PR
スポンサーリンク

《王墓の石壁(おうぼのせきへき)》遊戯王OCGカード考察 え?ホルスこれ以上強くなるんですか!?

スポンサーリンク

今回紹介するのは10月28日発売の

PHANTOM NIGHTMARE(ファントム・ナイトメア)よりこのカードです。

 

カード説明

王墓の石壁(おうぼのせきへき)
フィールド魔法
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはフィールドゾーンに存在する限り、カード名を「王の棺」として扱う。
②:自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「ホルス」モンスター1体を手札に加える。
その後、自分の手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す。
③:自分が「ホルスの黒炎神」の効果を発動した場合に発動できる。
自分は1枚ドローする。

wiki

 

【ホルス】用のフィールド魔法です。

 

四体のホルス、そしてホルスの黒炎神が刻まれた黄金の石壁です。

遊戯王で古代エジプトと来たら石板とヒエラティックテキストですね。

いやこのイラストヒエラティックテキストありませんけど。

 

スポンサーリンク

 

①:このカードはフィールドゾーンに存在する限り、カード名を「王の棺」として扱う。

①の効果は場に出ている間、

カード名を「王の棺」として扱う名称変更効果です。

各種ホルスは王の棺が場にある事を条件に発動出来る効果がとても多く

そちらの代用としてこのカードを活用する事が可能です。

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「ホルス」モンスター1体を手札に加える。
その後、自分の手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す。

②の効果は1ターンに1度、

デッキからホルス1体を手札に加えた後に手札をデッキボトムに戻す手札交換効果です。

特にホルスの棺をサーチできるホルスの栄光-イムセティを確保できるのが大きく、

初動札の1つとして機能できます。

既に展開の準備が整っている場合にも

ホルスの黒炎神を確保する手段として役立ちます。

 

③:自分が「ホルスの黒炎神」の効果を発動した場合に発動できる。
自分は1枚ドローする。

③の効果はホルスの黒炎神の効果を発動した場合に

1枚ドローできるというものです。

ホルスの黒炎神は自分ターンに手札から見せて発動する効果と

各種ホルスや王の棺が場から離れた場合に発動出来る効果をそれぞれ持っており

上手くいけばお互いのターンでドローを狙えます。

 

 

3つの効果全部が全部とっても強いです。

特に①の効果は【ホルス】における必須カードである王の棺の代用ができるという点でとてもありがたく

フィールド魔法故にテラ・フォーミングや惑星探査車などのサーチに対応しています。

その肝心の王の棺も②の効果で間接的に確保が可能となっており

【ホルス】における安定性を大きく高めてくれるカードとなっています。

③のドロー効果も発動がしやすく優秀で

一緒に登場したホルスの黒炎神と合わせて【ホルス】における新たなキーカードとなってくれるでしょう。

 

 

ホルスは既に環境デッキクラスの強さを持っているのに

ここまでの強化が来るのは戦々恐々ですね。

いやほんとどこまで活躍するようになるんでしょうね。

コメント