・除外状態の「マシマシュマロン」1体を特殊召喚し、
相手に1000ダメージを与える。

③の効果は1ターンに1度、効果破壊された場合に

手札、デッキ、墓地、除外ゾーンのいずれかから他の「マシマシュマロン」を特殊召喚しつつ

相手に1000ダメージを与えられます。

相手に効果破壊を躊躇わせると同時に「破壊竜ガンドラG」で巻き込んだとしても

すぐさま後続に繋げつつダメージも与えられます。

除外ゾーンから特殊召喚できる点もガンドラGで安心して巻き込める親切設計です。

 

 

【光の黄金櫃】における壁役担当であり

相手ターンに手札から出て来て他のモンスターを戦闘から守ってくれる存在です。

「サイレント・ソードマン・ゼロ」や「サイレント・マジシャン・ゼロ」を戦闘から守れる点は

より妨害を通しやすくなり盤面を強固なものにしてくれるでしょう。

特に「サイレント・ソードマン・ゼロ」はこのカードを対象に取る効果から守れるので

一緒に並べる事でさらにこのカードの場持ち性能が上がります。

相手バトルフェイズ中に特殊召喚できるというのもポイントで

メインフェイズ中にこのカードを除去するのも難しく、奇襲性能も高いです。

 

 

 

つるがないのにどうやって眼鏡かけてるんでしょうね・・・と思いましたが

よく考えたらこの体系だとつるがあるとかそういう問題でもなかったですね。

 

コメント