PR
スポンサーリンク

遊戯王ゴーラッシュ!!第89話『ふたつの銀河』感想 だってよ…!!!クァイドゥール…!!!腕が!!!!

スポンサーリンク

遊戯王ゴーラッシュ89話の感想です。

前回の感想はこちらです。

 

 

4つの9と2つの銀河

話はクァイドゥール時空に閉じ込められる少し前に遡ります。

ギャラクシーカップの最中、マナブとランランは王道遊我と遭遇しました。

そこで遊我は何やら作業中でしたがエポックがクァイドゥールに悪質タックルをした時に

電流が流れて来て、カイゾーが異常をきたします。

懐かしのパウリエフェクトです。どうやらルークの先祖であるエポックにも

同じ様にパウリエフェクトを発生させる能力があったようです。

それはそれとして遊我は作業を続行。

この時点で遊我はクァイドゥールがやろうとしていた事にある程度予測を立てていた様子です。

 

そしてクァイドゥール時空ではデュエルの続きです。

クァイドゥールのターン、ドロー。

プライム・ファントマイトを召喚し効果でプライム・ディアンケトを裏側守備に、

さらにお互いにデッキからカードを3枚確認して好きな順番でデッキに戻します。

この際にユウディアスはトランザム・ライナックをデッキから確認しますが

その際に頭の中に銀河のイメージが流れ出てきます。

ユウディアスがクァイドゥール時空に気付く切っ掛けとなった4つの9と2つの銀河です。

その4つの9ですが田崎さんには心当たりがあるようで

それは王道家に伝わる家紋との事、言うほど4つの9かなぁ?

そして4人で手をつないで4つの9を表そうとしてます。

やっぱり言うほど4つの9かなぁ?

この家紋が何を表していたかは田崎さんにもわかっていませんでしたが

もしかしたら銀河を表していたのかもしれないと考えます。

うんまあ4つの9よりはそちらの方がイメージしやすいですね。

なにはともあれユウディアスはその4つの9が頭に浮かんだおかげで

クァイドゥール時空の真実に目覚める事ができました。

そしてズウィージョウは数字の40が空に浮かんだ事が目覚める切っ掛けだったと言います。

これが意味する事は4つの9も40も誰かが意図的に彼らに見せたのでは?という事です。

それもクァイドゥール時空の真実に気付く切っ掛けとなるヒントをくれた

彼らに味方してくれる存在が、です。

 

そしてそのヒントを与えた人物こそが王道遊我でした。

遊我はクァイドゥールの技術を持ってしても人間をカード化するのは難しいと判断、

ならば代替案として物理的な記憶媒体に人間をデータ化して閉じ込るのではないかと考え

それがクァイドゥール時空であるようです。

彼はカイゾーを改造した装置でクァイドゥール時空の支配から逃れる事に成功、

時間が止まっているに近い思考だけが働かせられる状態で

クァイドゥール時空にいる皆に助力を与えていました。

この改造されたカイゾーの装置なのですが

前作SEVENSにおける社長ドローンの形状にとてもよく似ています。

社長ドローン=カイゾーであった事の裏付けがどんどんされていきますね。

そしてそれは遊我がオーティスになる事の示唆でもあります。

 

スポンサーリンク

 

クァイドゥールがやりたかった事

クァイドゥールは遊我に妨害された事を歯噛みしながらもデュエルを続行、

裏側守備表示になっていたディアンケトを攻撃表示にします。

一旦裏側にした事でプライム・アドバンス召喚による攻撃力の低下をリセットし

2500打点に戻りました。

さらにプライム・トラクタイガーをプライムアドバンス召喚します。

それに対してユウディアスは罠「ディメンション・バッドゼロ」によって

墓地からスペース・ユグドラゴを蘇生し更にスカイフォッシル・アノマロカリスを墓地に送る事で

そのレベル×200だけユグドラゴを強化します。

 

攻撃力3800にまで上げて迎え撃つ準備を整えた形ですが

クァイドゥールは3体リリースでトランザム・プライム・アーマーノヴァをアドバンス召喚。

3体リリースによって攻撃力を4700にまで上昇しています。

リリースしたモンスターのレベル合計だけ攻撃力を上昇させるという効果は

妥協召喚できるプライムシリーズと相性が実によく

クァイドゥールがアーマーノヴァをフルに活かせるように考えてデッキを調整した事が伺えます。

アーマーノヴァでスペース・ユグドラゴを戦闘破壊、

900のダメージを受けて40人がダメージを受けるものの力を合わせて耐えています。

 

むしろ異常はクァイドゥールの方に発生していました。

デュエルディスクを落としたと思ったら左腕がぺらぺらになっていたのです。

一体何が起こったのかというユウディアスの問いに

クァイドゥールは自分でもうまく言えないといいながらなんとか言葉にすると

どうやらクァイドゥールに残された時間は長くないようです。

体の最も重要な部分が壊れ始めているという事で

人間に例えるなら放射能汚染などでDNAが傷ついてしまった感じでしょうか。

ベルギャー星人には永遠の命があるものと思われましたが

実際にはベルギャー星人にも活動限界というものがあるようです。

その為にクァイドゥールは自分が消滅してしまう前に

星々の間で瞬く全ての宇宙で遊びたいと願うようになりました。

 

「死ぬ前にただ遊びたかった」

いってしまえばクァイドゥールの壮大な野望の動機は

そんな子供じみた我儘な、けれどただただ純粋なものでした。

その為に巻き込まれた皆にとってはたまったものではありませんが

遊歩はそれでもクァイドゥールの事を憎み切れないと言います。

いずれにせよこのまま待っていればクァイドゥールは消滅していきます。

そうなればこのデュエルも不戦勝という形になるでしょう。

ですがユウディアスはこのままデュエルを続行する意思を取ります。

そしてそれに遊飛も同意します。

勿論クァイドゥールのした所業は許される事ではありません。

だからデュエルでボコボコにしてやろう。

そういう恨みを晴らす思いがが込められた、

けれどもクァイドゥールの「遊び」にも付き合うその判断をしました。

他の皆もユウディアスが言うならと納得します。

クァイドゥールもユウディアスのその答えに嬉しそうに笑みをこぼし

ユウディアスから叱責を受けながらもデュエルディスクを拾い、

消えかかった腕に装着しました。こうしてデュエルは続行されます。

 

コナミコマンド入力!

ユウディアスのターン、ドロー。

トランザム・ライナックを召喚、さらに魔法「エナジー・コントローラー」を発動します。

明らかにエネミー・コントローラーを意識しているカードであり

そうなると気になってくるのはそう、コマンド入力ですね。

「↑↑↓↓←→←→BA」!!

はい、知ってる人はとてもなじみ深いコマンド、コナミコマンドですね。

そして相変わらずCボタンは使われません。

効果は場のモンスター1体と同じレベルのモンスターを手札から特殊召喚するというもので

これにより手札のヴォイドヴェルグ・レクイエムを特殊召喚します。

 

更に魔法「メチャンコ・フュージョン」を発動します。

フュージョン素材にするのはトランザム・ライナックとヴォイドヴェルグ・レクイエム!

 

虚空の底に天の光が届く時!
名がるる刃の輝きが今ここに伝説の勇者を呼び覚ます!
フュージョン召喚!トランザムヴェルグ・ライナック

 

ユウディアスとズウィージョウが一緒になって召喚口上をいい、

トランザムヴェルグ・ライナックをフュージョン召喚します。

メチャンコ・フュージョンの効果で攻撃力が700アップし、

更に効果でデッキトップからカードを3枚墓地へ送り

墓地へ送られたモンスターの数×300攻撃力をアップします。

更に光属性か闇属性が墓地へ送られていれば相手モンスターの攻撃力を1000下げる事ができ

これによりアーマーノヴァの攻撃力を上回りました。

トランザムヴェルグ・ライナックでアーマーノヴァを攻撃、

ダメージを与える事には成功したもののアーマーノヴァは戦闘破壊されず生存していました。

クァイドゥールは罠「プライム・ジグラット」を発動、

アーマーノヴァの戦闘破壊を防ぎつつユウディアスに1000のダメージを与えていたのです。

 

1000のダメージを受けフィードバッグを受けますが皆は何とか耐えています。

そして気が付くとクァイドゥールの胸に銀河のような渦が発生していました。

同時にユウディアスが苦しみだします。そして彼の胸にも同じように銀河の渦がありました。

 

 

 

 

というわけでクァイドゥールとの決着は次回に持ち越しです。

今回改めてクァイドゥールの目的が判明しましたね。

言うなれば死ぬ前に心置きなく遊びたいという我儘ながらも純粋な代物でした。

はたしてどのような形で決着を迎えるかが気になる所です。

 

そしてゴーラッシュ3年目のキーヴィジュアルが発表されました。

クァイドゥール戦で終りではなくまだまだ続くという事ですね。

5人の新キャラのシルエットがありますがいずれも宇宙人っぽい外見です。

彼らもまたベルギャー星人なのかはたまたもっと別の何かなのか気になる所です。

またユウディアスと遊飛が映っていますが遊歩の姿がない所も気がかりですね。

 

スポンサーリンク

次回予告 第90話『ひとつの銀河』

公式予告

 

どうやら今回でデュエルに決着がつくようですね。

前回が「ふたつの銀河」となっている所に今回が「ひとつの銀河」となっており

1つに合体する事が強く意識されています。

実際にトランザム・プライム・アーマーノヴァとトランザム・ライナックが

1つに合体しようとしている場面があります。実に超融合感ありますね。

消滅しようとしているクァイドゥールユウディアスの中に取り込む事によって

存続させる形なのかもしれませんね。

 

 

 

コメント

タイトルとURL