PR
スポンサーリンク

《超越竜ギガントザウラー》遊戯王OCGカード考察 出しやすい上に打点も高くて手札の確保もできる!

スポンサーリンク

今回紹介するのは3月18日発売の

デッキビルドパック ワイルド・サバイバーズ にて収録されるこのカードです。

 

 

カード説明

超越竜ギガントザウラー
融合・効果モンスター
星12/地属性/恐竜族/攻3800/守2000
恐竜族モンスター+通常モンスター
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
このカードが墓地から特殊召喚されていた場合、
さらに自分の手札・フィールドのカード1枚と
相手フィールドのカード1枚を選んで破壊できる。
②:このカードが破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から通常モンスター1体を選んでデッキに戻す。
その後、このカードを特殊召喚できる。

wiki

 

【超越竜】に属する地属性恐竜族のレベル12融合モンスターです。

メガザウラーの進化形と思われます。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

元のメガザウラーにあった角や棘が原型をとどめないほどに巨大化しており

あらたに生えた角も数多く存在しています。

また背景の岩がとても小さく見える事から相当に巨大な体である事も伺えます。

砂漠に佇んでいる事を考えると砂の力を取り込んだ超越竜なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

墓地から恐竜族を回収、蘇生されていればさらにお互いのカード破壊

恐竜族モンスター+通常モンスター

融合素材には恐竜族と通常モンスターを指定しています。

グラウンド・ゼノを用いるのが手っ取り早い融合方法であり

グラウンド・ゼノでゼノ・メテオロスをサーチして特殊召喚、

あちらの効果で通常モンスターの恐竜族をデッキから特殊召喚する事で

融合素材を場に揃える事ができるので

あとはグラウンド・ゼノを墓地から除外する事で融合召喚が狙えます。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、

特殊召喚した場合に墓地の恐竜族を手札に回収する事が可能です。

【超越竜】においては展開の要となるゼノ・メテオロスや

ベビケラサウルスなど手札から破壊する為の恐竜族を回収するのがいいでしょう。

 

 

このカードが墓地から特殊召喚されていた場合、
さらに自分の手札・フィールドのカード1枚と
相手フィールドのカード1枚を選んで破壊できる。

また墓地から特殊召喚していた場合、手札やフィールドの自分カードと

相手のカード1枚を破壊する事が可能です。

②の効果によって自己蘇生が可能でありフリーチェーンでこのカードを破壊する手段があれば

それがそのままフリーチェーンの除去手段と自分の手札のカードを破壊する手段となります。

またこの破壊は対象に取らないので対象耐性持ちのモンスターも破壊する事が可能であり

魔法罠を破壊する場合にもチェーン発動を難しくさせます。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から通常モンスター1体を選んでデッキに戻す。
その後、このカードを特殊召喚できる。

②の効果は1ターンに1度、破壊された場合に

墓地から通常モンスター1体をデッキに戻す事で自身を特殊召喚する自己蘇生効果です。

各種超越竜が共通で持ってる効果であり蘇生する事でそのまま①の効果へ繋げられます。

疑似的な破壊耐性としても機能しますが除外やバウンスなどには無力なので

ハイレート・ドローなど自分から破壊する手段も用意しておくといいでしょう。

 

 

グラウンド・ゼノから自然に融合召喚へ繋げる事ができる上に

そのままゼノ・メテオロスやベビケラサウルスなどの再利用に繋げられる優秀なカードです。

攻撃力も3800と高くアタッカーとしても存分に活躍させられるでしょう。

 

またこのカードを蘇生する手段がそのまま除去手段として機能します。

超越天翔をはじめとしたフリーチェーンの蘇生手段を利用して

このカードを蘇生するのもとても効果的です。

 

 

グラウンドゼノで破壊するしゼノ・メテオロスで破壊するし

このカードの効果でも破壊するしで普通にやってたら

手札から破壊する為の恐竜族が不足しちゃう感じですね。

いかに手札を確保するかが大事になってきます。

コメント