PR
スポンサーリンク

《百鬼羅刹大暴走(ゴブリンライダー・スタンピード)》遊戯王OCGカード考察 爆音クラッタを使う上で大事な存在

スポンサーリンク

今回紹介するのは10月28日発売の

PHANTOM NIGHTMARE(ファントム・ナイトメア)よりこのカードです。

 

カード説明

百鬼羅刹大暴走(ゴブリンライダー・スタンピード)
永続罠
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに発動できる。
自分フィールドの「ゴブリン」モンスターのみを素材としてX召喚を行う。
②:自分フィールドに「ゴブリン」Xモンスターが存在する場合、
フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
フィールドのX素材を1つ取り除き、対象のモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

wiki

 

【ゴブリンライダー】用の永続罠です。

 

 

爆発と共に百鬼羅刹の大饕獣の拘束具が解かれ暴れまわっています。

左下にはディアベルスターが逃げている様子が描かれており

拘束解除用と思われる鍵が見える事から百鬼羅刹 巨魁ガボンガが拘束を解いた形でしょうか。

ただガボンガ本人も焦っている様子で制御できているわけではなさそうですね。

むしろディアベルスターと一緒に逃げているようにも見えます。

 

他のゴブリンライダー関連の魔法罠が「だいしゅうごう」や「だいさんじょう」と

日本語そのままのルビが振られてるのに対してこのカードは「スタンピード」のルビが振られています。

スタンピードとは集団が興奮や恐怖などによって暴走する事を意味し

本来は大型動物の群れに対して使われる言葉ですが

人々やファンタジー作品においては魔物の群れに対して使われたりもします。

このカードの場合、暴走しているのは百鬼羅刹の大饕獣1体だけと思われますが

1体で魔物の群れに匹敵する暴走具合だというのを表現しているのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

フリーチェーンでゴブリンを使ったエクシーズ召喚

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに発動できる。
自分フィールドの「ゴブリン」モンスターのみを素材としてX召喚を行う。

①の効果はお互いのメインフェイズ時に1度、

自分の場のゴブリンを素材にしてエクシーズ召喚を行うというものです。

特に相手ターンに自己蘇生を行える百鬼羅刹 爆音クラッタを扱う場合に重要な効果で

爆音クラッタとその効果で蘇生したゴブリンライダーで

そのままランク3のエクシーズ召喚へと繋げられます。

 

自分ターンの場合でも相手のフリーチェーン除去に対して

リリース・エスケープの形でエクシーズ召喚を狙う使い方が可能です。

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:自分フィールドに「ゴブリン」Xモンスターが存在する場合、
フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
フィールドのX素材を1つ取り除き、対象のモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

②の効果は1ターンに1度、自分の場にゴブリンエクシーズがいる場合、

場のオーバーレイユニットを取り除く事で

相手モンスター1体の効果を1ターンの間無効にできます。

百鬼羅刹 巨魁ガボンガと組み合わせる事でフリーチェーンの妨害手段として活用しつつ

さらにガボンガが持つ除去効果も同時に発動が可能で二重の妨害として機能します。

ゴブリンライダー関連のオーバーレイユニットを取り除く効果共通の使用で

相手エクシーズのオーバーレイユニットを取り除いて発動する事も可能であり

エクシーズメタとしての要素もあります。

 

 

百鬼羅刹 爆音クラッタの使い勝手を大幅に上げてくれるカードであり

相手ターンにも積極的なエクシーズ召喚が可能となります。

自分ターンに爆音クラッタを召喚して百鬼羅刹 特攻ダグを蘇生してこのカードをサーチ、

相手ターンにも爆音クラッタの蘇生をしてこのカードによってエクシーズ召喚というのは

【ゴブリンライダー】における基本的な動きの1つとなるでしょう。

 

ただ①と②の効果は1ターンにどちらか片方しか発動できない点に注意です。

どちらも相手ターンに発動したい効果であり

①の効果を中心としつつ、使わなくても大丈夫な場合は

②の効果による妨害を狙う、といった使い方がいいでしょうか。

 

 

結局ゴブリンライダー側にも被害出した結果

ディアベルスターに助けてもらう的な展開もありそうですね。

コメント