PR
スポンサーリンク

《ヴィサス=サンサーラ》遊戯王OCGカード考察 下級モンスターになってスケアクローで使いやすくなった新ヴィ様!

スポンサーリンク

今回紹介するのは4月22日発売の

DUELIST NEXUS(デュエリスト・ネクサス)よりこのカードです。

 

カード説明

ヴィサス=サンサーラ
チューナー・効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1500/守2100
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り
「ヴィサス=スタフロスト」として扱う。
②:自分のフィールド・墓地・除外状態の
「ヴィサス」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
その「ヴィサス」モンスターをデッキに戻し、このカードを手札から特殊召喚する。
このカードの攻撃力は、この効果で戻した種類×400アップする。
③:自分フィールドのこのカードをS素材とする場合、
このカードをチューナー以外のモンスターとして扱う事ができる。

wiki

 

ヴィサス=スタフロストの進化形となる光属性天使族のレベル4チューナーです。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

ヴィサス=スタフロストの頃よりも全体的に軽装になっており

また首にはマフラーを撒いています。髪も少し伸びていますね。

右手に持った剣はヴィサス=アムリターラのものに似ていますが

こちらはより細身の片手剣といった形状になっており使い勝手がよさそうです。

荒野に佇んでいる所を考えると旅に出ている所なのかもしれませんね。

 

「サンサーラ」とはサンスクリット語で輪廻転生を意味する言葉です。

もしかしたらヴィ様がなんやかんやあって生まれ変わった姿なのかもしれませんね。

 

 

他のヴィサスをデッキに戻して特殊召喚

①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り
「ヴィサス=スタフロスト」として扱う。

①の効果は場や墓地に存在している間、

カード名をヴィサス=スタフロストとして扱う名称変更効果です。

これによりヴィシャス=アストラウドやスケアクロー=ライトハートの素材としたり

肆世壊の新星で蘇生したりが可能です。

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:自分のフィールド・墓地・除外状態の
「ヴィサス」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
その「ヴィサス」モンスターをデッキに戻し、このカードを手札から特殊召喚する。
このカードの攻撃力は、この効果で戻した種類×400アップする。

②の効果は1ターンに1度、

自分の場、墓地、除外ゾーンのヴィサスと名の付くモンスターを任意の数だけデッキに戻して

自身を特殊召喚してその戻したヴィサスモンスターの種類×400アップするというものです。

デッキに戻すのは同名カードもOKで現在ヴィサスと名の付くモンスターは

このカード自身も含めて3種類いるので最大で攻撃力を1200上げられます。

自己展開に繋げつつヴィサス=アムリターラをエクストラデッキに戻して再利用に繋げられます。

 

この方法で特殊召喚すると強制的に打点が強化されるので

攻撃力1500/守備力2100を指定するカードのサポートを受けられなくなる点には注意です。

 

③:自分フィールドのこのカードをS素材とする場合、
このカードをチューナー以外のモンスターとして扱う事ができる。

③の効果はシンクロ素材として扱う場合に

チューナー以外のモンスターとして扱えるというものです。

これによりマナドゥムチューナーと一緒に並べつつ

マナドゥム以外のシンクロ召喚にも繋げやすくなります。

 

 

普通のヴィサス=スタフロストと違って自己展開にモンスターを破壊する必要がなく

特殊召喚できない場合でも下級モンスター故にそのまま通常召喚が可能なのがポイントです。

特に【スケアクロー】にとってはこのカードを出してから

スケアクロー・ライトハートのリンク召喚や蘇生に繋げられるのがありがたいです。

また攻撃力1500/守備力2100なので

スケアクロー・ライヒハートと世壊同心できるのも利点です。

全体的に素のヴィサス=スタフロストよりも使い勝手は上でしょう。

【マナドゥム】に前述の通りにマナドゥム以外のシンクロ召喚に繋げやすくなり

戦術の幅を広げてくれる存在となります。

 

ただ「デッキではヴィサス=スタフロストとして扱わない」という点がややネックで

各種フィールド魔法をはじめとするサーチ手段には対応していません。

手札に持ってくるのは素のヴィサス=スタフロストよりもいくらか難儀する事になるでしょう。

素のヴィサス=スタフロストをデッキに戻して特殊召喚できるとシナジーもあるので

なんならどちらも採用してしまうのもいいでしょう。

 

 

全体的な雰囲気が星鍵士リイヴと似ていますね。

あちらと同じように全てが終わってから旅をしている姿なのかもしれません。

コメント