PR
スポンサーリンク

《裏切りの罪宝-シルウィア》遊戯王OCGカード考察 なんだかんだサーチしやすくて使いどころの多い妨害手段!

スポンサーリンク

今回紹介するのは7月22日発売の

AGE OF OVERLORD(エイジ・オブ・オーバーロード)よりこのカードです。

 

カード説明

裏切りの罪宝-シルウィア
通常罠
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分の手札・フィールド(表側表示)から「ディアベルスター」モンスター1体を墓地へ送り、
フィールドの表側表示カード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果を無効にする。
②:自分の「ディアベルスター」モンスターまたは
自分の「罪宝」魔法・罠カードの効果の発動にチェーンして、
相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、墓地のこのカードを除外して発動できる。
その相手の効果を無効にする。

wiki

 

【ディアベルスター】用の通常罠です。

 

 

黒魔女ディアベルスターが巨大な黒い狼を召喚して蛇眼の炎龍を噛みつかせています。

ディアベルスターが身に着けている肩の部分が罪宝でありこれが狼に変化したのでしょう。

 

https://twitter.com/YuGiOh_OCG_INFO/status/1682359770806915072

 

ちなみに公式にディアベルスターの設定画が公開されており

彼女が身に着けている罪宝の説明もされています。

この罪宝には意思があるようで意外にもお上品な様子です。

ディアベルスターを墓地へ送って効果無効

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分の手札・フィールド(表側表示)から「ディアベルスター」モンスター1体を墓地へ送り、
フィールドの表側表示カード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果を無効にする。

①の効果は1ターンに1度、場や手札からディアベルスター1体を墓地へ送る事で

場の表側カード1枚の効果を無効にできるというものです。

現状対応するモンスターは黒魔女ディアベルスター1体のみであり

必然的にあちらを墓地へ送って発動する事になります。

コストが必要ながらも妨害手段として活用が可能であり

モンスター効果だけでなく魔法罠の無効にも使えるので発動機会は多いです。

相手ターンに黒魔女ディアベルスターを墓地へ送って発動する事で

そのままあちらの自己蘇生効果に繋げる事が可能です。

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:自分の「ディアベルスター」モンスターまたは
自分の「罪宝」魔法・罠カードの効果の発動にチェーンして、
相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、墓地のこのカードを除外して発動できる。
その相手の効果を無効にする。

②の効果は1ターンに1度、

相手がディアベルスターと名の付くモンスターか罪宝魔法罠にチェーンして効果を発動した場合に

墓地から除外する事でその相手効果を無効にできるというものです。

反逆の罪宝-スネークアイによる除去や“罪宝狩りの悪魔”によるサーチなどに対して

妨害やリリース・エスケープをされる可能性を減らす事が可能です。

 

①の効果とは1ターンにどちらか片方しか発動できない点に注意です。

①の効果が相手ターンに発動するのが基本となるので

こちらは自分ターン発動する機会が多くなるでしょうか。

 

 

黒魔女ディアベルスターを場に出す事でそのままこのカードのサーチが可能であり

このカードをサーチしてセットすればそのまま妨害を構えられます。

シンプルではありますがいやらしい布陣であり

手札からディアベルスターを捨てて展開に繋げる使い方もできるので

なんだかんだあるとありがたいカードです。

 

 

設定画でディアベルスターがムキムキになるの嫌がってるの可愛いですね。

でもまあトレーニングは欠かせないでしょうし仕方ないですね。

コメント