PR
スポンサーリンク

《シンクロ・ワールド》遊戯王OCGカード考察 色んなシンクロデッキで使える万能フィールド魔法!

スポンサーリンク

今回紹介するのは5月27日発売の
デュエリストパック-爆炎のデュエリスト編-よりこのカードです。

 

 

カード説明

シンクロ・ワールド
フィールド魔法
①:モンスターがS召喚される度にこのカードにシグナルカウンターを2つ置く。
②:自分フィールドのシグナルカウンターを以下の数だけ取り除き、その効果を発動できる。
●4:自分フィールドの表側表示モンスター1体のレベルを1つ上げるか下げる。
●7:自分の墓地からチューナー1体を特殊召喚する。
●10:自分の墓地からSモンスター1体を特殊召喚する。
③:フィールドのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
EXデッキから「赤き竜」1体を特殊召喚する。

wiki

 

赤き竜及びシンクロ用のサポートとなるフィールド魔法です。

 

ホイール・シンクロンが白煙を撒きながらサーキットを走っています。

背景が青紫色になっており遊戯王5D’sに登場していたライディングデュエル用のフィールド魔法、

「スピードワールド」を意識しているものと思われます。

 

シンクロ召喚をすると溜まるカウンターでチューナーやシンクロを蘇生

①:モンスターがS召喚される度にこのカードにシグナルカウンターを2つ置く。

①の効果はモンスターがシンクロ召喚される度に自身にカウンターを2つ置くというものです。

このカウンターは②の効果に必要であり最低カウンターを4つ消費するので

効果発動の為には2回はシンクロ召喚を行う必要があります。

相手がシンクロ召喚をしてもカウンターは溜まりますが

基本的に自分だけでカウンターを貯めていく事になるでしょう。

 

②:自分フィールドのシグナルカウンターを以下の数だけ取り除き、その効果を発動できる。
●4:自分フィールドの表側表示モンスター1体のレベルを1つ上げるか下げる。
●7:自分の墓地からチューナー1体を特殊召喚する。
●10:自分の墓地からSモンスター1体を特殊召喚する。

②の効果はシグナルカウンターを一定数取り除く

取り除いたカウンターの数に応じた効果をそれぞれ発動します。

 

カウンターを4つ取り除いた場合は自分の場の表側モンスターのレベルを1つ上げるか下げるかできます。

基本的にはシンクロ召喚のレベル調整用に使う事になりますが

エクシーズ召喚の補助として使う事も可能です。

 

カウンターを7つ取り除いた場合は墓地からチューナー1体を蘇生できます。

シンクロデッキ全般で展開の補助に繋がる効果であり更なる展開へ繋げられます。

 

カウンターを10取り除いた場合はシンクロモンスターの蘇生が可能です。

こちらも蘇生したモンスターを利用して更なるシンクロ召喚に利用できますが

エース級のシンクロモンスターをそのまま蘇生して利用できれば理想的です。

 

 

③:フィールドのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
EXデッキから「赤き竜」1体を特殊召喚する。

③の効果は相手の効果で破壊された場合に

エクストラデッキから赤き竜を直接特殊召喚できるというものです。

相手依存となりますが相手としてもこのカードを放置したくないので

この効果を発動されるのを覚悟で破壊してくる事もあるでしょう。

このカード自身も赤き竜の効果によるサーチに対応しており

カウンターこそなくなるものの破壊されたとしても貼り直しをする事もできます。

 

赤き竜自体は他にレベル7以上のシンクロモンスターがいないと十全に真価を発揮できないので

安易に破壊されない為にはできるだけシンクロモンスターが場に残るのを維持したい所です。

 

 

レベル調整効果も便利ではありますがやはり本命となるのは

チューナーやシンクロを蘇生する効果の方でしょう。

その為にはとにかくシンクロ召喚を繰り返してカウンターを貯めていきたい所なので

連続でのシンクロ召喚が得意なデッキで活用していきたい所です。

【シンクロン】は大量展開ができるジャンク・スピーダーのおかげで連続シンクロが行いやすく

【ブラックフェザー】や【ディフォーマー】も効果的にカウンターを貯められるでしょう。

 

赤き竜自体が様々なシンクロデッキで活用していけるカードなので

このカード自体も様々なシンクロデッキで採用しやすくなっています。

ただ【魔妖】などは連続シンクロが得意なテーマなのでカウンターは貯めやすいですが

制約の関係で自分ターンにこのカードが破壊されると赤き竜が特殊召喚できなくなる点には注意です。

 

 

②の効果、1ターンに1度の制約ついてないから

下手するとかなり悪さしそうですね。

コメント