PR
スポンサーリンク

《ディノベーダー・ドクス》遊戯王OCGカード考察 色んな恐竜族デッキで採用出来そうなシンプルに便利な奴!

スポンサーリンク

今回紹介するのは1月27日発売の

LEGACY OF DESTRUCTION(レガシー・オブ・デストラクション)よりこのカードです。

 

カード説明

ディノベーダー・ドクス
効果モンスター
星4/地属性/恐竜族/攻1500/守2200
自分は「ディノベーダー・ドクス」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
その②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに恐竜族モンスターが2体以上存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:自分フィールドのレベル4以下のモンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターよりレベルが2つ高いか2つ低い恐竜族モンスター1体を
デッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

wiki

 

地属性恐竜族のレベル4モンスターです。

 

尻尾の部分も頭になった恐竜・・・

というよりは2体の恐竜が前後で合体したような姿のモンスターです。

 

カード名は恐竜を意味する「ディノ」+侵略者を意味する「インベーダー」からでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

モンスターをリリースして2レベル上か2レベル下の恐竜族をデッキから

自分は「ディノベーダー・ドクス」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
その②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに恐竜族モンスターが2体以上存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、自分の場に恐竜族が2体以上いる場合に

手札から特殊召喚出来る自己展開効果です。

恐竜族メインのデッキであれば条件を満たすのはそう難しくないでしょう。

 

このカード自体は1ターンに1度しか特殊召喚出来ない制約があるので

この効果で特殊召喚した場合、②の効果で2枚目以降は特殊召喚出来ない点に注意です。

 

 

自分は「ディノベーダー・ドクス」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
その②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:自分フィールドのレベル4以下のモンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターよりレベルが2つ高いか2つ低い恐竜族モンスター1体を
デッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。


②の効果は1ターンに1度、自分の場のレベル4以下のモンスターをリリースする事で

それよりレベルが2つ高いか低い恐竜族をデッキから特殊召喚できます。

①の効果で特殊召喚してる時点でリリース要員は確保できているでしょう。

レベル4のモンスターを特殊召喚した場合、

レベル6の「ゼノ・メテオロス」や「双頭竜キング・レックス」

レベル2の「ベビケラザウルス」や「プチラノドン」を特殊召喚可能です。

エンドフェイズには破壊されるのでその前に素材にするなりしておくといいでしょう。

 

単純に出しやすいレベル6恐竜族という点でも便利

 


どちらの効果も便利であり

ある程度展開力のある恐竜族デッキであれば積極的に活用できるカードです。

特に【超越竜】はレベルも噛み合っているので問題なく採用していけます。

【エヴォル】でも「エヴォルカイザー・ラーズ」をはじめとする

ランク6エクシーズの素材として利用できますし

②の効果で「エヴォルド・ナハシュ」をリリースする事ができれば

あちらの効果にも繋げられます。

 

 

全力疾走していますが後ろ向きで走っている方はちょっと大変そうですね。

コメント