PR
スポンサーリンク

遊戯王ゴーラッシュ!!第54話『ユウナの決意』感想 闇のユウナ、水のユウナ、炎のユウナ、風のユウナ、地のユウナ!

スポンサーリンク

遊戯王ゴーラッシュ54話の感想です。

前回は寝坊してしまい記事にできなくて申し訳ありません。

 

 

異星人ゴーホーム!異星人ゴーホーム!

まず遊歩達はロヴィアンの元へと訪れます。

以前恐怖の大王の襲来を予想していたロヴィアンであれば

今回の事も予測していたのではないかと考えてです。

ロヴィアンは相変わらずポエム的な言い回しをしますが

ダマムーはロヴィアンの言いたいことをあっさり理解できるようで通訳してくれています。

どうやらカモスは特に今回の事について言及はしていないようです。

そして所在が不明になっていたユウナですがゴーハ堂へ行った様子です。

 

そのゴーハ堂ですが現在はMIKのマナブとニャンデスターが占領していました。

フェイザーに合わせろというユウナに対して異星人に味方する愚民めがと罵倒するマナブ。

何か口調がおかしいですしニャンデスターに至っては語尾に「ワン」をつけています。

これは現在フェイザーに動向を監視されている為で仕方なく敵対しているのだという事で

わざと悪役っぽい口調にしているわけですが怒るユウナにはそれが通じていません。

そんなユウナに追いつくようにユウディアス達もやってきます。

ユウディアス達に改めて悪役口調で自己紹介するマナブとニャンデスター。

テイク2なのでちょっと疲れ気味です。ですがこれも不本意ながらしていると気付いてほしい為です。

が、ユウディアスとアサナには気付いて貰えていません。

ユウディアスに「悪の心に染まってしまったのか!」と怒りをあらわにされています。

あーこれは「マナブは元からこういう奇行に走る奴だ」とか思われてますね。

一応遊歩だけはマナブの意図を組めています。

が、今の皆の精神状態じゃ伝わらないと内心思ってるだけでフォローとかはしてくれません。

 

そんなこんなで負けたらカードにでもなんでもなってやるという決意と共に

私が勝ったらフェイザーに合わせろとユウナが勝負を持ち込みます。

マナブもそれを承諾しユウナVSマナブのラッシュデュエルが開催されました。

 

ペルソナ

先行はユウナ、ドロー。

ルミナス・レディとブレイド・リーダーを召喚、

ブレイド・リーダーの効果で手札1枚をコストにデッキからカードを3枚墓地へ送り

その中にある装備魔法を手札に回収します。

そして2体リリースでセレブローズ・マジシャンをアドバンス召喚します。

そして装備魔法「カリス魔杖・デスワンド」をセレブローズ・マジシャンに装備、

攻撃力を400アップさせます。ユウナはこれでターンエンド。

今まで使っていたデッキとは違いますが今までの遊我からの借り物だったようで

今使っているこの魔法使い族デッキこそがユウナ本来のデッキとの事。

遊我のデッキを参考にし協力してもらいながら構築した結果魔法使い族デッキになったようです。

 

マナブのターン、ドロー。

水溶精メルト、火燃精ホット、電導精ボルトを召喚。それぞれ水族、炎族、雷族となっています。

どうやら今回のマナブのデッキは炎族一辺倒ではないようです。

そしてボルトの効果で自分の場の種族種類数だけデッキから墓地へ送り

炎族が2体以上墓地へ送られれば1枚ドローです。

さらにメルトの効果で手札1枚をコストに墓地のカードを回収し

2体リリースでアナライズ・フロギスドンをアドバンス召喚、

その効果でセレブローズ・マジシャンを破壊しようとしますが

デスワンドの効果によって破壊は免れます。

ですがマナブは更に1体リリースでケミカル・ディスティルをアドバンス召喚、

その効果でフロギスドンの攻撃力を700アップさせさらに自身を墓地へ送って1枚ドローです。

攻撃力の高まったフロギスドンでセレブローズ・マジシャンを戦闘破壊、

マナブはターンエンドです。

 

エースモンスターを倒されたユウナはその場に崩れおちます。

ユウナの深層心理に現れたのは髪色の違う5人のユウナ。

恐らくは光属性以外の各属性を表しているのでしょう。

遊我をカードにされて怒りに震えているとユウナをあざ笑う闇のユウナ。

ユウナはガツンと言ってやらないと気が済まないと言いますがそれを5人のユウナはあざ笑います。

お前はずっと感情任せで逃げてばっかりだったじゃないか。

ラッシュデュエルの開発の遊我任せで自分はロヴィアンの追っかけをして面倒事を押し付けたのだと。

そもそも行動する気があるならMIKにゴーハ堂を奪われた時すぐに動くべきだったと。

ユウナもそれは気付いていました。

本当にガツンと言っていやりたいのは自分自身だと。

今目の前にいる5人のユウナは逃げる事で心に生まれた己の分身だと。

ユウナは強い自分になるから分身たちに消えなさいと言いますがそれでも分身は消えません。

5人そろってあっかんべーをしています。

どれだけ新しい自分になろうと決意しても今までの自分がそう簡単に消えるわけではないのです。

何故ならどのユウナも自分が生きて来た証であるからです。

いやぁ実にペルソナしています。大切なのはペルソナとちゃんと向き合う事です。

 

そして自分会議に失敗したとへたり込んだままになるユウナでした。

そもそもユウナと遊我はどういう関係なのかとアサナに聞く遊歩。

どうやら遊我は突然アサナとユウナの前に姿を現したようで

未来から来たという遊我に最初は怪訝な反応を示していたユウナでしたが

画期的なテクノロジーでデュエルシステムを一気に発展させ

倒産寸前だったゴーハ堂を救う率役者となりました。

そしてどんな時でも最後には皆を笑顔にする天才だったとユウナは感じます。

この時のユウナの表情は完全に恋する乙女のそれです。

アサナから話を聞いていた遊歩もそのユウナの恋心を察した様子です。

 

改めてユウナは自分の心に向き合います。

勝手にやってきて、勝手に心をかき回してカード化されてしまった遊我。

本当にガツンと言ってやりたいのは誰か、

それはフェイザーでも自分自身でもなく王道遊我に。

とにかくもう一度あって色々とガツンと言ってやりたいのだと。

その為に今はデュエルに勝ってフェイザーに会うのだと。

 

マキシマムに負けた者の末路

ユウナのターン、ドロー。

ルミナス・レディをリリースしてセレブローズ・ウィッチをアドバンス召喚、

その効果で墓地からセレブローズ・マジシャンを蘇生させます。

そして魔法「フュージョン」により2体を素材に

セレブローズ・ファビュラス・マジシャンをフュージョン召喚です。

その効果は手札1枚を墓地へ送る事で相手モンスター1体を破壊、

さらに墓地から装備魔法を手札に回収できるというもの。

これによりフロギスドンを破壊しつつ墓地からデスワンドを回収して装備。

デスワンドはフュージョンモンスターに装備する事でさらに攻撃力が700アップし

セレブローズ・ファビュラス・マジシャンの攻撃力は4000に到達します。

このまま直接攻撃が通れば勝負が決まるものの

マナブは罠「パイロ・ロート」によって相手の攻撃力を300下げて

一撃で倒される事は回避しました。ユウナはこれでターンエンドです。

 

マナブのターン、ドロー。

引いてきたカードを見てマナブは来てしまったか・・・とある種の嘆きをします。

そう、マナブが引いてしまったのは3枚のマキシマムカード。

彼はフェイザーにマキシマムカードを託されていたのです。

そうしてマキシマム召喚される火轟嵐凰ヴォルカライズ・フェニックス。

ユウナは罠「ローズチェーン・サルベージ」でセレブローズ・マジシャンを蘇生、

さらにライフを回復しますがマキシマムモンスターは止まりません。

1つ目の効果は炎属性水族を墓地へ送って相手の魔法罠を破壊する効果、これでデスワンドを破壊します。

2つ目の効果は炎属性雷族を墓地へ送って相手のモンスターを破壊する効果、

マキシマムモードであればさらにもう1体破壊可能でありユウナのモンスターは全滅します。

さらに3つ目の効果は手札から炎族を墓地へ送って1000ダメージを与えるというもの、

これにヴォルカライズ・フェニックスの直接攻撃も加わり

ユウナのライフは0になってしまいました。

 

敗北し涙を流すユウナに動揺しっぱなしのマナブ。

マナブとしてもユウナを倒すのは本意ではなく、

カード化するのは勘弁してやろうというものの監視していたフェイザーがそれを許しません。

「マキシマムに負けたものはカード化されるべき」というルールがあるようで

遊我をカード化したあの装置をまた出現させてユウナをカード化させてしまいます。

カード化されながらもこれはフィナーレ(終幕)ではなく

ウーベルチュール(序曲)だというユウナ。

遊我に引き続き、ユウナまでもカード化されてしまった事に一同はショックを隠せません。

しかし一番ショックを受けたのは実質的に手を下した形になったマナブ本人でしょう。

これもカード化の謎を突き止める為だというニャンデスターに

それでも黙って歯をかみしめる事しかできませんでした。

 

 

 

 

 

ユウナが決意を見せた回ですがそのユウナがカード化されてしまいました。

今回かなりあからさまに遊我の事を強く想っている事が強調されていましたね。

思えば初登場の時にもユウディアスが遊我のデュエルディスクを持っていた事に怒っていました。

そんなユウナの新しいデッキは光属性魔法使い中心のセレブデッキ。

闇属性魔法使い族が中心の遊我とはある意味では反対ですね。

 

さて今回ことさらアイツアイツと呼ばれ続けてる王道遊我ですが

名乗っていないのは自分が未来の人間だからというのがあるのでしょう。

特にご先祖様と思われる双子がいますからね。

安易に名乗ってしまったら未来が変わる事を危惧しているのだと思われます。

まあそれはそれとして偽名使えよ、と思わなくもないですが。

次回予告 第55話『第8宇宙人中学校』

公式予告

 

宇宙人居住区にもちゃんと学校があるようで現在遊飛や遊歩はそこに通学しているようです。

そんな中学校で遊歩とアサナが生徒会長の座を争うようです。

「某は中学生ベルギャー!」とかユウディアス言ってますが本当は何歳なんでしょうね。

 

そしてお前が教師かよ

 

コメント