PR
スポンサーリンク

【センチュリオン】遊戯王OCGテーマ考察 騎士たるもの、永続罠となってから登場しシンクロ召喚するべし!

スポンサーリンク

ゴツい鎧を来た姫騎士!そんな彼女の付き人と思われる騎士!自我を持っている感じのロボット騎士!

そんなデコボコな騎士トリオのテーマが

今回紹介するのは8月26日発売の

デッキビルドパック ヴァリアント・スマッシャーズより登場します。

今回はそんな騎士テーマ、【センチュリオン】について紹介したいと思います。

 

 

 

テーマ特徴

・二人の女騎士と1体のロボット騎士なトリオのテーマである

・属性、種族はバラバラでシンクロ召喚を狙っていく

・モンスターを永続罠にしてそこからの特殊召喚を狙っていく

・フリーチェーンで出来る事が多く相手ターンに一気に展開する事も狙える

・騎士道大原則一つ!騎士たるもの!倒れている相手に追い討ちなどまぁいいかなやっちゃいましょー!

 

どこかのお姫様と思われる重騎士プリメラ、その侍女と思われる従騎士トゥルーデア、

プリメラが搭乗する騎士型ロボット重騎兵エメトⅥ、

そんな2人と1体の騎士のトリオです。

こういうちょっと等身が低い騎士型のロボットというのは

覇王大系リューナイトやNG騎士ラムネ&40を連想させますね。

全体的なノリもリューナイトっぽい気がしてきます。

 

「センチュリオン」とは古代ローマにおける百人隊の指揮官の事です。

またイギリスの戦車の名前にも使われています。

 

 

スポンサーリンク

騎士たるもの、まずは永続罠になるべし!

このテーマの特徴としてメインデッキのセンチュリオンは

永続罠状態になっている時に自身の効果で特殊召喚が可能になっています。

永続罠にする手段は従騎士トゥルーデアやスタンドアップ・センチュリオン!、

騎士の絆などがありこれらが実質的な展開手段として機能します。

また永続罠の状態での特殊召喚はお互いのターンにフリーチェーンで可能です。

自分ターンに積極的に展開していく事もできますし

相手ターンに状況に応じて展開していくといった事もできかなり融通が利きます。

 

特に要となってくるのはフィールド魔法のスタンドアップ・センチュリオン!です。

手札1枚をコストにデッキからセンチュリオンを永続罠として置く事が可能であり

この効果で従騎士トゥルーデアを永続罠にして特殊召喚、

あちらの効果で自身と共にデッキの重騎士プリメラを永続罠にする事で

相手ターンに2体を特殊召喚する事が可能です。

これによりトゥルーデアの効果で合計レベル12の状態で場に並ぶ事となり

スタンドアップ・センチュリオン!の効果で騎士皇レガーティアのシンクロ召喚へ繋げられます。

スタンドアップ・センチュリオン!を絡めて

相手ターンにレベル12シンクロを狙う、というのがこのテーマの動きの1つとなります。

重騎兵エメトⅥも相手ターンに特殊召喚する効果を持っており

自分ターンよりも相手ターンの展開の方が得意なテーマだと言えるでしょう。

騎士たるもの、フリーチェーンを積極的に行うべし!

エースモンスターである騎士皇レガーティアはレベル12シンクロであり

従騎士トゥルーデアか重騎兵エメトⅥを

重騎士プリメラと一緒に並べる事でシンクロ召喚に繋げられます。

特殊召喚時にドローと一緒に攻撃力の一番高い相手モンスターを破壊できる上に

エンドフェイズ時に墓地のセンチュリオン1体を永続罠としておけると

アドバンテージの確保能力にとても優れたモンスターとなっています。

加えてスタンドアップ・センチュリオン!があれば相手ターンに出せるので

妨害手段としても活用可能です。

耐性の類こそありませんがスタンド・アップセンチュリオン!さえ場に出しておけば

従騎士トゥルーデア1枚で出す事ができるので

むしろ除去されるのを気にせず積極的に出していくエースと言えるでしょう。

 

 

まず永続罠になってから展開するというやや特殊な挙動をするものの

相手ターンでの展開能力に優れたテーマとなっています。

また全体的にフリーチェーンで発動出来る効果が多く

これを利用して妨害やリリース・エスケープを積極的に行えるなど

騎士らしい守りの硬さを発揮できるテーマにもなっています。

騎士魔防陣や騎士皇爆誕などいくつかの魔法罠は

センチュリオンをサポートしつつも汎用的に使える効果も備えており

他のカードを混ぜるのもやりやすくなっています。

是非とも各自でオリジナルの騎士団を構築し

弱き者を守る立派な騎士を目指していきましょう。

 

個人的に相性がいいと思うカード

赤き竜

シンクロ・効果モンスター
星12/光属性/ドラゴン族/攻 0/守 0
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚した場合に発動できる。
デッキから「赤き竜」のカード名が記された魔法・罠カード1枚を手札に加える。
②:自分・相手ターンに、「赤き竜」を除く、
フィールドのレベル7以上のSモンスター1体を対象として発動できる。
このカードをEXデッキに戻し、
対象のモンスターと同じレベルのドラゴン族Sモンスター1体を
S召喚扱いでEXデッキから特殊召喚する。

シンクロモンスターを同じレベルのドラゴン族シンクロに置き換えられるレベル12シンクロです。

【センチュリオン】はレベル12のシンクロが簡単に行えるテーマであり

このカードのシンクロ召喚も容易に行えます。

また隣に騎士皇レガーティアを並べてそれをエクストラデッキに戻す事で

琰魔竜王 レッド・デーモン・カラミティといった強力なレベル12シンクロへと繋げられます。

そもそも騎士皇レガーティアだけではシンクロモンスターを使い切る自体が多発するので

このカードに限らず他のレベル12シンクロも採用した方がいいでしょう。

他のレベル12シンクロ候補としては赫聖の妖騎士などがあります。

 

 

軒轅の相剣師

チューナー・効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1800/守1500
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、その攻撃を無効にする。
自分フィールドに「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスターが存在する場合、
さらにその攻撃宣言したモンスターを破壊できる。
②:モンスターが表側表示で除外された場合、フィールド・墓地のこのカードを除外して発動できる。
攻撃力と守備力の数値が同じ魔法使い族・光属性モンスター1体を
自分の手札・墓地から選んで特殊召喚する。

モンスターの攻撃時に手札から特殊召喚しつつ攻撃を無効にできるレベル4チューナーです。

防御手段として使えると同時にスタンドアップ・センチュリオン!がある状態で

従騎士トゥルーデアや重騎兵エメトⅥと並べるように特殊召喚する事で

騎士皇レガーティアのシンクロ召喚に繋げる事が可能です。

また②の効果も重騎士プリメラが対応しており何かと噛み合っています。

②の効果の発動条件となるモンスターの除外は騎士魔防陣などで満たせます。

 

スポンサーリンク

カードリスト

重騎士プリメラ(センチュリオンプリメラ)
チューナー・効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1600/守1600
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚した場合に発動できる。
デッキから「重騎士プリメラ」以外の「センチュリオン」カード1枚を手札に加える。
このターン、自分は「重騎士プリメラ」を特殊召喚できない。
②:このカードが永続罠カード扱いの場合、
自分フィールドのレベル5以上の「センチュリオン」モンスターは効果では破壊されない。
③:このカードが永続罠カード扱いの場合、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカードを特殊召喚する。

wiki

 

従騎士トゥルーデア(センチュリオントゥルーデア)
効果モンスター
星4/闇属性/炎族/攻1000/守2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドのこのカードと、
「従騎士トゥルーデア」以外の手札・デッキの「センチュリオン」モンスター1体を、
永続罠カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
このターン、自分は「従騎士トゥルーデア」を特殊召喚できない。
②:このカードが永続罠カード扱いの場合、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、このカードのレベルを4つ上げる事ができる。

wiki

 

重騎兵エメトⅥ(センチュリオンエメトゼクス)
効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻2000/守3000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在する場合、相手ターンに、
「重騎兵エメトⅥ」以外の自分フィールドの
「センチュリオン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを永続罠カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置き、
このカードを特殊召喚する。
このターン、自分は「重騎兵エメトVI」を特殊召喚できない。
②:このカードが永続罠カード扱いの場合、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカードを特殊召喚する。

wiki

 

騎士皇レガーティア(センチュリオンレガーティア)
シンクロ・効果モンスター
星12/光属性/機械族/攻3500/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚した場合に発動できる。
自分は1枚ドローする。
その後、相手フィールドの攻撃力が一番高いモンスター1体を破壊できる。
②:攻撃力2000以下の自分のモンスターは戦闘では破壊されない。
③:自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地からSモンスター以外の「センチュリオン」モンスター1体を
永続罠カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

wiki

 

スタンドアップ・センチュリオン!
フィールド魔法
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「センチュリオン」モンスターカードが存在する限り、
このカードは相手の効果では破壊されない。
②:このカードを発動したターンの自分メインフェイズに、手札を1枚墓地へ送って発動できる。
デッキから「センチュリオン」モンスター1体を永続罠カード扱いで
自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
③:モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
「センチュリオン」モンスターを含む自分フィールドのモンスターを素材としてS召喚を行う。

wiki

 

騎士の絆(フェイス・オブ・センチュリオン)
速攻魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の手札・墓地から「センチュリオン」モンスター1体を
永続罠カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
②:このカードが墓地に存在する状態で、
自分フィールドに「センチュリオン」Sモンスターが特殊召喚された場合、
このカードを除外し、自分の墓地の「センチュリオン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを永続罠カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

wiki

 

騎士魔防陣(センチュリオン・ファランクス)
通常罠
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:フィールドの表側表示のモンスターカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
次のターンのスタンバイフェイズに、
この効果で除外したモンスターを持ち主のフィールドに特殊召喚する。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の「センチュリオン」Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は1500ダウンする。

wiki

 

騎士皇爆誕(トルゥース・センチュリオン)
カウンター罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、
自分の魔法&罠ゾーンの表側表示のモンスターカード1枚を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

wiki

 

 

コメント

  1. 黒鉄 より:

    トゥルーデアは騎士っていうより精霊な感じでエメトに憑依する感じなんでしょうね!ライバルとかプロトタイプとか展開が楽しみです

  2. 確かに精霊的なポジションの可能性もありますね。グレンラガンでいうブータみたいな。