PR
スポンサーリンク

《レスキュー・ヘッジホッグ》遊戯王OCGカード考察 様々な通常モンスターに新たな価値が生まれました!

スポンサーリンク

8月21日にVジャンプ10月号が発売されます。

今回紹介するのはその付属として収録されるこのカードです。

 

 

カード説明

レスキューヘッジホッグ
効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻 300/守 100
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを除外して発動できる。
レベル3以下で種族・属性・レベルが同じとなる、
通常モンスターと効果モンスターを1体ずつデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。

wiki

 

レスキューシリーズの新たなる隊員となる地属性獣族のレベル4モンスターです。

 

キリっとした顔つき除雪用のショベルを握るハリネズミです。

 

このハリネズミ、緊急救急救命レスキューのイラストで救助されており

そこから自分もレスキュー隊員に憧れるようになり志願したという事なのでしょう。

実にストーリー性溢れるカードですね。

こういう入隊経緯もあってか他のレスキューモンスターとは命名法則も異なっています。

 

レベル、属性、種族が同じ通常モンスターと効果モンスターをデッキから

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを除外して発動できる。
レベル3以下で種族・属性・レベルが同じとなる、
通常モンスターと効果モンスターを1体ずつデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。

その効果は1ターンに1度、場のこのカードを除外する事で

種族、属性、レベルが同じレベル3以下の通常モンスターと効果モンスターを

1体ずつデッキから効果無効で特殊召喚するというものです。

レスキューキャットとレスキューラビットを折半したような効果であり

レベルと属性、種族さえ合わせれば様々なモンスターをデッキから特殊召喚可能です。

 

 

レスキューラビットと違い、レベル4の特殊召喚こそできなくなったものの

デッキから特殊召喚する通常モンスターが1体でよくなった為に

あちらよりも通常モンスターの採用数を抑えても活用しやすくなっています。

効果モンスターの効果は無効になってしまうものの、墓地へ送った後は関係ないので

墓地で効果を発動したいレベル3以下の効果モンスターを

同じレベルや通常モンスターと一緒に特殊召喚したい場合に活用ができます。

単純に墓地を肥やすのと違ってリンク召喚やエクシーズ召喚に繋げやすいのが多くな利点です。

1体をチューナーにすればシンクロ召喚にも繋げられます。

 

例えば【サンアバロン】であれば聖種の地霊と同時に

グローアップ・バルブをデッキから特殊召喚する手段となります。

【ワイト】もワイトと一緒にワイトプリンスをデッキから特殊召喚できるので

より墓地肥やしを迅速に行う事ができるでしょう。

サイバース族デッキもドラコネットを活用する場合通常モンスターが自然に入るので

このカードを活かしやすいです。

【魔界劇団】では魔界劇団-コミック・リリーフとハロハロを特殊召喚する事で

ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラムのリンク召喚に繋げられる点は覚えておいていいでしょう。

 

それ以外のデッキでも個別で墓地へ送りたいモンスターがいるのであれば

それに対応する通常モンスターと一緒に採用する選択肢が生まれます。

例えば黄泉ガエルを特殊召喚したければウォータースピリットを、

ラヴァル炎火山の侍女を特殊召喚したければ大木炭18をいった感じです。

効果無効で特殊召喚するので各種彼岸を特殊召喚しても自壊しないので

他のモンスターと合わせてリンク召喚やエクシーズ召喚に繋げやすいのもポイントです。

その場合はハロハロとかが対応する通常モンスターになります。

 

対応するレベルや属性、種族の通常モンスターさえ採用する事で

様々なモンスターをデッキから特殊召喚できるカードです。

特殊召喚したい効果モンスターによって必要な通常モンスターが異なってくるので

今まで日の目を浴びなかった通常モンスターに活躍の場が出る

とても面白い性質を持ったカードとなっています。

 

 

 

クロノダイバー・パーペチュアもそうですが

助けてもらった組織に新米として所属するって流れ、

王道ながら大好きな展開です。

 

コメント