PR
スポンサーリンク

「遊戯王マスターデュエル」12月5日に新たなリミットレギュレーション! サーキュラーでなくこちらが規制対象に

スポンサーリンク

2023年12月5日に制限改定(リミットレギュレーション)が改定されます。

前回の記事はこちらです。

 

 

 

規制強化されるカード

制限
神碑の泉
斬機ダイア

 

 

純制限
サイバネット・マイニング
強欲で貪欲な壺
クイック・リボルブ
混沌領域
ピュアリィ
ピュアリィ・デリシャスメモリー
白銀の城の火吹炉

 

規制緩和されるカード

純制限
嵐征竜-テンペスト

 

 

無制限
十二獣ドランシア
LL-コバルト・スパロー

 

というわけでOCGに続く形でマスターデュエルでも泉が3分の1まで枯れました。

マスターデュエルでも1個しかない神碑の泉を大切に使っていく事になるでしょう。

特にコズミック・サイクロンには注意が必要です。

 

 

斬機ダイアも同じく制限に指定されています。

OCGでは斬機サーキュラーが制限にされていましたが

マスターデュエルではサーキュラーではなくこちらが制限になっています。

こちらはこちらで展開の要であるカードであり

サーキュラーの制限とは別ベクトルで痛い規制となっていますね。

サーチカードのサイバネット・マイニングも準制限に指定されているあたり

【斬機】の使い勝手は大分変ってきそうです。

 

【ピュアリィ】は本体となるピュアリィとデリシャスメモリーが準制限になっています。

若干持久力の低下に繋がる調整を受けていますがまだまだ十分戦える範囲だと思われます。

 

 

特に多くのデッキに影響があるのは強欲で貪欲な壺の準制限でしょうか。

OCGに準拠する形でマスターデュエルでも準制限となり

今までこのカードを採用していたデッキは少しデッキを見直す必要が出てきます。

マスターデュエルは全体的に壺関連は積極的に規制していますね。

 

 

緩和されたカードの中で特に注目すべきはドランシアでしょうか。

制限カードだったのが一気に無制限になっており

より積極的に出していけるようになりました。

【十二獣】やそれを絡めたデッキの運用がかなり楽になるでしょう。

 

また嵐征竜-テンペストが準制限に緩和されており

より本格的に征竜が組みやすくなっています。

 

 

禁止カードこそないものの全体的に強かったデッキを

満遍なく弱体化させていっているような制限改定となっています。

上位のデッキとそれ以外の差は確実に縮まっているので

中堅のデッキが活躍しやすくなったと言えるでしょう。

ただラビュリンスは規制強化されたといっても主軸となるものはノーダメージなので

まだまだ活躍の機会は多い事でしょう。

 

コメント