PR
スポンサーリンク

《冷える火(ひえるひ)》遊戯王OCGカード考察 またキュアバーンがひっそりと強化されていきます

スポンサーリンク

今回紹介するのは1月27日発売の

LEGACY OF DESTRUCTION(レガシー・オブ・デストラクション)よりこのカードです。

 

カード説明

冷える火(ひえるひ)
効果モンスター
星3/炎属性/炎族/攻 500/守1500
①:自分か相手のLPが回復した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:1ターンに1度、このカードがモンスターゾーンに存在する状態で、
自分か相手のLPが回復した場合に発動できる。
自分か相手のLPを1000回復する。

wiki

 

炎属性炎族のレベル3モンスターです。

 

燃える藻の炎がすっかり鎮火しており小さな火がいくつか残ってるだけになっています。

心なしか燃える藻も元気がなさそうに見えますね。

それでも完全に火が消えてるわけではないあたり余力は残ってる感じでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

どちらかのライフが回復すれば手札から特殊召喚

①:自分か相手のLPが回復した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。


①の効果は自分か相手のライフが回復した場合に

自身を手札から特殊召喚できる自己展開効果です。

【アロマ】や【ヴァルモニカ】などライフ回復を積極的に行うデッキであれば

条件は満たしやすいでしょう。

 

自分だけでなく相手のライフが回復した場合でも特殊召喚が可能であり

例えば「成金ゴブリン」などを用いる事で容易に条件を満たせます。

 

②:1ターンに1度、このカードがモンスターゾーンに存在する状態で、
自分か相手のLPが回復した場合に発動できる。
自分か相手のLPを1000回復する。

②の効果は1ターンに1度、自分か相手のライフが回復した場合に

自分か相手のライフを1000回復します。

やはりライフを積極的に回復するデッキであれば発動条件は満たしやすく

他のライフ回復を条件とする効果のトリガーとしても機能します。

 

基本的に自分のライフを回復する目的で使う形になりますが

相手のライフを回復する事も可能です。

「シモッチの副作用」などがある場合、自分のライフを回復しつつ

相手にダメージを与えるという動きも一応できます。

 

ビッグバンガールと色々強化できる


何かと「ビッグバンガール」とは相性のいいカードで

どちらもライフ回復をトリガーとする上にこのカードの②の効果も

あちらのバーン効果のトリガーとなりますし

「篝火」や「石油採掘」といったカードも共有できます。

 

【ヴァルモニカ】もライフ回復を積極的に行う関係上効果の発動がしやすく

このカードが「天使の聲」のカウンターを溜める役割を担うので相性がいいです。

レベルこそ3と噛み合わないものの①の効果で自己展開はしやすいですし

カウンターを溜めた後はリンク素材として活用できるのでそこまで問題にはならないでしょう。

 

 

しかしこう、炎属性や炎族サポートが充実していたりと

共有できるカードの多い【ヴァルモニカ】が出てきたりと

ひっそりと強化されていきますね【キュアバーン】。

 

名前的にシリーズ化してもおかしくないカードですね。

「消える木」とかそのうち出てきたりしないでしょうか。

コメント