PR
スポンサーリンク

《幻日灯火(ユーフォライト)》遊戯王OCGカード考察 除外を活用するデッキ用の手札交換カードとして

スポンサーリンク

今回紹介するのは7月22日発売の

AGE OF OVERLORD(エイジ・オブ・オーバーロード)よりこのカードです。

 

カード説明

幻日灯火(ユーフォライト)
効果モンスター
星8/炎属性/幻想魔族/攻1500/守1500
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:バトルフェイズ以外では、フィールドのこのカードを相手は効果の対象にできない。
②:このカードがモンスターと戦闘を行う場合、その2体は戦闘では破壊されない。
③:自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
自分は1枚ドローする。
その後、自分の手札を任意の数だけ選んで除外し、
このカードの攻撃力はこの効果で除外したカードの数×500アップする

wiki

 

炎属性幻想魔族のレベル8モンスターです。

 

中に太陽らしきものが搭載されている独特な形状のUFOです。

 

カード名は「現実逃避」とかかっているものと思われます。

幻日とは太陽と同じ高度かつ太陽から離れた場所に光が見える現象の事です。

灯火とは明かりの事でありこの幻日を利用した明かりという事なのでしょう。

 

 

ドローした後に手札を除外

①:バトルフェイズ以外では、フィールドのこのカードを相手は効果の対象にできない。

①の効果はバトルフェイズ以外における相手の効果に対する対象耐性です。

バトルフェイズ中という穴こそあるものの一定の場持ち性能を誇ります。

 

②:このカードがモンスターと戦闘を行う場合、その2体は戦闘では破壊されない。

②の効果はこのカードが戦闘する場合その戦闘でモンスターは破壊されないとうものです。

幻想魔族が共通で持つ特徴ですね。

このカードは①の効果による耐性もあるのでより場持ち性能に磨きがかかる一方で

③の効果で強化したとしても相手モンスターの戦闘破壊は狙えません。

 

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
自分は1枚ドローする。
その後、自分の手札を任意の数だけ選んで除外し、
このカードの攻撃力はこの効果で除外したカードの数×500アップする

③の効果はお互いのエンドフェイズに1度、

1枚ドローした後に手札の任意の数だけ除外して

除外したカードの数×500だけ自身の攻撃力をアップするというものです。

最低でも1枚は除外しなければならないので

基本的には1枚ドローして1枚除外する1:1交換となるでしょう。

単純に手札交換として用いる事もできますが不知火やメタファイズのように

除外をトリガーとするカードを除外できればより無駄がありません。

 

 

除外する事がメリットとなるカードと組み合わせて

場に居座りつつ毎ターン③の効果で手札交換をする、といった使い方が基本になってくるでしょうか。

ただこのカードはレベル8かつ自己展開するような効果も持っていないので

別途このカードを場に出す手段を用意しておくのが望ましいです。

例えば一緒に収録されている大陰陽師 タオなどは墓地のこのカードを蘇生させられます。

攻撃力が1500なのでUFOタートルを利用する手もあります。

 

 

着実に数を増やしてきていますね幻想魔族。

あとは幻想魔族用のサポートがもっと増えれば

より使い勝手も増してきそうです。

コメント