PR
スポンサーリンク

《百鬼羅刹大集会(ゴブリンライダーだいしゅうかい)》融合OCGカード考察 あまりにもやる気がない表情のディアベルスター

スポンサーリンク

今回紹介するのは10月28日発売の

PHANTOM NIGHTMARE(ファントム・ナイトメア)よりこのカードです。

 

カード説明

百鬼羅刹大集会(ゴブリンライダーだいしゅうかい)
永続魔法
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの「ゴブリン」モンスターの攻撃力は、
自分フィールドの「ゴブリン」モンスターの数×300アップする。
②:自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに「ゴブリン」モンスター1体を召喚できる。
③:自分フィールドの「ゴブリン」モンスター2体を対象とし、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●その内1体のレベルを、もう1体のレベルと同じにする。
●その2体のレベルは、それぞれ元々のレベルを合計したレベルになる。

wiki

 

【ゴブリンライダー】用の永続魔法です。

 

ゴブリンライダー達が集まって何やら話し合いをしています。

テーブルの上にはディアベルスターの手配書があり

彼女の賞金を手に入れる為の作戦会議をしているのでしょう。

そこに仲間のゴブリンからディアベルスターを発見したとの報告が入っています。

 

なおその報告に上がっているディアベルスター、

無気力の極みのような表情をしています。

特に用事がない時はこんな感じなのか、

それとも蛇眼の炎燐に懐かれた結果、追い払うのを諦めた感じでしょうか。

 

ゴブリンの数が多いほどゴブリン達が強化される

①:自分フィールドの「ゴブリン」モンスターの攻撃力は、
自分フィールドの「ゴブリン」モンスターの数×300アップする。

①の効果は場のゴブリンの攻撃力を

自分の場のゴブリンの数×300アップさせる全体強化です。

【ゴブリンライダー】は展開力に長けており複数体一気に並べる事も十分可能で

5体並べた場合は1500の全体強化と強力な上昇量となります。

その場合、百鬼羅刹 巨魁ガボンガは3600打点を確保し

メインデッキのゴブリンライダーも3000程度の攻撃力を有します。

 

 

②:自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに「ゴブリン」モンスター1体を召喚できる

②の効果はゴブリン1体の追加召喚権を得られるというものです。

特に百鬼羅刹 爆音クラッタは自分ターンでは自己展開ができないので

この追加の召喚権はありがたいものとなります。

 

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:自分フィールドの「ゴブリン」モンスター2体を対象とし、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●その内1体のレベルを、もう1体のレベルと同じにする。
●その2体のレベルは、それぞれ元々のレベルを合計したレベルになる。

③の効果は1ターンに1度、自分の場のゴブリン2体を選択し

片方のレベルをもう1体のレベルと同じにするか

もしくは2体のレベルをそのレベル合計にできるというものです。

特にランク6の百鬼羅刹の大饕獣のエクシーズ召喚を狙う場合に重宝する効果で

ゴブリンライダー2体を並べてレベル6にする事でエクシーズ召喚に繋げられます。

またゴブリンライダー以外のゴブリンはレベル4が中心であり

そのままではゴブリンライダーと一緒にエクシーズ素材にはできないものの

この効果でレベルを統一する事でランク4やランク3のエクシーズ召喚に繋げられます。

 

 

3つの効果がどれも【ゴブリンライダー】にとって有用なものであり

百鬼羅刹 特攻ダグの効果で優先的にサーチしたい魔法カードとなっています。

展開やエクシーズ召喚そのものを助けると同時に打点の全体的な底上げが可能であり

大量展開から殴る事が出来れば1ターンキルも視野に入ります。

 

また3つの効果どれもがゴブリン全般に恩恵があるので

ゴブリンライダーに限らず他のゴブリンでも有効活用しやすいです。

例えばゴブリンドバーグを2体召喚する事が出来れば

追加で2体のモンスターを手札から特殊召喚しつつ

③の効果でランク8のエクシーズ召喚を狙う事が可能となります。

 

 

スネークアイ追走劇といい

ディアベルスター本当に表情豊かですね。

 

 

 

 

コメント